学ぶ。みがく。変わる。
HOME 学習参考書 東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!
東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください! / 1
東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください! / 2
  • 東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください! / サムネイル 1
  • 東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください! / サムネイル 2
  • 東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください! / 1
  • 東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください! / 2
  • 東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください! / サムネイル 1
  • 東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください! / サムネイル 2
定価 1,650円(税込)
判型 A5判
体裁 並製
頁数 256頁
ISBN 978-4-7612-7391-0
発行日 2019年1月21日

正誤表

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • 学参ドットコム

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!

西成 活裕 /著 

15万部突破!

読者様の声

  • 子どもに教えるために、まずは自分からと考え、手にしました。論理的に説明され、こちらも理屈が分かるということは、まるで、とべなかった跳び箱がいきなり飛べるようになった瞬間のようで、急に視界が開けた感じがしました。大人になってもその実感を体験することは、とても楽しいものですね。 (女性)
  • 中学で数学は難しいと聞いていたので、本を探していました。小学生に微積分を理解させるすごい先生が書いた本なら、僕にもわかりやすいと思って買いました。小6でもわかります‼おもしろい!(11歳男性・学生)
  • この本は、本当にR16ものです(笑)。最速で“さくっ”と理解できるので授業がヒマになるかも。数学を学ぶというより生徒と先生の漫才を見ているようで笑いが止まりませんでした‼(特に微分、積分の話) 立ち読みして即購入(笑)。お値段以上の価値ありました♪面白い本を出版してくれてありがとうございました!本当にお気に入りです。(34歳女性・その他)
  • タイトルの通り僕もガチガチの文系で、数学が超苦手だったがゆえに、大人になってからも読める数学の本が欲しかった矢先に見つけたので買いました。西成先生の説明がすこぶる分かりやすくて、僕も中学数学をマスターした気分になりました。(27歳男性・会社員)
  • 大学に合格し、課題が出たのですが、私は高校2年生から文系クラスに入ったため、微分・積分を習っていなくて困っていたところ、この本を見つけて買いました。家に帰り読んでみると、面白いし分かりやすくて夢中で読みました! 課題もだいぶ進みました。この本と出会えて良かったです。(18歳女性・学生)
  • 大人になって、苦手だった数学をちゃんと理解したいという思いがありました。本書と巡り合って数学を学ぶおもしろさに改めて気づきました。また、読み物としても面白かったです。(40代男性・公務員)
  • ちょうど中学生の娘がいて、数学アレルギーにならないように願っているところでしたが、自分の「復習」も兼ねて、面白そうな本だと思い購入しました。驚くほどコンパクトにエッセンスがまとめられていて、実際問題に対応するには難しいかもしれませんが、「頑丈な骨」を作る最高の教材であると思います(面白いし)。あとは娘が素直に読んでくれるかが問題ですが、何とか工夫してみたいと思います。ぜひ続編を出してください。(52歳男性・事務職)
  • 大学入学を契機に改めて勉強するため購入。数学が苦手だったので、復習にはとっても良かったです。電車の中でも読みやすく使いやすかった。(29歳女性・学生)
  • 電車の広告を見て、数学を苦手に感じる私にピッタリだと思った。文字・数字がびっしり、というわけでなくて、読みやすかった。(14歳女性・学生)
  • 娘と電車に乗っていたときに車内のポスターを見て「これおもしろそうだね」という話になり、購入しました。(43歳女性・技術職)
  • 数学を勉強する意義やポイントがわかりやすく書かれている。(39歳男性・会社員)
  • ほかにもこの手の本を買ったのですが、分厚すぎて読むことに挫折したり、説明がよくわからなかったりだったのですが、この量ならいけそうだと思いました。(37歳女性・教育、研究者)
  • 中学生になって、勉強が上手くついていけない人でも、この本を読めば「なるほど!」と納得し、授業も楽しくなりそうです。(12歳女性・学生)
  • 数学が苦手な私にもわかりやすく書かれていて良かったです。会話式で書かれているうえ、マンガも入っているので楽しく読めました。(13歳女性・学生)
  • 子どもに算数をきちんと教えられるようになるため購入。(46歳男性・会社員)
  • 中2の娘に数学を教えるための参考とするため購入。(48歳男性・会社員)
  • 電車の広告を見て衝動買いです。理系科目が苦手な人が多いのは、西成教授タイプの人間が少ないのが原因だと感じた。(57歳男性・事務職)
