学ぶ。みがく。変わる。
HOME 自己啓発・人文科学 漢字の語源図鑑
漢字の語源図鑑
定価 1,760円(税込)
判型 A5判変形
体裁 並製
頁数 336頁
ISBN 978-4-7612-7571-6
発行日 2022年3月24日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • 学参ドットコム

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

漢字の語源図鑑

平山 三男 /著  和全 /イラスト 

読者様の声

  • 帯が気になったので読ませていただきました。漢字について、今まで何も考えずに使っていましたがこんなに意味があるのか と、とても面白かったです。小学校で使われる漢字を取り上げているところも理解しやすいと思います。時が 来たら子どもにも言葉の意味も併せて教えようと思います。辞書の様に毎日少しずつ使用するのも良いですね。先人に感謝をしながら言葉を使うようにします。ありがとうございました。(40代・男性)

内容紹介

ベストセラー『英単語の語源図鑑』の漢字編!

悲、俳、排、扉、輩、徘、斐・・・
これらの漢字に共通する「非」の語源とは?

本書の主な特徴は、漢字の「音符と意符(漢字から偏や旁を引いてあとに残ったもの。本書では親字としています)」に着目し、それらの語源を解説することにあります。
たとえば、悲、俳、排、扉、輩、徘、斐に、共通してある「非」という字。本書では「非」の語源を解説し(「非」には、互いに向き合っている、背を向け合って対立している、否定、という意味があります)、それと関連づけて悲、俳、排、扉、輩、徘、斐の起源や意味を解説しています。

つまり『英単語の語源図鑑』のように、同じパーツを共通して持つ漢字グループを1つひとつイラスト付きで関連付けて紹介しています。これによって漢字を右脳と左脳で体感・理解してもらうことができるというワケです。なお、イラストはイラスト書道家として活躍している和全氏が担当。

著者の平山氏は、かつて高校や予備校では、現代文・小論文を担当し、大学では「近代文学」や「日本語表現法」を教えてきた日本語のプロ。川端康成の研究者としても知られており、代表的著作として『遺稿「雪国抄」影印本文と注釈・論考』(至文堂)があります。

著者について

平山 三男
◎――昭和22年5月5日生。都内の小・中・高卒業、学習院大学文学部国文学科を経て、同大学大学院に入学、修了。
◎――大学院修了の年に立川女子高等学校国語科教諭となり、在職中、同校山岳部第三・四次海外遠征登山に同行。ヒマラヤ・ゴーキョピーク、ロッキー山脈北部・ツィンズ北峰に登頂。この間、川端文学研究会の事務局長として隔月の研究例会、年度大会を企画、運営。
◎――立川女子高等学校に10年勤務後、関東学院大学文学部講師を皮切りに学習院女子大学、東洋大学講師を永年勤める。この間、同時に早稲田ゼミナール、東進ハイスクールなどで現代文・小論文を担当。
◎――この様な教育・研究の現場で考えた「漢字を如何に伝えるか」が、本書の根底となっている。

和全

目次詳細

●親字が1年生 ※「親字」とは、見出しとなる漢字のことです

「耳」「生」「青」「正」「土」「小」「白」

●親字が2年生
「工」「公」「古」「寺」「易」「方」「分」「半」「台」

●親字が3年生
「皮」「者」「羊」「世」「区」「根」「勝」「次」「委」「昭」

●親字が4年生
「令」「未」「軍」「付」「笑」「浅」「伐」「芽」「各」

●親字が5年生
「構」「過」「復」「潔」「編」「衛」「責」「増」「断」「保」

●親字が6年生
「補」「己」「至」「株」「宇」「俳」「熟」

●部首索引