学ぶ。みがく。変わる。
HOME ビジネススキル・キャリア 1000人の経営者を救ってきた コンサルタントが教える 社長の基本
1000人の経営者を救ってきた コンサルタントが教える 社長の基本
定価 1,620円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 224頁
ISBN 978-4-7612-7307-1
発行日 2017年12月18日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

電子書籍

1000人の経営者を救ってきた コンサルタントが教える 社長の基本

三條 慶八 /著 

内容紹介

経営をしていると
つい基本を忘れてしまう!

自らも140億円の負債を完済!

会社をつぶさずに安定経営をするための
経営の原理原則



1000人を超す経営者と真剣に向き合ってきた経験から、私は「成功する経営者」と「失敗する経営者」はどこが違うか、がはっきりわかるようになりました。
なかには経営者として知っていなければいけない、ごく基本的なことさえわかっていない方が少なくないのです。
そこで、本書では、事業を成功させたいなら、経営者としてこれだけは心得ていなければいけないことを52項目にまとめて、成功する経営者になるための原理原則をわかりやすく説明しました。
「成功する会社は成功するようにやっているからだ」
これは経営の神様・松下幸之助翁の言葉です。
成功のための原理原則は基本的に、平明でシンプルです。ですから、なかには、「こんなことくらいわかっていますよ」といいたい方もいるでしょう。
でも、「知っている」「わかっている」ことと、「実行していること」は天と地ほど違います。「わかっちゃいるけど」実行していない、実行できないという経営者は驚くほど多いのです。私が、本書で目指しているのは、「知らなかったこと」を「知っている」ことに。「知っていること」を「実行している」ことに変える、ことです。
成功への道はそこから始まります。―「まえがき」より

著者について

1960年、神戸市生まれ。“会社と家族を守る”経営アドバイザー。株式会社Jライフサポート代表取締役。

負債140億円を背負った会社を自らの力で再生し、完全復活させた経験に基づき、悩める中小企業経営者に真の会社経営、会社再生法を伝授している。机上の空論ではなく、自らの体験から得た実践的な手法は多くの経営者から信頼を得ており、特に対金融機関との交渉法が、多くの顧客から評価されている。

「もっと早く出会いたかった」「いますぐ指導してもらいたい」などの声が全国から寄せられている。中小企業経営者とともに、最後まであきらめることなく懸命に闘う姿勢が共感を得ている。本書は、そんな中小企業経営者との対話、実践から生まれた、会社をつぶさず、安定経営をするための経営の原理原則をまとめた1冊。

主な著書に『あなたの会社のお金の残し方、回し方』(フォレスト出版)等がある。

目次詳細

第1章 社長の基本① 社長の心得

●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
〝あこがれ〟や〝夢〟ではなく、理念を元に起業し、その理念を忘れない。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
理念を深く、広く浸透させていく。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
社員や取引先などと夢を共有する。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
夢に酔わない、深追いしない 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
戦略・戦術の違いがわかっている 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
ブレない。迷わない 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
1年365日、1日24時間、ずっと経営のことを考えている 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
どんなことがあっても生き残る、と腹を決めている 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
ライバルと「戦わずに勝つ」 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
何か一つ、これなら一番! というものを持つ 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
地域密着型の経営の価値をよく知っている 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
人の言葉に素直に耳を傾ける 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
成功体験にしがみつかない 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
お金より時間を大切にしている 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
鈍感力がある 。

第2章 社長の基本② 社長の行動力

●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
即断速攻! すぐ決め、すぐやる 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
社員をほめて、やる気にさせる 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
部下の失敗を喜ぶ 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
片方の目は近視眼、もう一方の目は遠視 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
「朝令暮改」をプラスだと考えている 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
変化をいち早くとらえる 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
柔軟な問題解決力を発揮する 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
ブームに乗らない、追いかけない 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
ファンをもっている 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
クレームを経営資源だと認識している 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
後ろ向きの考え方をしない 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
小さいNO1から大きいNO1へ育てていこうとする気概がある 。

第3章 社長の基本③ 社長の分析力

●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
裏・表の数字を読んでいる 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
リスク分散をしている 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
営業力以上に経営力が大事だと認識している 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
キャッシュフローを健全に保っている 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
支払いの原理原則を守っている 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
人に頭を下げられる 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
取引先とウイン・ウインの関係づくりをする 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
捨てる勇気をもつ 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
借りをつくらない 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
個人資金を会社の経営に注ぎ込まない 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
子どもに会社を残すことにこだわらない 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
会社のやめどきを視野に入れている 。

第4章 社長の基本④ 社長の交渉力―金融機関との上手なつき合い方

●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
資金に余裕があってもなくても取引金融機関をもつ 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
身の丈に合った金融機関と取引している 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
3行以上の金融機関と取引する 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
金融機関の体力を示す預貨率について知っている 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
金融機関への情報提供の仕方を心得ている 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
金融機関に開示するのは80%。明るいビジョンを語る 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
プロパー融資と保証協会付融資の違いを理解している 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
自社の返済能力を知っている 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
安易にリスケしない 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
サービサーへの対処のし方を心得ている 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
銀行に振り回されない 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
金融機関にすぐに返事をしない 。
●会社をつぶさずに、安定した経営ができる社長は
やっぱり大事なのは人間的な魅力とつながり 。
あとがきにかえて__