  • 電車内の広告を見て買いました。今中1でちょうど勉強をしているのですが、「中学生は決して読まないで」と書いてあり、気になったので買ってみました。とても分かりやすく、気に入っています。(12歳男性・学生)
  • 学習支援ボランティア団体を主宰し、有料学習塾へ通えない小学生の学習を指導しています。より易しくより分かりやすく教えるための自習本として買いました。(75歳男性・その他)
  • 私自身が文系で数学が苦手でしたし、中学生の娘も数学に手こずり始めているため、購入しました。(47歳男性・会社員)
  • 数学が苦手だったが、本書は読みやすそうだったので購入。もっと早く読みたかった……(13歳男性・学生)
  • 数学だけがとても苦手なので、それがわかりやすく学べて良かったです。あっという間に読み終えたので楽でした。(15歳男性・学生)
  • 数学が苦手で、その基本だけでも理解したい。また、子どもの考えるヒントになれば良いと思い購入。(65歳男性・教育、研究者)
  • 祖母から聞いて面白そうな本だと思いました。子どもたちが読んだら考え方が変わるかな?と薦めてみようと思って購入しました。(51歳女性・事務職)
  • 私は理系でした。孫が中学生になったのですが、数学が苦手なので、私が読んでから孫にプレゼントしようと思って買いました。(75歳男性・その他)
  • 数学を再度勉強し直すため。(40市女性・事務職)
  • 自分が考えていることがテーマだったので購入。(41歳女性・主婦)
  • 子どもに数学のおもしろさを知ってもらうために購入しました。非常に読みやすく、あっという間に読み終えました。子どもに教える参考とさせていただきます。(34歳男性・営業職)
  • 4月から小6となる孫のために、訊ねられたら正しく答えられるように準備勉強をしておこうと思って。「中学生は決して読まないでください」が決め手でした!(82歳女性・主婦)
  • 子どもに数学を教えようとしたらすっかり忘れてしまっていたので買ってみた。(41歳女性・主婦)
  • 数学が苦手な私に母がこの本を薦めてくれました。先生と郷さんの会話、図や絵があることで、わかりやすく、楽しく読むことができました。(12歳女性・学生)
  • 中学生以来、83歳の今までの数学への劣等意識を取り除いていただいたことに感謝!(83歳男性・その他)
  • 文系人間の私でも、楽しく読むことができました。おかげで妹に数学を自信持って教えられるようになりました!
  • まさに、文系の私でも理解できました。簡単にわかるという宣言文句の本は多いですが、本当に理解できたのはこの本だけです。西成さんは、本当に数学を理解しているからこその説明なのだと思います。
  • 平方完成で2次方程式を解くとは、驚きました。後、電卓やスマホで計算してもいいと西成先生がおっしゃったのは意外でした。私が学生の頃は、電卓なんか使うな、地道に計算しろと言われていたので。
  • もう一度勉強したくて、買いました。面白い説明でわかりやすくて、一気に読みました。ピタゴラスの定理のところは感心しました。いままで苦手意識がありましたが、本当は数学は面白いんだなと思いました。
  • 長女が高校受験なこともあり、少しでもポイントを教えれたらと思い手にとりました。自分自身が公式でだけ覚えてたことも、ちゃんと理解していなかった部分もあり凄くためになりました!聞き手の郷 和貴さんと同じ気持ちになりながら話がテンポよく進んで読みやすい!!高校編も買う予定です。
  • もともと数学が苦手で、たまたま見つけて「このタイトルまんま私のことだ!」となり購入しました。ゆるくてほっこりするイラストとわかりやすい図や例え、読みやすい会話式の本だったので、数学や活字に不慣れな私でもすいすい読めて、半日で読み終わってしまいました!西成先生の著書は前にも読んだことがあって、先生の数学はとてもわかりやすくて面白いです!この本を読んで、数学への苦手意識がちょっとだけ減った気がするので、もう一度勉強して見ようと思います
  • この本のほかにも似たような本は山ほどあるので、「ほんとかな~」と思いながらも購入しましたが、内容がすごい。教科書と違って、わかりやすい言葉で内容が解説されているのがいちばん良かったです。とても勉強になりました。高校生の数学を題材にした本も新しく出たようなので、購入しようと考えています。
  • 私が文系で数学が苦手なまま大人になってしまったので、子供には苦手意識を持たないでほしいと思い分かりやすく教えられるようにするために本書を購入しました。本当にとてもわかりやすく、学生のうちにこういった分かりやすい説明をしてもらえたらもっと数学が好きになっていたなぁ、と思いました。本書を参考に子供が数学好きになるようにがんばります!
  • 対話形式で構成されていて ホントわかりやすかったです。良い復習になり数学が身近に感じました。
  • 都の小学校の教員を退職して、約5年経ちましたが、2年前頃から学習塾でアルバイト講師をしています。教えられる側の心理的なことまで考えられているので、私自身にも復習になりました。ありがとうございました。
  • 数学の本なのに、読み物として面白い。「僕」と「スゴイ先生」の問答で、綴られているのだが、自然に数学の話になっていて、引き込まれた。「そもそも、なぜ数学を勉強するのか」から始まり、二次方程式や、微積分まで、苦手な人に噛んで含めるように、話が進んでいく。なるほど、これなら、ボクら文系の人間もすとんと腑に落ちて、理解できる。「R16」中学生は読まないでの、コピーにも掴まれた。友達には紹介したいが、同僚には教えたくない、本
  • 三十代の半ばの女性です。これからのために経済を勉強したいと思い、経済関連の本を手にするも、数式が出てきたとたんに思考停止してしまい、読み進めても理解は今一で経済ニュースを理解するには至りませんでした。そんな時に書店でこの本を発見し、購入しました。まさに文系のひとが躓きやすいポイントをおさえて書かれていて、スッキリ読み進めることができました。特に公式=英文法は目から鱗!ふたたび経済の本にもチャレンジしたいと思います。ありがとうございました。
