学ぶ。みがく。変わる。
HOME 自己啓発・人文科学 自己啓発 齋藤孝の 知の整理力
齋藤孝の 知の整理力
立ち読み
定価 1,540円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 256頁
ISBN 978-4-7612-7275-3
発行日 2017年8月1日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

齋藤孝の 知の整理力

齋藤孝 /著 

本書の中身をご紹介

内容紹介

数万冊分の情報をストックして、知的アウトプットにつなげる“頭の整理法”
「知的な人」とは、どんな人でしょうか。
あなたはどんなイメージをもっていますか?

頭が切れる?
知識をたくさん持っている?
ちょっとした言葉にも、教養が感じられる人?

私は、知的な人とは、「問題解決能力」が高く、
さらに「知識が豊富」な人と考えます。
これは車の両輪のようなもので、どちらが欠けても「知性的」とは言えません。
お互いがお互いを補完し合っているからです。

知的な人は、普通の人たちとどこが違うのでしょう?
それは、「頭の整理の仕方」です。
知性のある人は、どれだけ膨大な情報やデータが入ってきても、
きちんと頭の中で適切にまとめ、処理をして、
最後には「知的アウトプット」につなげます。

本書では、知識のインプットから、頭の中の整理、
知的で生産的なアウトプットまで、知的生産の技術をすべて公開。

知性を磨きたい、深みのある大人になりたい人にお勧めの1冊です。

著者について

1960年静岡県生まれ。
東京大学法学部卒業。同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。
『語彙力こそが教養である』(KADOKAWA)や『強くしなやかなこころを育てる! こども孫子の兵法』(日本図書センター)をはじめ、教養や読書術、教育論などをテーマにした多数の著書がある。
『身体感覚を取り戻す』(NHK出版)で「新潮学芸賞」を受賞。日本語ブームをつくった『声に出して読みたい日本語』(草思社)で「毎日出版文化賞特別賞」を受賞している。

目次詳細

第1章 【アウトプット】「知」は、伝わるからこそ生きるもの
第2章 【整理1】経験に引きつけられた「知」は強い
第3章 【整理2】「知」が整理されていると、賢く見える
第4章 【強化】「知」を磨くための読書術
第5章 【インプット】知的な人は、「知」を味方にしている