学ぶ。みがく。変わる。
HOME 経営 経営 ひとつひとつていねいに会社の数字を学ぶ
ひとつひとつていねいに会社の数字を学ぶ
定価 1,430円(税込)
判型 A5判
体裁 並製
頁数 160頁
ISBN 978-4-7612-7252-4
発行日 2017年4月17日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

ひとつひとつていねいに会社の数字を学ぶ

竹澤 直樹 /著 

読者様の声

  • 非常に分かりやすく、かつプチ実践問題があって、理解度が深まった。(36歳男性・会社員)

内容紹介

「+-×÷」で売上も利益もわかる、一番カンタンな会社の数字の本です!

この本は会社の数字の超入門書ですが、決算書や簿記の話は一切出てきません。小学校で習う算数の知識だけで、売上や利益の増やし方が理解できるようになっています。
本書を読むと、たとえ新入社員であっても、売上や利益のことを論理的に考えられるようになります。中堅社員や管理職、経営者の方であれば、業績を伸ばすためのヒントが得られます。
この本は、次のような方を読者対象として考えています。
◎売上や利益について、簡単に学びたいビジネスパーソン
◎数字の使い方を部下に指導したい上司
◎利益の出し方を改めて勉強したい管理職や経営者
◎顧問先に的確なアドバイスをしたい税理士などの専門家

本書の特徴を、4つの角度から説明しましょう。
1.「わかりやすさ」にこだわりました!
本のタイトルのとおり、会社の数字について、ひとつひとつ階段を上がるように説明しました。むずかしい算式のところは、わかりやすくなるように、図やイラストをさしこみました。
2.覚えるとトクする「計算式」をたくさん入れました!
仕事で成果を出すためには、論理的に考えて行動することが必要です。売上や利益の増やし方がわかったら、自分が行動するだけでなく、状況に応じて上司や部下を説得して動かしたいもの。本書で紹介する「計算式」を、そのための武器として使ってください。
3.「学ぶ」「覚える」「試す」の3ステップで理解が深まります!
この本の各項目は、「基本を学ぼう」「計算式はこうなる」「自分で考えてみよう」の3ステップで構成しています。「基本を学ぼう」でその項目で取り上げる基本事項を学んだ後に、「計算式はこうなる」で売上や利益を増やすための計算式を覚えていただきます。「自分で考えよう」では、簡単な問題を解くことで、理解を深めてもらいます。
4.一歩踏み込んだ「仕事のノウハウ」も盛り込みました!
<こうすれば儲かる!><効率を上げて要領よく稼ごう!>という2種類のコラムを設けました。それぞれに実例を挙げながら、仕事で成果を出すための一歩踏み込んだノウハウを解説しています。

本書を読んでいただければ、あなたのひとつひとつの仕事が、会社の売上や利益にどのように貢献するかが、手にとるようにわかります!

著者について

1974年生まれ、長野県出身。税理士。東京中央税理士法人役員兼監査第二部門部長。
高校時代に勉強せず大学受験に失敗したが、都会に行きたくて簡単に入れそうな東京の簿記専門学校に入学。簿記3級の勉強から始める。まったく知識がなかったが、大学に進学した友人たちへのコンプレックスを克服するために勉強に励み、日商簿記検定1級を取得。その後、会計事務所に勤務しながら税理士試験に挑戦し、合格する。
会計事務所で通算17年働き、300社以上の顧問先企業と関わってきた。「日本企業全体のなかで黒字は3割以下」と言われるなかで、関与する企業の7割以上を黒字決算としてきた。会計・税務以外にもマーケティングやコーチングを学んでおり、顧問先に的確なアドバイスを行い、その成長に貢献している。紹介案件も多く、勤務する会計事務所は入社時に比べて10倍の規模に成長。現在は、東京中央税理士法人の役員兼部長として、通常の経営指導や、「先行経営」という目標達成の仕組みを使って、顧問先の業績を次々とアップさせている。顧問先も含めて数社の取締役を兼任している。
ビジネスにおけるミッションは、「経営者を成功へ導ける能力を身につける」こと。さらに、「税理士の使命は税金の計算をすることではなく、1人でも多くのビジネスパーソンに会社の数字を使えるようになってもらい、成功企業を増やすことである」と確信。その熱い想いから、本書を執筆することとなった。

★東京中央税理士法人:http://www.tokyo-chuou.jp/
★著者連絡先:n-take@tkcnf.or.jp

目次詳細

はじめに
本書の使い方
PART1 売上について学ぶ
PART2 利益について学ぶ
PART3 経費について学ぶ
PART4 儲け方について学ぶ
PART5 会社の数字の応用問題を解く