  • 小学6年生の娘のために文系の母も勉強せねばと購入しました。タイトルと表紙にまず引き付けられたのですが、聞き手のレベル感・ゆるさ加減、教授のつぶやき・コラム、身近な例えなど、全体的に受け入れやすくおもしろく、数学の本のイメージを変えた一冊となりました。娘も読んでました。イラストの力が大きいと思います。
  • とてもわかりやすく三平方の定理にこんな証明の仕方があったんだなと思いました
  • 楽しく数学のおさらいをしたいと思い購入しました。仕事をしながらなので時間をかけず手早く要所を抑えたいと考えた中での読書なので良いなと感じた点が2つありました。苦手意識を払拭するイラスト、考え方の説明が丁寧。このことから苦手意識を持たずに楽しく読むことができました。構えず流し読みをするだけでも効果的だと思います。出会えてよかった書籍の一つになりました。
  • 私は理系の大学を卒業しましたが、大学卒業後は微分積分どころか数学を使わないでも仕事をこなせて来ました。実際に知識を深めていこうと物理の勉強をやり直そうと思った時に、数学からちゃんとやり直したいと思い本書を手に取りました。とても面白くサクサク読めてしまっまので、これから中高の数学に取り掛かろうかと思っております。ワクワクしながら読めたので、これからもワクワクしながら数学を深めて行きたいと思います。
  • 中2の娘、私も大の数学苦手です。数学は生活に繋がらないと娘に言われて、たまたま目にした新聞広告で見て読んでみました。じっくりとですが、読み進めるとなかなか面白く、生活に繋がることもわかり、学生時代に読めていたら数学が好きになっていたかもと感じました。連れ合いは教師ですが、やさしく書いてくれてるなぁと言っておりました。そんな私たちの感想を聞いた娘は早く読みたいと言っております。
  • 数学を教える上でどこを重点的に教えた方がいいのか、どこを決まりごとだと教えた方がいいのかがわかりました。わかりやすい説明ができる先生になる第一歩になったと思う。
  • タイトルを見て、私も途中で数学を諦めた文系だったことを思い出し、手にとって読んでみました。とにかく最初から中学校の授業よりも断然わかりやすい内容で、数学をもっと知りたいと初めて思いました。早く数学の問題集を手に入れて、問題を解いてみたくなりました。笑とにかくすごく面白かったです。今度は高校の数学版も出してもらいたいです。
  • 京都に出かけて地下鉄に乗っている時に、たまたま車内広告を見てすぐに購入しました。私は理系の学校に通う学生なのですが、最近完全に文系の人間だということに気が付きました。しかし、もうどうすることも出来ないので数学を簡単に学べそうなこの本を読んでみました。小学生に微積分を理解させる先生が書いていることもあり、どれだけ数学が苦手な方でも中学数学と微積分が身につきます。「え、中学数学だけ?意味ないと思うんだけど、、、」と思う方もいるかもしれませんが、著者の西成先生もおっしゃっている通り、ほとんどの数学は中学数学で解けてしまうのでガクッと数学に対する苦手意識やハードルが下がった状態で学ぶことが出来ます。次の定期テストが楽しみです。
  • 自分は理系でしたが真面目に勉強していなかったため復習の一環として本書を読ませて頂きました。ただ作業的に覚えるのではなく、数学を具体的にどのように使用するのかが分かりやすく、雑学も踏まえてあるので記憶に定着し易いと思いました。読みやすく非常に良かったです。
  • タイトルの通り、数学はもとより算数の段階ですでに苦手意識がありました。子どもが今後受験をする時には、指導が求められるのではと戦々恐々し、自らの復習のためにも購入しました。あまりに数学を放置してきた私には、すべてスッキリ理解するには読み直しが必要ですが、ふむふむとサラッと読み終えることが出来、感動しました。学生時代に西成先生に出会いたかったです(笑)
  • 算数・数学嫌いを経て文学部に入学した私にとって、ぴったりな本なのでは、と思い手に取りました。結果、想像していた以上に分かりやすく、「あ~、こんなこと習った気もする…笑」と学生時代を思い返しながら読みました。ごちゃごちゃしているわけでもなく、内容もすっと頭に入ってくる印象で、買って良かったと思える本でした。
  • 子供に教えるために、まずは自分からと考え、手にしました。論理的に説明され、こちらも理屈が分かるということは、まるで、とべなかった跳び箱がいきなり飛べるようになった瞬間のようで、急に視界が開けた感じがしました。大人になってもその実感を体験することは、とても楽しいものですね。
  • 予め目的を述べてから、本の主題に入るという構成が良い。数学が嫌いな人でも理解できるものだと感じた。
  • 私は文系で数学がとても苦手で避けて大人になりましたが、タイトルの通りとてもわかりやすい内容で満足しています。子供にもわかりやすく説明することができるくらい内容です。数学の必要性を感じ、学び直しをしている最中、本書に興味を持ち購入しましたが、全ての数学を苦手とする大人にオススメしたいと思っています。是非とも高校数学の内容も執筆していただきたいです。必ず買います。
  • 基本情報処理試験の勉強をしていて、数学の問題が出てきました。解説を読んでも理解できず、ネットで調べても、基礎的な知識がない私にはさっぱり…そんなときに書店でこの本を目にし、半信半疑で購入しました。読んでみて、本当に分かりやすく書いてあり、まさにR16指定(分かりやすくて授業が嫌になる)だな…と思いました。途中、ちょっと難しい…と感じる箇所もありましたが、ラスボスを倒すというゴールが見えていたので、前に進むことができました。これで問題が解けるのかはまだ分かりませんが、数学アレルギーの解消にはもってこいの一冊でした。ありがとうございました!(20代・女性)
  • 数学大嫌いが見事に克服されました。会話方式で、聞き手の返答が私と一緒だったので、すっと入ってきました。こんなにシンプルなものとは知りませんでした。(30代・女性)

