学ぶ。みがく。変わる。
HOME マネー・投資 マネープラン はじめての人にもわかる金融商品の解剖図鑑
はじめての人にもわかる金融商品の解剖図鑑
定価 1,728円(税込)
判型 A5判
体裁 並製
頁数 208頁
ISBN 978-4-7612-7338-5
発行日 2018年4月16日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

はじめての人にもわかる金融商品の解剖図鑑

吉澤大 /著 

内容紹介

「有望な金融商品」と「ボッタクリな金融商品」は切り分けられる!

本書は、自ら血を流した投資家で、かつ税理士でもある著者が、全くのポジショントークなしの本音ベースで、金融商品の真の姿を“解剖”します。

世に数多(あまた)ある金融商品は、それぞれがメリットをアピールして私たちの気を引きます。
ですが、確実に値上がりする商品などありませんし、運用すれば、必ず「手数料」などのコストがかかります。また、利益にはほぼ間違いなく「税金」が課せられます。
つまり、確実に儲かる「お宝商品」なんてものはないのです。

むしろ、自分に都合のいいことだけを考える買い手をカモにするような「ボッタクリ商品」の罠が、そこかしこに仕掛けられています。

私たちにできることは、そんなボッタクリ商品を見抜くとともに、コストが安くて税金も安く済む、賢い運用方法を見つけること。
そうすれば、確実に儲かる「お宝商品」は無理でも、リスクを抑えながら将来的に儲かる確率が高い「有望な商品」を探し当てることができるでしょう。

本書では、投資信託や上場株式などさまざまな「投資商品」を取り上げるほか、支出型の金融商品である「住宅ローンや生命保険」の見直し策も深掘りします。さらに、税理士である著者が、「資産運用に関する税制優遇措置」についても、詳しく解説していきます。

著者について

1967年生まれ。税理士。明治大学商学部卒業。國學院大學大学院経済学研究科博士前期課程修了。1994 年、26歳で吉澤税務会計事務所を設立。

「個人と会社の資産の最大化」の支援をミッションとして、経営者や資産家に対して投資のアドバイスのほか、手許資金を増やす節税対策の立案や、効率的な資金調達の支援など、多様な分野で難問を解決する「社長のファイナンス用心棒」。

自らが、個人投資家としてこれまでに国内の株式、投資信託、不動産から海外のファンド、仮想通貨などに幅広く投資を行っており、その経験をもとに顧客の資産運用をサポート。また、経営者向けの節税保険のカラクリを知り尽くしているがゆえに、単に税負担を削減するだけではない全体最適を考慮した生命保険の見直しにも尽力している。

長年、事業資金の金融機関からの調達や経営者の節税を支援してきた知見を活かし、ビジネスパーソンに対しても、住宅ローンの繰り上げ返済、借り換えによる利息負担軽減や保険の見直し、資産運用に関する節税対策のアドバイスも行っている。

著書に、シリーズ27万部を突破した『図解 意外と分かっていない人のための会社のお金の常識41』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)のほか、『不動産の税金の基本を学ぶ』『ケチな社長はなぜお金を残せないのか?』 (かんき出版)など多数。

目次詳細

第1章 投資信託を解剖する
投資信託全体を解剖してみる
インデックスファンドとアクティブファンド
株式投資信託と公社債投資信託
ブル・ベアファンド
毎月分配型投資信託
ETF
REIT
ファンドラップ

第2章 個別投資を解剖する
個別投資全体を解剖してみる
上場株式
公社債
個人向け国債
EB債
外貨預金・外貨MMF・FX
先物取引・オプション取引
金関連投資
仕組み預金
賃貸用不動産(リスクとリターン)
賃貸用不動産(節税効果)
仮想通貨

第3章 ローンを解剖する
ローン全体を解剖してみる
民間住宅ローンとフラット35
繰り上げ返済
住宅ローン借り換え
リースとレンタルとローン

第4章 保険を解剖する
保険全体を解剖してみる
定期保険と終身保険と養老保険
医療保険とがん保険と就業不能保険
個人年金保険
逓減定期保険と収入保障保険
共済
払済と転換

第5章 得する金融商品の税制を解剖する
得する金融商品の税制の全体を解剖してみる
特定口座でも確定申告
上場株式等の譲渡損失の繰越控除
個人型確定拠出年金=イデコ(表バージョン)
個人型確定拠出年金=イデコ(裏バージョン)
NISAとジュニアNISA
つみたてNISA
小規模企業共済
住宅ローン控除
ふるさと納税
会社で資産運用