学ぶ。みがく。変わる。
HOME 経営 経営 経営戦略立案シナリオ
経営戦略立案シナリオ
定価 2,376円(税込)
判型 A5判
頁数 304頁
ISBN 978-4-7612-6428-4
発行日 2007年5月21日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible
社長と社員全員が一緒に考える

経営戦略立案シナリオ

佐藤義典 /著 

読者様の声

  • コンサルタントからの推薦図書。多くの企業の取り組み事例をもとに戦略論を学べる点が非常によいと思う。(40歳男性・自営業)
  • 会社での昇進試験で仮想の会社の経営を良くするためにどうすれば良いかディスカッションをする。そのために経営目線でどのように考えれば良いか体系化された本で勉強したかったので購入。(29歳男性・会社員)

内容紹介

経営者の仕事は未来を、戦略を考えることだ。しかし「高級路線で差別化」などお題目のような戦略を唱えている会社は多い。これでは現場がどう動けばいいかわからない。
本書は経営戦略立案の実践で使える戦略ツールを、社長、事業部長、そして将来、経営を担っていくべき人のために体系的にまとめたものである。今まで、なんだか経営戦略のことがわからなかったという人にもしっかり「腹に落ちる」一冊。

著者について

早稲田大学政治経済学部卒業後、NTTに入社。営業・マーケティングを経験後、米国ペンシルバニア大学ウォートン校にてMBAを取得(1996年卒業、経営戦略・マーケティング専攻)。外資系メーカーへ転職、ガムのブランド責任者としてマーケティング・営業・開発・製造などを統括する。その後、外資系マーケティングエージェンシーのコンサルティングチームのヘッドなどを経て、2006年ストラテジー&タクティクス株式会社を設立。現在、代表取締役社長をつとめる。中小企業診断士の資格も持つ。
大手新聞社、財閥系不動産会社、世界トップ産業機械メーカー、高級化粧品メーカー、世界トップロジスティックプロバイダー、大手航空会社など、幅広い業種のマーケティング戦略・戦術のコンサルティング実績を持つ。本書で紹介している「戦略BASiCS」を核とするコンサルティングや経営戦略・マーケティングの企業研修は、的確かつ実践的と定評がある。また読者数1万6千人超の人気マーケティングメルマガ「売れたま!」の発行人としても有名。

目次詳細

STEP1 経営戦略論の本質をつかむ
1 戦略は道筋、戦術は具体策
2 経営戦略論の本質は5つ
3 5つの戦略要素を統合する
4 経営戦略論を顧客視点で捉え直す

STEP2 Battlefield 戦うべき市場を決める
1 どこで戦うか?
2 戦場は顧客のココロの中に存在する
3 「顧客にとっての価値」が戦場を決める

STEP3 Asset&Strength 独自資源を育て強みを活かす
1 強みを活かして差別化する
2 強みと独自資源を分けて考える
3 顧客の3つの価値基準に強みをすり合わせる
4 顧客の価値に合わせた3つの差別化戦略
5 3つの軸を使った差別化の必要条件
6 差別化軸に対応する独自資源を決める
7 同じ差別化戦略で戦う競合にどう勝つか?
8 3つの差別化軸とプロダクトライフサイクル

STEP4 Customer すべてを顧客の「価値」に合わせる
1 すべては顧客から始まる
2 自社の強みが活きる顧客を選ぶ
3 どのように顧客を分けて狙いをつけるのか?
4 売りたい人に対して提供する価値が合っているか?
5 顧客を絞ればすべてが決まる