学ぶ。みがく。変わる。
HOME 自己啓発・人文科学 自己啓発 大人の語彙力が使える順できちんと身につく本
大人の語彙力が使える順できちんと身につく本
立ち読み
定価 1,404円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 208頁
ISBN 978-4-7612-7268-5
発行日 2017年7月10日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

電子書籍

大人の語彙力が使える順できちんと身につく本

吉田 裕子 /著 

本書の中身をご紹介

読者様の声

  • もうすぐ50になりますが、使える言葉が幼稚で困っていました。明日から使ってみたい言葉が多く、とても楽しい本です!(49歳男性・自営業)
  • 自分の言葉遣いに自信があったが、本を手に取り、少し読んだだけでその自信がガラガラと崩れてしまった。学び直そうと思い、この本を買わせていただきました。(32歳男性・管理職)
  • 日々表現力のなさに悩んでいたので購入。今さら教えてもらえないような言葉が事例つきで書いてあり、わかりやすく読みやすいです。(31歳女性・学生)
  • 知識として知っているだけの語彙について、使用場面や状況を知ることができたので、自信を持って使いこなせる気がします。(45歳女性・教育系)
  • 自分の語彙力を確かめたかったのと、ビジネスマナーの向学として購入。語彙を増やすというより正しい表現方法が身につき、楽しみながら勉強できた。(33歳男性・会社員)
  • 日頃無意識に使っている言葉の正しい使い方、語源など基本的なことがわかる。(43歳男性・会社員)
  • 挨拶の場が多くなり、「裸の王様」になりたくなかったので、言葉の力をつけるために買いました。(77歳男性・その他)
  • 仕事でメールを送ることが多く、失礼のない内容にしたいので購入しました。(42歳女性・サービス業)
  • 就職活動で目上の方とやりとりする機会が増えるため、勉強しようと購入。例文や解説も多くわかりやすいです。(22歳女性・大学生)
  • 知っているようで、本当には理解していない言葉があり、このような本を探していました。例文があるのがよかったです。(72歳男性・その他)
  • 常識を身につけたくて買いました。今勉強中です。TPOも大事だと思いました。(66歳男性・その他)
  • 書店で手にとり、数ページ目を通し「言葉と意味」と「例文」「説明」の読みやすさで購入しました。(46歳男性・会社員)
  • 表現力が乏しく、この本を手に取りました。正しい言葉遣いを学ぶのに最適でした。ふせんと赤ペンを使って自分のものにさせていただきました。ありがとうございました。(52歳男性・管理職)
  • 歳を重ねてもなかなか素敵な表現ができず、文章を書くにも悩む時が多く迷います。参考になります。(74歳男性・その他)
  • 脳トレで国語検定チャレンジ中にて、勉強のために購入。(73歳女性・経営者)
  • 社会人になりたてなので、臨機応変に対応できるように、表現力を身につけたくて買いました。(29歳男性・事務職)
  • 小論文を書くにあたり、参考となると思ったので購入した。(60歳男性・公務員)
  • 例文が載っていて、解説もわかりやすくて、とても気に入っています。(16歳女性・学生)
  • 語彙力の本もたくさんありますが、一番わかりやすい使い方(実例)があったため購入。(女性・会社員)
  • すごく読みやすくわかりやすかった。(76歳男性・技術職)
  • 自分のために買って参考になったので、友人にプレゼントするためもう一冊購入。(79歳男性・その他)
  • 文章、手紙の中で、美しい日本語を書きたいので購入。(71歳女性・その他)
  • 大人としてその場にふさわしい正しい言葉づかいができているか自信がなかった。具体的な用例がわかりやすく、今後使ってみたい言葉を知ることができた。(47歳女性・公務員)
  • 30代ですが、大学受験を目指し、毎日、漢字の練習をしています。そんな中、書店でこの本を見つけ手に取ってみると、大学受験に出てくる単語、言葉がたくさんあり、わかりやすく説明されていたのですぐに買いました。毎日手元に置いて、辞書代わりに使っています。(35歳女性・主婦)
