学ぶ。みがく。変わる。
HOME 自己啓発・人文科学 心理 「ゆるせない!」がスッキリなくなる方法
「ゆるせない!」がスッキリなくなる方法
定価 1,404円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 192頁
ISBN 978-4-7612-7321-7
発行日 2018年2月19日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

「ゆるせない!」がスッキリなくなる方法

倉橋 竜哉 /著 

著者による動画

著者インタビューを公開しました

内容紹介

思い出すだけで腹が立つことや、何年も消えない他人への恨みが頭の中を占領している人。
家族や同僚に対して、ささいなことでイライラしている人。
一方で、小さな失敗をいつまでも引きずっていたり、ふがいない自分自身に苛立っている人。
そんな人たちが抱える気持ちは、他人や自分を「ゆるす」ことで解決できます。

「でも、ゆるせないものはゆるせない!!」

そう思う人もいるでしょう。
しかし、「ゆるさない」ことはあっても、「ゆるせない」ことはありません。
「ゆるす」か「ゆるさない」かは、自分で決められるのです。
本書では、「ゆるせない」を「ゆるし」に変えるコツや、ゆるすと手に入る嬉しいメリットをご紹介。
併せて、呼吸法のプロである著者だからこそ教えられる、感情を整えるとっておきの呼吸法もお伝えします。

自分の気持ちに向き合って、ふっと一息ついて、「ゆるせない!」をゆるせるようになってみませんか?

著者について

日本マイブレス協会代表理事。神奈川県出身。同志社大学経済学部卒業。5歳のとき、生まれたばかりの弟が亡くなり、父親から「死ぬということは、息ができなくなることだ。おまえは息ができることに感謝しなさい」と教えられたことをきっかけに呼吸に興味を持つようになる。以来、医療、禅、スピリチュアルなど、あらゆる呼吸法を学習、実践。怒りやイライラの軽減、緊張緩和、集中力、継続力など、「セルフコントロール」と「呼吸」の関係性を研究、これまで学んできた呼吸法を体系化し、「マイブレス式呼吸法」を開発。「日本マイブレス協会」を設立し、呼吸法を生かした、心身を整えて、どんな外的状況においても心がブレない技術を伝え、講師の育成も行っている。

直接指導を行った「ブレスプレゼンター」と呼ばれる認定講師は100名を超え、全国各地で呼吸法講座を開催している。2014年にはオーストラリア3都市にて呼吸法講座を開催し、高い評価を受ける。以来、「マイブレス式呼吸法」は、日本国内にとどまらず海外でも注目され急速に広がってきている。2017年からは、法務省の依頼により、拘置所や少年院での呼吸法講話も行っている。

2008年に創刊したメールマガジン「毎日1分!天才のヒント」では、呼吸法のメソッドや頭の使い方などについて配信。現在まで毎朝欠かさず配信しており、購読者数は3万人を超える。著書に『呼吸で心を整える』『呼吸を変えると、人生が良くなる』(フォレスト出版)がある。
日本マイブレス協会ウェブサイト http://www.mybreath.jp/

目次詳細

第1章 「ゆるす」か「ゆるさない」かは自分で決められる
あなたの「ゆるせない診断」をしてみよう!
ひみつ1 「ゆるさない」ことはあっても、「ゆるせない」ことはない
ひみつ2 「ゆるさない」は恐怖と執着の心にあり
ひみつ3 「ゆるさない」は快感である
ひみつ4 「甘やかし」はゆるしではない
ひみつ5 「ゆるさない」はカラダの汚れと同じ
ひみつ6 「ゆるせない自分」をまずゆるしなさい
ひみつ7 「ゆるし」は人生を豊かにする肥やしとなる

第2章 「ゆるさない」をスッキリ手放す3つの呼吸法
呼吸法が「ゆるし」に効くワケ
呼吸法1 「ゆるめる呼吸」―ゆるすためには、まず心と体をゆるめよう
呼吸法2 「鎮める呼吸」―怒りやイライラは呼吸で受け流そう!
呼吸法3 「ゆるしの呼吸」―ゆるさないことを自分の糧にしてしまおう!

第3章 ゆるすとスーッと楽になる
ゆるしから贈られる8つのプレゼント
プレゼント1 心だけでなく体の不調が改善する
プレゼント2 顔つきが良くなり、周りから愛されるようになる
プレゼント3 親子、夫婦など身近な人との関係が良好になる
プレゼント4 恋愛や婚活がうまくいく
プレゼント5 経営者、管理職のマネジメント力アップ
プレゼント6 直感力や発想力を日常で活かせるようになる
プレゼント7 時代の流れに柔軟に対応できる
プレゼント8 アタマの時間を有意義に使える

第4章 「ゆるせない!」が「ゆるし」になった人たち
事例1 仕事ができない自分がゆるせない
事例2 同僚にいちいちいらだつ自分がゆるせない
事例3 夫の死後、ひとりだけで楽しむ自分をゆるせない
事例4 反抗期で暴言を吐く自分の娘がゆるせない
事例5 病気の治療に協力してくれない夫がゆるせない
事例6 教師なのに子どものことがゆるせない