学ぶ。みがく。変わる。
HOME 自己啓発・人文科学 自己啓発 命はそんなにやわじゃない
命はそんなにやわじゃない
定価 1,540円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 320頁
ISBN 978-4-7612-6800-8
発行日 2011年12月5日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

命はそんなにやわじゃない

杉浦貴之 /著 

読者様の声

  • 自分の歩いて来た道、かっこ悪いところもあけすけに話す彼にどれほど勇気づけられる人がいるでしょうか。一気に読んで友人にもすすめることにしました。(48歳女性・主婦)
  • 著者の講演を聴き、感動しました。命の大切さ、自分の人生を振りう帰りながら読ませて頂きました。病気に感謝して自分をもっと大事にしたいと思いました。ありがとうございます。(59歳女性・医療/福祉)
  • 著者のブログをずっと読んでいて、ぜひお会いしてみたいと思いました。私はガンがあり治療中です。著者の本にとても勇気づけられ、希望の灯がともりました。「走るほどに元気になったのではなく、走ったから元気になった」このフレーズ通りにやってこられた結果なのだと思いました。私も「準備不足でも、見切り発車でも、心が感じたら自分自身を信じて一歩を踏み出していく」生き方をします。この本を世の中に出してくださってありがとうございました。出会えたことに感謝しています。(47歳女性・主婦)
  • ご本人とお話しし、ぜひ読んでみようと思いました。精神力あり、手術イレウスを5回もされ、すごさと、また両親の愛のすごさを感じました。自分自身良く悩むので、前向きに頑張っていけそうな元気をもらいました。(64歳女性・サービス業)

内容紹介

がん余命半年からの生還。それは決して奇跡ではなかった。
「24時間テレビ」「奇跡体験!アンビリバボー」「誰も知らない泣ける歌」「ラジオビタミン」等に出演した話題の著者!
決して闘病記ではない。がんを道標として、新たな自分(本当の自分)に生まれ変わる再生記。
悩み、苦しみ、迷いながら、それでも生きることをあきらめず、命あることを歓び、つねに笑いを求め、逆境をも楽しみながら再生していくストーリー。

著者について

命のマガジン『メッセンジャー』編集長、シンガーソングライター。
1971年5月29日、愛知県西尾市出身、岡崎市在住。28歳にして、がんを宣告され、両親には余命は「早くて半年、2年後の生存率0%」と告げられた。しかし、病床で「がんを絶対に治す」と決意。 入院中は、大学時代に1度走ったホノルルマラソン出場を夢に描く。また、ゴールに婚約者を立たせ、ゴールの瞬間に抱き合って喜び、次の日にハワイの教会で結婚式を挙げるという無謀な夢の続きを毎日描いていた。退院後、がんはメッセージであり、本当の自分らしい生き方を示してくれる道標と捉え、がんになった原因と意味、本当の自分とは何かを求め、旅に出る。
2005年、移住した宮崎で、自分ががん克服者に出会って元気をもらったように、多くの人を元気づけようと、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた、命のマガジン『メッセンジャー』を創刊し、編集長兼発行人となる。
同年12月、ホノルルマラソン出場。このとき婚約者はおらず、半分の夢が叶う。「走れるほどに元気になったのではなく、走ったから元気になった」を実感。
2008年12月、病気後2度目のホノルルマラソン出場。このときはゴールで婚約者と抱き合い、翌日、夢に描いたとおり、ホノルルの教会で結婚式を挙げた。2009年、第一子である長女、芽(いぶき)が誕生。
現在は愛知県岡崎市に住み、トーク&ライブ、病院や学校、そして企業での講演、『メッセンジャー』の取材と全国を駆け回っている。 「生きる勇気がわいてきました」など、雑誌や講演の感想が多数寄せられている。
2010年からは、がん患者さん、家族、サポーターを集め、「命はやわじゃない!がんサバイバーホノルルマラソンツアー」を主宰。その模様はTVでも紹介される。 その他にも、「24時間テレビ」「奇跡体験!アンビリバボー」「誰も知らない泣ける歌」など、これまでにマスコミに多数紹介される。
2007年に、自ら作詞をする、オリジナルCD「Life is strong」も発売。

目次詳細

第1章 衝撃のがん告知、そして看護学生との運命の出会い
第2章 夜のお店で元ナースのお姉さんに励まされた!
第3章 がんを治すため、生きるためなら、何だってできる
第4章 自分で作ったがんだから、自分で治せる
第5章 俺の体よ、こんなになるまで放っておいてごめんな
第6章 頼るべきは“場所"ではなく、この“自分自身"
第7章 ヒーラーを信じて救急車を呼ばず、死にかける
第8章 5度も繰り返した腸閉塞のなかで、やっと見つけた答え
第9章 生涯をかけて「メッセンジャー」として生きていく覚悟を決めた
第10章 病室にいる患者さんを励ましたい。ついには「誰も知らない泣ける歌」出演
第11章 病室のベッドで描き続けた夢がついに現実に
第12章 がんサバイバーホノルルマラソンツアー完全完走、完全完笑

なかなか終わらない“おわりに"
本当の最後に