1. TOP
  2. 書籍一覧
  3. 子どもの気持ちがわかる本

キーワード

KEY WORD

子どもの気持ちがわかる本

イザベル・フィリオザ
イラスト
アヌーク・デュボワ
監訳
土居佳代子
定価
1,540円(税込)
判型
A5判
体裁
並製
頁数
208頁
ジャンル
  • 子育て
ISBN
978-4-7612-7402-3
発行日
2019年3月13日

ご購入はこちら

紙の書籍

  • Amazon
  • 紀伊國屋書店
  • Honto
  • 楽天ブックス
  • ヨドバシカメラ
  • e-hon
  • Honya Club

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • amazon kindle
  • 紀伊国屋書店Kinoppy
  • 楽天Kobo
  • Google Play

書誌情報BOOKS

世界的なベストセラー! 16カ国以上で翻訳されている育児書! フランスでは25万部を突破!『最高の子育て』の著者、慶應義塾大学医学部 高橋孝雄先生が絶賛!

◎本書は子どもの困った行動に対して、「子どもの言い分」や「科学的な裏付け」などさまざまな視点から分析したうえで、ママやパパが対応する方法を示した育児書です。
◎最新の神経生物学や生理学に基づき、子どもの話を聞くこと・同調することに焦点を当て、子どもの行動の裏にある動機を分析する手法を提案しています。
◎よくある困った状況と対応法をかわいいイラストでわかりやすく、紹介していきます。

―ただ泣いているのではなく、“子どもは実はこんなことを考えていたんだ”とわかり、目からウロコの画期的な1冊です。
―著者の愛情も感じられ、ママパパはじめ、プレママにもおすすめです。

言葉で愛情を伝えよう

●時間を共有すること

●この本の特長
「子どもの心の中」と「子育てのヒント」を紹介!

シリーズでそろえたい!

目次詳細

子どもの気持ちがわかる本 もくじ
はじめに/この本の使い方
第1章 子育てって大変!
子どもが泣くのは当たり前/ダダをこねるってどういうこと?/何が起こっているのでしょう? …etc.
第2章 親がダメ!という時期 1歳から1歳半
ダメというよりストップと言いましょう!/口で言うだけでなく、手を添えてやめさせる/決まりを無視する、してはいけないと言っても聞かない…etc.
第3章 イヤイヤ期 1歳半から2歳
反抗する/ちょっと気に入らないと泣き叫ぶ…etc.
第4章 秩序 2歳から2歳半
子どもは頭の中で整理している/何事にも順序と場所がある/帰る時間になっても公園を離れようとしない…etc.
第5章 わたし、ぼく! 1人でやる! 2歳半から3歳
1 人でー! …etc.
第6章 一緒に! 3歳
「したくない!」/ルールを知っているのに守らない…etc.
第7章 想像の世界が生まれる(すばらしいもの怖いもの) 3歳半から4歳
怖い夢を見る…etc.
第8章 ルールと自分のイメージ 4歳
ルールについて/作り話をして自慢する…etc.
第9章 自意識と社会適応の難しさ 4歳半から5歳
朝出かける時間になると、お腹が痛いと言う…etc.
第10章 制限すること
感情を受け入れながら拒否する…etc.
第11章 子ども同士のケンカ
ケンカでは/子どもたちがケンカをしている時はこうしよう…etc.
第12章 その子の年齢に応じて
ウソをつく/部屋の片づけはだんだんと…etc.
最後に
おわりに

著者について

著:
イザベル・フィリオザ

1957年パリ生まれ、心理療法士。父は心理学者、母は心理療法士で病気を体・心・感情を含めて全体的に見るというホリスティック医療の先駆者。16歳の時、インドに滞在したことがあり、インド学者の叔父の影響で仏教にふれる。
パリ第5大学で、臨床心理学の修士号を取得したあと、フランス、アメリカ、ベルギー、イギリスなどで、交流分析、新ライヒ派のセラピー、神経言語プログラミングなどを学ぶ。それ以後、独自のセラピーを開発し、感情を専門とするセラピストとして、多くの大人や子どもの治療に当たる。
現在は、個人や団体向けの指導は行わず、著書の執筆はじめ、雑誌・新聞への寄稿、ラジオ・テレビ、講演会などを通し、今まで培った知識やアプローチの方法を広く伝えることに力を入れていて、特に子育て世代から絶大な人気と信頼を得ている。
『心のインテリジェンス』『未来をひらく愛の子育て』(いずれもPHP研究所)はじめ、20冊を超える著書があるが、中でも本書シリーズ『子どもの気持ちがわかる本』(小社)は、世界的な大ベストセラーとなり、16カ国で翻訳されている。

イラスト:
アヌーク・デュボワ

教育者としての資格を持ち、子どもの行動心理の研究者でもある。イラストレーターとしても、知育絵本を多数執筆。

監訳:
土居佳代子

翻訳家。青山学院大学文学部卒業。訳書に『子どもの気持ちがわかる本』(小社)、『ぼくは君たちを憎まないことにした』(ポプラ社)、『マリー・アントワネットの最期の日々上・下』(原書房)、『ファミリア・グランテ』(柏書房)などがある。

読者様の声USER’S VOICE

  • 3歳と0歳8カ月の2人の娘がいますが、最近、私の入院などで3歳の娘が不安定な状態になることが多く、もっとうまく関われたら、娘の考えていることがわかればと思い購入しました。大人から見ている子どもの姿と、子どもが考えていることってかなり違っているんだ……と驚き、もっと子育てを楽しめるようになりたいと思いました。(31歳女性・医療/福祉)

  • キッズコーチングに興味があり、自分の子どもへの対応の仕方を学びたく購入しました。自分の行動がかわって子どもが少しでもよい方向になればとすごく参考になりました。一つずつやってみたいと思います。(33歳女性・管理職)

  • 保育士をしているが、対応に困る場面があったときの参考になればと思い購入。目からウロコの内容もあり、実際、保育の現場で役立っています。購入して良かったです。(32歳女性・教育/研究者)

  • 子育てでヒントになることがあれば参考にさせていただこうと思い購入しました。これなら取り入れられそう……!と思うものばかりでとても勉強になりました。(32歳女性・主婦)

  • 初めての子育て、子どもにすこやかにのびのびと育って星が、知識がまったくないため、勉強をしようと思って買いました。子ども目線での気持ちがたくさん書いてあり、とてもわかりやすく、絵もたくさんあり、とても読みやすかったです。年齢別に書いてあるところも今の子どもの年に合わせて重点的に読むことができて良かったです。子どもの気持ちが理解でき、子育てに活かせる本なので、買って良かったです。(31歳女性・医療/福祉)

もっと見る