学ぶ。みがく。変わる。
HOME ビジネススキル・キャリア 仕事術 人を操る禁断の文章術
人を操る禁断の文章術
定価 1,540円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 224頁
ISBN 978-4-7612-7056-8
発行日 2015年1月19日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

人を操る禁断の文章術

読者様の声

  • 読み終えて、「これだ!」という手ごたえがたくさんありました。以前から自分の文章に物足りなさを感じていたので、本書を読んでワクワクしてきました。(38歳男性・営業職)
  • 学校で選挙があり、候補者の責任者として推薦文を書くことになったのが購入のきっかけ。この本のおかげで、見事候補者を大差で当選させることができました。(13歳男性・学生)
  • 実際に使えそうな生きた知識が書かれていると感じた。(38歳男性・自由業)
  • 営業メールがうまくいかないこと、将来、作詞作曲をする仕事をしたいと考えていることから、本書を手に取りました。要点がまとまっており、非常に記憶しやすいくわかりやすい本でした。(23歳女性・サービス業)
  • Daigo先生のメールマガジンを拝読した際に、非常に印象に残ったため、その文章術を学びたいと考え、購入いたしました。ただの例文の羅列ではなく、基本の考え方から具体例へとつながっており、大変参考になりました。ありがとうございました。(31歳男性・管理職)
  • 人に影響を与える文章を書きたかったから。ちょっとした書き方で印象が変わったりするのだなと思った。言葉で説明するのではなく、イメージさせる重要さも再認識した。(30歳男性・その他)
  • 追伸の部分から書く~は、目からウロコでした!(24歳女性・会社員)
  • 具体的でわかりやすく、全てのページで勉強になりました。(23歳男性・自由業)
  • 読み終えて、「これだ!」という手ごたえがたくさんありました。以前から自分の文章に物足りなさを感じていたので、本書を読んでワクワクしてきました。(38歳男性・営業職)
  • 本社との連絡手段でメールを多く使用するので、どうやったら気持ちが伝わるだろうかと考えていました。顔を合わせる機会も本当になくて、どうしたら良い印象になるのか考えていたので、承認欲求をうまく使っていきたいと思ったのと、一人二役で書くこと、メールは下から書くようにしていきたいです。(40歳女性・技術職)
  • 人前で意見を言ったり、プレゼンする機会が多いため、興味があり購入しました。(43歳女性・自営業)
  • 営業職に就いており、顧客との良いコミュニケーションや社内プレゼンで役に立つと思ったため購入。(46歳男性・営業職)
  • とても読みやすかった。ラインで使えるようなテクニックもあり、日常生活に活かしやすい内容だった。(25歳男性・公務員)
  • 考え方だけでなく具体例(良い例・悪い例)があり、非常にわかりやすかった。「まえがき」で魅了された。(31歳男性・経営者)
  • おもしろすぎた!この本は、学生・社会人・主婦、全ての人のタメになる本。役立つ本。今日から早速机に鏡を置きました。(29歳女性・公務員)
  • 著者の本はこれで3冊目です。医療者なので心理学的な面から読んでいます。人間の特徴をおさえた、上げて下げて上げる、あなただけ~、経験を追加してあげる、など使える技術はたくさんありました。ありがとうございました。ためになりました。(27歳男性・医療/福祉)
  • おもしろかったです!読みながら声に出して「へぇ~」と何度も言いました。うまく使えるかわかりませんが、ふと思い出した時にでも意識できたらいいです。(23歳女性・会社員)
  • 数回新聞の投書が載ったことがあり、より相手に伝わる文章が書きたいと思ったから。(27歳女性・サービス業)
  • Amazonの口コミを参考に、購買を決めました。本のタイトルどおり、操られました(笑) 良い本にめぐり会えました♪(45歳女性・事務職)
  • 同じような本は出版されていますが、とにかく読みやすく、読者も操られているような文章テクニックを本書から感じられました。このセンスが文章を書くのにほしいと思いました。DaiGoさんの本をもっと読みたくなりました。(40歳女性・自営業)
  • 新しい視点でおもしろかった。(19歳女性・学生)
  • 表現の仕方と人間の心理と行動の関係がわかってとってもおもしろかったです。これからの人間関係構築に生かしていきたい。(50歳女性・主婦)
  • プレスリリースなど、対外的な文章を書くときに応用的に使えるテクを探していました。ブレインダンプは本当に参考になりましたし、内容もNG例、OK例が比べて読め、参考になりました。(32歳女性・会社員)
  • メンタリズムやDaiGoさんにもともと興味があり、文章術に興味があった。これからのメールや手紙に活かしていこうと思いました。(19歳女性・学生)
  • この本を読んで、自分の世界が変わりました‼(18歳男性・学生)
  • ブロガーとして活動しているので、「文章術」関連の本はよく読むあ、DaiGoさんのこの本は文体が魅力的で、内容もエッセンスと呼べるようなものだった。(20歳男性・学生)
  • ライターの仕事をしているので、活かせればと思い購入。大変勉強になりました。(34歳男性・自営業)

内容紹介

メンタリストDaiGoの、
人を上手に誘導するパフォーマンスを支えているのは、
人間の心理的特性についての膨大な知識量と実践の量である。


本書では、メンタリズムの得意とする
「人心掌握」「大衆煽動」のエッセンスを文章に応用し、
読み手の心を自在に操る「メンタリズム文章術」を大公開。

その文章術の軸となるのは、
「読み手の見たい現実を見せてあげる」という、
相手の心理を先回りした「想像力を刺激する」書き方のテクニックである。

本書では、
解説するテクニックに対して心理学の見地から裏付けの説明を随所に加える。

扱うテーマは、
セールス、プレゼン、恋愛、依頼など、
書き手の腕が求められるシーンを幅広く網羅。

また、
人間の感情をゆさぶる7つ引き金(トリガー)と、
今すぐ文章にそのまま応用できるテクニックを紹介。


本書を読むことで、
書くべき内容とその書き方が一目にわかるようになる。

著者について

慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒業。
人の心をつくることに興味を持ち、人工知能記憶材料系マテリアルサイエンスを研究。
英国発祥のメンタリズムを日本のメディアに初めて紹介し、日本唯一のメンタリストとして数百のTV番組に出演。

その後、活動をビジネスおよびアカデミックな方向へと転換し、企業のビジネスアドバイザーやプロダクト開発、作家、大学教授として活動中。
日々インプットした膨大な情報・スキルを独自の勉強法で体得し、驚異的な成果をあげ続けている。

著書は累計330万部。『自分を操る超集中力』『人を操る禁断の文章術』(ともにかんき出版)、『週40時間の自由をつくる超時間術』(実務教育出版)ほかヒット作多数。

目次詳細

まえがき
第1章 文章が持つ力は∞(無限大)
第2章 「書かない」3原則で人を操る
第3章 人を動かす7つのトリガーで、何を書けばいいかもう悩まない
第4章 あとは、5つのテクニックに従って書くだけ