学ぶ。みがく。変わる。
HOME ビジネススキル・キャリア キャリア 働き女子が輝くために28歳までに身につけたいこと
働き女子が輝くために28歳までに身につけたいこと
定価 1,404円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 224頁
ISBN 978-4-7612-7296-8
発行日 2017年11月13日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

働き女子が輝くために28歳までに身につけたいこと

漆紫穂子 /著 

読者様の声

  • 自身が教育に携わる仕事をしているので、大変勉強になったことはもちろん、自らの生き方もあらためて考える機会をいただきました。ありがとうございます。(40歳女性・教育/研究者)
  • 「目からウロコだった」と言う上司の薦めで買った。来年56歳を迎える私にも、“うんうん”うなずくこと多々でした。(55歳女性・会社員)
  • 現在25歳、仕事、将来、人間関係などあらゆることに急に悩み出し、もやもやした気持ちでいっぱいでした。書店でこの本のタイトルを目に資、本の中も見ずに購入しました。人生の先輩の言葉がいかに価値があるか思い知りました。購入してよかったです。(25歳女性・会社員)
  • 最近28歳になり、書店で偶然28歳というフレーズに目が留まりました。転職して約1カ月。今までやったことのない仕事に就き、不安でしたが、本を読んで前向きな気持ちになりました。仕事に対する考え方が変わり、少し楽になりました。(28歳女性・会社員)
  • 23歳の娘や同僚など周りの若手女子の考え方や指導に行き詰っているため購入。(52歳女性・教育/研究者)
  • 28歳までにというのが目に入り、自分と同じ教員の方が書かれている本だったので購入しました。(26歳女性・公務員)
  • 中学生の娘がいて、その子が進路で迷ったときに役に立つかと思いました。(48歳女性・医療/福祉)
  • P20~21に共感し、保護者会の一部内容と重なったので紹介させていただきました。(38歳男性・管理職)
  • 29歳、結婚1年目。出産やキャリアなど、今後の自分の人生をどうすべきか悩み、この本を手にした。社会で活躍する女性も同じ悩みを持ちながらも自身と向き合い、自分なりの活躍する場を火論ていると知った。「女性の生き方」のヒントがたくさんあり、大変勉強になった。(29歳女性・会社員)
  • ガチガチの自己啓発本ではなく、「好きなこと」「できること」みたいな感じで悩みに寄り添った内容で、気付きがあると思ったので購入。(27歳女性・営業職)

内容紹介

本書は「28歳」をキーワードに、仕事でステップアップしたり、女同士の人間関係のトラブルを乗り越えるためのコツや、噂話に巻き込まれない方法、弱ったときに駆けこめる安全地帯(セキュアベース)についてなど、すべての女性に役立つことを本音でお伝えします。
出産年齢にタイムリミットがある女性には、ワーク・ライフ・バランスを考える時期が男性より早くきます。28歳という年齢は、仕事では多くの経験を積み、プライベートでは結婚や出産という選択肢が生まれる、まさに人生のターニングポイントなのです。
著者は都内有数の人気校となった、中高一貫校・品川女子学院の6代目校長(2017年に校長と兼任で理事長に就任)である漆紫穂子氏。同校で提唱している「28プロジェクト」は、「28歳をゴールにして目標を逆算することで、自らのモチベーションを高め、潜在的な能力を引き出し、自立する人を育てる」と各界から注目されている取り組みです。
本書には、「28プロジェクト」に招いた豪華なゲストスピーカーの話や、著者が体験したり聞いたりした話を掲載。大手企業に勤める女性管理職やリーダーなど、20代の働き女子や学生でなくとも考えさせられる逸話も多数収録しています。

<本書の一部をご紹介>
・28歳までに、たくさんの失敗を!
・活躍したければ、空席がどこにあるかを考える
・独り占めすると、運はぴたりと止まる
・やるべきことから逃げたくなったら
・気の合わない人と、どうやって付き合うか
・休息も仕事の一つと割り切る
・プラス思考を棚にしまって、愚痴を言い合える友だちと会う

著者について

1925年創立の中高一貫校・品川女子学院の6代目校長。2017年、理事長・校長に就任。早稲田大学国語国文学専攻科修了。

同校で提唱している「28プロジェクト」は、「28歳をゴールにして目標を逆算することで、自らのモチベーションを高め、潜在的な能力を引き出し、自立する人を育てる」と各界から注目されている。実際に経営危機だった同校の改革を7年でやり遂げ、偏差値を20ポイント以上アップ、入学希望者を60倍に跳ね上げた。その経過は、村上龍のTV番組『カンブリア宮殿』でも紹介され、学校・企業からの見学があとを絶たない。国立教育政策研究所評議委員。教育再生実行会議委員、スペシャルオリンピックス評議員も務めている。

新聞社や大学などが主催する著者の講演会には、多くの働き女子や学生などが集まり、「困難にチャレンジしている人の気持ちをよくわかって話してもらえる」と、感銘と勇気を与えている。

趣味はトライアスロン。世界選手権2012年スペイン大会・2017年カナダ大会 エイジグループ日本代表。IRONMAN Copenhagen 完走。

著書『女の子が幸せになる子育て』(小社刊)は8万部のベストセラーに。その他『伸びる子の育て方』(ダイヤモンド社)、『女の子が幸せになる授業』(小学館)、『女の子の未来が輝く子育て』(朝日新聞出版) などがある。

目次詳細

まえがき 女性の働き方に、チャンスが増えてきた
Chapter1 なりたい自分になる考え方
Chapter2 一歩前へ進むために自分を高める
Chapter3 個性としての女性を活かした働き方
Chapter4 人の心に寄り添える人になる
Chapter5 私たちの周りで、将来、起こること
〈最後に〉 働き女子との一問一答