学ぶ。みがく。変わる。
HOME 生活・実用・子育て 先生!毎日けっこうしんどいです。元サラリーマン精神科医がみんなのモヤモヤに答えてみた
先生!毎日けっこうしんどいです。元サラリーマン精神科医がみんなのモヤモヤに答えてみた
定価 1,540円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 224頁
ISBN 978-4-7612-7547-1
発行日 2021年5月11日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • 学参ドットコム

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

先生!毎日けっこうしんどいです。元サラリーマン精神科医がみんなのモヤモヤに答えてみた

尾林 誉史 /著 

読者様の声

  • ペラペラ読むだけでも、心がスーッとラクになる不思議な本で、何か壁にぶつかった時、つまずいた時に再度読みたくなる、まさに読む処方箋でした。ステキな本を世にお送りいただきありがとうございます!(30代・男性)

内容紹介

人の失敗を喜んでもいい!?
モヤモヤを抱えるあなたに
リクルートを辞めた精神科医が贈る読む処方箋

「職場の人間関係が面倒くさい」
「頑張らないといけないのはわかっているけど頑張れない」
「あの人は何もかもうまくいっていて、自分はなんてダメなんだ」

……いつの時代も、働く人々の悩みは尽きません。

本書ではリクルートを辞めて精神科医になった著者が、
働く人々のお悩みベスト50に答えます。

「人が失敗すると内心喜んでしまう……」

「それってそんなに悪いこと?」

「何を言っても否定してくる人がいて気が滅入る……」

「『なんて残念な人なのだろう……』と心の中で拝んでおきましょう」

「仕事がうまくいかなくてつらい……」

「他力本願でOK!」

不安でモヤモヤぐるぐるした気持ちは、
クスっと笑いながら晴らしちゃいましょう!

著者について

精神科医、産業医。VISION PARTNERメンタルクリニック四谷院長。
東京大学理学部化学科卒業後、株式会社リクルートに入社。リクルート時代、社内外や年次を問わず発生するメンタル問題に多数遭遇。解決に向けて付き添う中で目にした産業医の現状に落胆するも、とあるクリニックの精神科医の働き方に感銘を受ける。2006年、産業医を志し退職。退職後、弘前大学医学部に学士編入。産業医の土台として精神科の技術を身に付けるため、東京都立松沢病院にて初期臨床研修修了後、東京大学医学部附属病院精神神経科に所属。
現在はnote、面白法人カヤック、ジモティーなど15社の企業にて産業医およびカウンセリング業務を務めるほか、メディアでも精力的に発信を行っている。共著に『企業は、メンタルヘルスとどう向き合うか――経営戦略としての産業医』(祥伝社)がある。本書が初の単著となる。

目次詳細

Chapter1 自分の内面のモヤモヤ ベスト10
Chapter2 人間関係のモヤモヤ ベスト10
Chapter3 生きづらさのモヤモヤ ベスト10
Chapter4 仕事のモヤモヤ ベスト10
Chapter5 日常のモヤモヤ ベスト10