  • 語彙力を高めたいと思っていた矢先、書店にてこの本に出会いました。まず、表紙がシンプルで、参考書特有のガチガチとしたとっつきにくさがなかったのが良いと感じました。内容も、ただ難しい日本語表現が詰め込まれているわけではなく、きちんと厳選された単語が列挙されていたのが良かったです。(20歳男性・その他)
  • 仕事では文章を書くのがメインなのですが、自分の考えを伝えようにも、語彙力を含め文章表現力がないことが悩みであり、根本的な問題だと考えていました。そんなとき、書店でこちらの本を見掛けて、読みやすそうな内容に惹かれて買いました。とてもわかりやすく、自分の誤解を正すのにもとても役立ちました。(30歳女性・公務員)
  • テレビでの言葉の乱れが気になっており、正しい日本語、美しい日本語を忘れないようにしたいと思って購入。(74歳男性・その他)
  • とても勉強になりました。(45歳女性・会社員)
  • 言葉を使いこなせるようになりたいです。(39歳女性・その他)
  • 台湾出身の者です。留学生から社会人になり、早3年が経ちました。職場でもっと丁寧に喋りたいと思っていて、普通の日本語の語学書より、この本のように、言葉の本来の意味を説明したうえ、使える場面まで教えてくれる実用性の高い本を探していました。(26歳女性・事務職)
  • 文章力の向上のため購入。言葉の説明もついていて、読みやすかった。(36歳男性・教育/研究者)
  • 新聞広告を見て書店に足を運びました。レイアウトがすっきりしていて見やすく、1つ1つの言葉に例文がついているので、使い方がよくわかり、読者に親切だと感じ、購入しました。(42歳女性・公務員)
  • 東京駅の丸善で目に飛び込んできて、まさに今、身につけたい内容であったため購入しました。(女性・会社員)
  • 知識として知っている語彙はたくさんありますが、それを使用語彙として自信を持って話すには、どんな場面、どんな状況で使えるのかが知りたいです。本書はそういったニーズにこたえるべくひとつひとつに例文があり、また語の由来なども書かれているので、非常に納得しやすくわかりやすいものでした。今後のコミュニケーションに役立てたいと思います。(45歳女性・教育/研究者)
  • 日々、表現力のなさに悩んでいたので、少しでも身につけばと思い購入しました。いまさら襲われないことが例つきで書いてあり、わかりやすく読みやすく、すごく勉強になりました。(31歳女性・学生)
  • 内容の充実した本である。日頃、無意識に使っている言葉の「正しい使い方」「語源」など、基本的なことがよくまとめられている。説明文、言葉の使用方法などが理解しやすく、文章の構成、内容的に大変勉強になりました。(73歳男性・その他)
  • 総務系の仕事に異動となり、全体周知や社内でのやり取りが増えた。その際に自分の文章能力に不安を感じたため購入。(33歳男性・公務員)
  • 就職活動などで目上の方とやりとりする機会が増えるので、勉強しようと思い購入。例文や解説も多く、わかりやすいです。(22歳女性・学生)
  • 知っているようで、本当に知らない言葉があり、このような本を探していました。例文があるのが良かったです。(72歳男性・その他)
  • 知っているようで、本当に知らない言葉があり、このような本を探していました。例文があるのが良かったです。(72歳男性・その他)
  • 新聞広告を見てすぐに本屋へ走り、中身を確認して購入しました。素晴らしい! 色々ご教授いただきありがとうございます。(71歳男性・その他)
  • 常識を身につけたくて買いました。今勉強中です。T.P.Oも大事だと思いました。(66歳男性・その他)
  • 書店で手に取り、はじめにの数ページに目を通し「言葉と意味」と「例文」、「説明」の読みやすさで購入しました。(46歳男性・管理職)
  • 趣味が読書なので、自身の語彙力を確かめたかったのと、ビジネスマナーの向学として購入。語彙を増やすというより、正しい表現方法が身につき、楽しみながら勉強になった。(33歳男性・会社員)
  • これから就きたいと思っている仕事が、目上の方と会話することが多くなる職種のため、購入しました。(38歳女性・その他)