内容紹介

〈R16指定〉
中学生は決して読まないでください!!


5〜6時間で中学3年分の数学がほぼ終わってしまう
「禁断の書」ついに発刊!

本書は、中学・高校で数学に挫折してしまった大人のための
「最速・最短で数学のやり直しができる本」です。

誰にでも必要な数学知識の基礎になる中学数学。
時間がない社会人のために、
3年分で学ぶ内容を、ぎゅっと凝縮しました。

本書のために、つくられた「3つのゴール」を目指して問題を解くと、
中学数学で習う最重要の単元がほぼすべて学べます。

東大人気教授の数学教室、開校です!

著者について

東京大学先端科学技術研究センター教授
専門は数学物理学、渋滞学。
1967年、東京生まれ。東京大学工学部卒業、同大大学院工学研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。
その後、ドイツのケルン大学理論物理学研究所などを経て現在に至る。
予備校講師のアルバイトをしていた経験から「わかりやすく教えること」を得意とし中学生から主婦まで幅広い層に物理学を教えており、小学生に微積分の概念を理解してもらったこともある。
著書の『東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!』(小社刊)は、全国の数学アレルギーの読者に愛され、20万部を超えるベストセラーに。『渋滞学』(新潮社)では、講談社科学出版章なども受賞。ほかにも『とんでも無く役に立つ数学』(KADOKAWA/角川学芸出版)、『東大人気教授が教える 思考体力を鍛える』(あさ出版)など著書多数。

目次詳細

はじめに
1日め 僕たちは、なぜ数学を勉強するのか?
2日め 中学数学を最速・最短で学ぶ
3日め いきなり! 中学数学の頂点「二次方程式」をマスターする‼
4日め サクッと理解! 中学数学の「関数」をマスターする‼
5日め 余裕で! 中学数学の「図形」をマスターする‼
6日め 〈特別授業〉数学の最高峰「微分積分」を体験してみる!!
おわりに