学ぶ。みがく。変わる。
HOME 生活・実用・子育て 子育て・妊活 13歳までに伝えたい男の子の心と体のこと
13歳までに伝えたい男の子の心と体のこと
定価 1,595円(税込)
判型 A5判
体裁 並製
頁数 224頁
ISBN 978-4-7612-7599-0
発行日 2022年3月24日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • 学参ドットコム

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

13歳までに伝えたい男の子の心と体のこと

発売記念オンラインイベントアーカイブ

読者様の声

  • 男の子の悩みに関する本が少ない中、丁寧に思春期に悩む男の子の気持ちに寄り添った内容でした。男の子を育てる親にとっても非常に参考になる内容だと思います。また、この本を読むことによって、自分を大切にすることや、周りの人を大切にすることを、無理なくすんなり学ぶことができると思いました。全ての男の子、いえ、全ての思春期を迎える子、大人にも読んでほしい本です。(40代・女性)
  • 9歳7歳4歳2歳になる孫と時々一緒に過ごすおばあちゃんです。我が子を育てた時とは情報量も環境も変わっているので、今はどんなふうに心と体のことを伝えていけるのかなと興味を持ってこの本を手に取りました。ルビがふってあるので、小学生の低学年でも読めるし、現実に即していて、家族や周りの大人に相談できるようなストーリーで好感をもちました。9歳になる孫娘の心身の成長が著しく気にかかっています。「女の子の心と体のこと」の本を購入して目をとおし、孫の家族にプレゼントしたいと思いました。(60代・女性)

内容紹介

●男の子の体と心のことをマンガでやさしく・わかりやすく伝えます。
●男の子が「気になっていて知りたいこと」「なかなか人に言えないこと」「親御さんも説明しにくい体と心のこと」を
●自分のことも周りの人のことも大切にできる大人になるため
●親自身も学べ、小学・中学生の男の子に安心して手渡せる内容の教育マンガです。

著者について

◉──1975年北海道生まれ。助産師。チャイルドファミリーコンサルタント。看護学校卒業と同時に助産師学校へ入学。卒業後、総合病院、産婦人科クリニック、統合医療クリニックに勤務した後は地域の育児支援や、教育行政にも関わり、育児相談なども受けている。
◉──二児の母となってからは、「ママの笑顔を応援すること」をライフワークとし、母親の産後の心のケアができるよう、ブログを中心に情報発信している。
◉──また、「家族を含めた子育て支援」をビジョンに、チャイルドファミリーコンサルタントとして活動。保護者向けオンライン性教育講座も開催しており、毎回満席が続いている。自分を大切にすることを、ひとりでも多くの人に伝えたいという思いから、執筆活動も積極的に行っている。
◉──著書に『13歳までに伝えたい女の子の心と体のこと』『15歳までの女の子に伝えたい自分の体と心の守り方』(共に小社)がある。

HP https://www.hahanoki.com/
Instagram https://www.instagram.com/mother_terusa/
twitter @birththerapist
Facebook https://www.facebook.com/hahanoki

目次詳細

第1章 体はだんだん大人になっていく
第2章 男の子は成長する!? 男の子この体のこと
第3章 自分の体と仲良するために
第4章 女の子 も成長する!? 女の子の体のこと
第5章 好きにもいろいろある!
第6章 ネットにはご用心!
第7章 人を好きになるときに大切なこと
第8章 大切なセックスの話
第9章 自分を大切にできる大人になろう