  • 社会人2年目で敬語の使い方が気になっていた。本書は非常にわかりやすく、ほかの同じような本と見比べてもこの本が一番日常に使用(活用)できて役に立つと思いました。(24歳女性・事務職)
  • とても勉強になりました。勉強になりました。いい年をしてバカな若者みたいな喋り方、言葉遣いを直したいと思っていた中、偶然知って、すぐ買いました。(27歳女性・会社員)
  • 社会人歴も5年が経ち、まともな日本語を使用したいと思い始めてインターネットで検索したところ、オススメとして出てきました。(27歳女性・公務員)
  • 書店でオススメしていたので購入しました。スキマ時間などにサッと読め、分量もちょうどよく、とても良かったです。日本語の素晴らしさ、奥深さも同時に感じることができました。(26歳女性・会社員)
  • きちんとした言葉が使えていない気がして、今一度勉強してみたくなりました。語彙力のある人は魅力的だと感じます。(76歳女性・主婦)
  • つまらないものですが→心ばかり 使いこなしたい。(64歳女性・主婦)
  • たまたまネットで発見し、おもしろそうだったので本屋さんに行き購入しました。(30歳女性・事務職)
  • 大人の言葉遣いができたら素敵だろうと思い、購入。(52歳男性・管理職)
  • 私は田舎者で言葉遣いが悪く、この本を読み美しい言葉を使って、少ない人生を楽しみたいと思います。(75歳男性・自営業)
  • 就職するにあたって正しい日本語・言葉遣いを見直そうと思った。本の「はじめに」と著者の吉田裕子さんの経歴を読んで“間違いない”だろうと思って購入した。たくさん読み込んで大人の階段を上りたい。(23歳女性・学生)
  • 社会人になる前に知っておきたいと思い購入しました。とても分かりやすい解説つきでよかったです。(22歳女性・学生)
  • 言葉の難しさに考えさせられていました。知らなかったこと、言葉の意味がスーッと入ってくるようでした。大切なコミュニケーションツールなので、1つ1つ意味を考えながら自分の身につけていきたいです。(45歳女性・医療/福祉)
  • 無知すぎるので、色々知識を身につけたく購入しました。(37歳女性・事務職)
  • 俳句をしていて語彙力がほしかった。(83歳女性・主婦)
  • 言葉を知っていても、意味を知らなかったり、間違って使っていたりと、知って良かったと思えることがたくさんでした!(36歳女性・自営業)
  • 昨今求められている、社会人が必要な語彙にスポットを当てている点はリサーチ能力に優れていると感じた。実際、すぐに役立った。(38歳男性・会社員)
  • 上司に「この本を読め」と言われて購入。言葉遣いがとても苦手なので、わかりやすい説明が記載されていてとても勉強になります。これからじっくり読んでいきます。(26歳女性・営業職)
  • とてもわかりやすく丁寧に語彙の説明が書いてあって良かった。社会で使い方を間違えば失礼に値してしまう。一つひとつの言葉や人音が信頼や人柄を作っていく部分もあるため、時々この本を読み返して、日常生活に生かしていきたい。(27歳男性・会社員)
  • いい大人なので、きちんとした日本語を身につけて、会社でも「おっ、できるな」と思わせたい!(39歳女性・事務職)
  • 恥ずかしながら、この歳になり、改めて自分の語彙力のなさを日々感じていたので購入。(40歳女性・医療/福祉)
  • 語彙力の読み方がわからなかったので購入した。(53歳男性・会社員)
  • 人間関係を築く中で、会話、言葉は重要です。正しく使うことで、おだやかな日常が送れるのだとすれば素晴らしいです。人を思いやる会話ができる人間でありたいです。(53歳女性・教育/研究者)
  • 定年退職後、会社顧問として勤務させていただいていますが、会社で社員に朝礼などで話をするとき、よく中国の古典を引用して話すことがあります。新聞で本書の広告を見て、自分自身の研鑽の意味も込め、購読することにしました。(86歳男性・会社顧問)
  • パラパラッと見てみると、非常に見やすくわかりやすかった。(19歳男性・学生)
  • 改めて正しい日本語、文章力を身につけたいと思っていた。ひとつひとつが簡潔にまとめてあり、読みやすい。辞書のような使い方もできる。(48歳男性・管理職)

