学ぶ。みがく。変わる。
HOME 生活・実用・子育て 生活 大切なことはすべて日常のなかにある
大切なことはすべて日常のなかにある
定価 1,512円(税込)
判型 46判変形
体裁 並製
頁数 264頁
ISBN 978-4-7612-7222-7
発行日 2016年12月5日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

大切なことはすべて日常のなかにある

読者様の声

  • 絶対に読む価値あり。すごく読みやすかったです。書かれているのは真理ばかりで自分自身大変勉強になりましたし、周りの大切な人にも読ませたいと思いました。よりよく生きるためのヒント満載でとてもよかったです。(27歳女性・主婦)
  • 著者関連の本を読んだことがあり、手に取り内容を見て、短い文で読みやすいと思ったので、購入しました。1日1ページずつ読んでじっくり考えさせられます。(53歳女性・サービス業)
  • 大切なことを忘れているように思えて、ふと立ち読みをして、日常にからめて大切なことを伝えていらっしゃったので、読んでみようと思いました。(47歳女性・会社員)
  • やましたひでこさんも、おのころ心平さんも大好きです。暮らしの基本、生きるお手本にしています。(55歳女性・主婦)
  • やましたひでこさんが好きです。(64歳女性・主婦)

内容紹介

人生は、もっと「ごきげん」にできる。

「断捨離」のやましたひでこ、「病気は才能」のおのころ心平が贈る、
人生をよりよく生きるための108のヒント!

著者初のコラボエッセイ。

さあ、自分の人生を取り戻しに行こうか!


項目の一部をご紹介!

006
「住まいの垢」が「心の垢」。
012
モノの詰まりは思考の詰まり。
022
「ごめんなさい」が言えるのは健康。
029
「悩み」に快感を覚えていないだろうか。
032
楽天的でいよう。
ただし覚悟と勇気のある楽天を。
043
時に助けてと言える勇気。
045
私たちは、人を通して自分を知る。
051
何者にもなれる私たち。
063
今日は昨日より少し冒険してみる。
067
日常に勝るセラピーはない。
084
我慢は怠慢にすぎない。
086
カラダはココロを先取りする。
099
日常は冒険になる。

著者について

やましたひでこ
クラター・コンサルタント。「断捨離」提唱者。一般社団法人断捨離理事長。
東京都出身。早稲田大学文学部卒。
学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。断捨離は、心の新陳代謝を促す、発想の転換法でもある。
実践哲学「断捨離」の理念は、国籍、年齢、性別、職業を問わず受講者から圧倒的な支持を得ている。処女作『断捨離』(マガジンハウス)は、日本はもとより台湾、中国でもベストセラーとなり、『俯瞰力』『自在力』(いずれもマガジンハウス)の断捨離3部作や、他、著作・監修を含めたシリーズ関連書籍は累計300万部を超える。
「断捨離」は、やましたひでこ個人の登録商標。

おのころ心平
コンサルタント。一般社団法人自然治癒力学校理事長。
サッカー少年時代、生死をさまよう大病を患うが、当時のサッカー日本代表選手の励ましの「言葉の力」により生還する。このときの自らの「自然治癒力体験」が現在の仕事に大きな影響を与えることとなる。
国立滋賀大学経済学部ファイナンス学科卒。大学卒業間際に運命の1冊と出会い、大手商社への就職を取りやめ、ココロとカラダをつなぐ「生命場共鳴理論」を学ぶ。
約22年間、2万3千件以上のカウンセリングを行い、ココロとカラダをつなぐセルフケアプログラムの指導、医療を上手に選択できるパーソナル医療コーディネートを実践。カラダのしくみや各種の心理療法、統合医療に精通し、クライアントから「カラダと同時に生き方が変わる」という声が多数寄せられ、口コミで全国各地から経営者、アスリート、主婦、政治家、さらに医療関係者など様々な職種の方が訪れるようになる。
その後、より多くの方にココロとカラダの真の力を知ってもらいたいと願い、一般社団法人自然治癒力学校を設立し、理事長となる。著書に、『病気は才能』(弊社刊)、『ゆるすいっち。』(主婦の友社)など多数。

目次詳細

第1章:暮らし
第2章:モノ・空間
第3章:言葉
第4章:ココロとカラダ〈ココロ〉
第5章:つながり
第6章:意識
第7章:ココロとカラダ〈カラダ〉
第8章:相似象
第9章:変化
第10章:進化