内容紹介

「今日は私におごらせてください」「お見それしました」
→目上の人に使うと失礼なのはなぜ?
「すみません」「申し開きもできません」
→反省の気持ちがより伝わるのは?
「私淑する」「薫陶を受ける」
→直接指導を受けた相手を言うのは?

大人として身につけておきたい教養のひとつ、「語彙力」。
“語彙力のある人”や、“話していて知性を感じる人”は、適切な文脈で豊富な言葉を使いこなします。語源やニュアンスといった言葉の背景を理解したうえで、年齢や立場にあわせて、言葉を磨いているのです。

そこで本書では、言葉の意味だけでなく、「使用シーン」「成り立ち」「強さ、重み」「ニュアンス」といった基本知識に加え、知性あふれる言葉を日常で使いこなすための解説をつけました。

言葉の引き出しが少なくて、思っていることが伝わらない…
幼い言葉を使っているせいで、バカっぽく見られている?


そんな思いが少しでもよぎったら、是非、本書を読んでみてください。
普段の会話はもちろん、仕事でのやりとり、メールや手紙、お詫びするときなど、あらゆる場面で使える厳選200語が身につきます。

著者について

三重県出身。公立高校から、塾や予備校を利用せずに東京大学文科Ⅲ類に現役合格。教養学部超域文化科学科を首席で卒業後、学習塾や私立高校などで講師の経験を積み、現在は大学受験塾の教壇に立つ。また、カルチャースクールや公民館で古典入門、文章の書き方講座などを担当し、6歳から90歳まで幅広い世代から支持される。たとえ話や笑いを交えた、わかりやすく納得できる教え方が好評で、栄光ゼミナールの授業コンテストで全国優勝した経験を持つ。
『源氏物語』『百人一首』をはじめ、古典・近代文学・歌舞伎などの教養に裏打ちされた日本語の見識を活かして、社会人女性向けの敬語講座、書籍の執筆にも取り組む。
NHKEテレ「Rの法則」に敬語講師として出演するなど、テレビや雑誌でも幅広く活躍中。
著書(監修を含む)に『美しい女性をつくる 言葉のお作法』『大人の語彙力が使える順できちんと身につく本』(かんき出版)や、『正しい日本語の使い方』(枻出版社)『品よく美しく伝わる「大和言葉」たしなみ帖』(永岡書店)『語彙力強化ドリル300』(宝島社)など多数。

目次詳細

第1章 仕事がなめらかに進む挨拶の定番表現
おそれいります/心待ちにする/ひとかたならぬ/心ばかりの/肝煎り……etc

第2章 さりげなく人を立てる表現
あやかる/板につく/心づくし/珠玉/お株を奪う/慧眼……etc

第3章 反省を真摯に伝える表現
面目ない/申し開きのできない/気を揉ませる/忸怩たる思い……etc

第4章 文書・メールでよく使われる表現
ご自愛ください/万障お繰り合わせのうえ/笑覧/腐心/寛恕……etc

第5章 伝統をふまえた日本ならではの表現
土壇場/しのぎを削る/正念場/二の句が継げない/糊口をしのぐ……etc

第6章 言いにくいことを穏やかに伝える表現
あいにく/手前味噌/おこがましい/老婆心/お戯れ/膠着状態……etc

第7章 大人なら知っておきたい表現
本来の意味から変化した言葉:こだわる/破天荒/潮時/確信犯……etc
目上の人には使えない言葉:上手/そつがない/お見それしました……etc
間違われやすい言葉:敷居が高い/世間ずれ/役不足/奥さん……etc
ビジネスシーンで見聞きするカタカナ用語:ニッチ/サマリー/マイルストーン…etc
あらたまった場で使われるかたい表現:忖度/不退転/顛末/多寡/誤謬……etc