学ぶ。みがく。変わる。
HOME 自己啓発・人文科学 自己啓発 いい女.bot 女(わたし)を磨く言葉
いい女.bot 女(わたし)を磨く言葉
定価 1,430円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 192頁
ISBN 978-4-7612-7080-3
発行日 2015年4月20日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • 学参ドットコム

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

いい女.bot 女(わたし)を磨く言葉

いい女.bot /著 

読者様の声

  • この本を読んで、もっと楽しんで生きていこうと思いました。(17歳女性・学生)
  • プレゼントで頂きました。心に響く文章もあり、毎日でも読みたい本になりました。(31歳女性・自営業)
  • 著者の本は前作から購入しており、今回も楽しみにしていました。女性らしく凛とした生き方を教えてくれる一つ一つのメッセージがとても心に響きます。これからも人生のバイブルとして頼りにしていきます。(19歳女性・学生)
  • とても元気になれる本でした。(45歳女性・主婦)
  • いい女.botさんのTwitterを前からフォローしていて、ステキな言葉ばかりで参考にもなり、これを実践してみよう♪と思うことがあります。(16歳女性・学生)
  • 自分を見つめ直し変わりたいと努力している最中でしたので、
    更にいい女になってやろうと思いました。心に残り考えながら気にいったのには付箋を貼りました。
    買ってよかった最高の本です。(18歳女性・学生)
  • なんとなく、前向きになれました。(22歳女性・学生)
  • 読みやすくて大好きです。前向きになりたくて買いました。(26歳女性・医療/福祉)
  • まず表紙がとても素敵だった。言葉の大切さを日々実感しているので、口にする言葉を変えれば出会う人が変わる。出会う人が変われば人生が変わる……納得です。(48歳女性・主婦)

内容紹介

キスしたくなる唇は、セクシーな言葉から生まれる。

27万人に今日も読まれている奇跡のTwitterアカウント「いい女.bot(@ionnnabot)」。
「もう一歩、いい女に近づくための名言集」をコンセプトに、
ほぼ毎日発信される短いツイートは、
「心がピュアになれる」「いい女になれる私のバイブル」など反響が大きく、
文化人からアイドル、タレントまで
幅広い人たちにフォロー・リツイート(拡散)されています。

待望の第2作目は、
本作のために撮り下ろされた「写真」と、
いい女.botの「言葉」のコラボレーション。

本を開くだけで「恋と仕事に効く」メッセージをお届けします。

購読者だけに期間限定で
「いい女になれるマストアイテム10選」(PDFファイル)を
無料でさしあげています。

著者について

エッセイスト、作詞家。学業と並行して心理学の資格を取得し、ビジネス書作家の付き人として働く。そこで得た学びをもとに、2012年5月より「いい女になるための心に刺さるひと言」をテーマにTwitter内で作家活動を開始。1年間で21万、2年で26万人のフォロワーを獲得した。

短いツイートには、「心がピュアになれる」「いい女になれる私のバイブル」など反響が大きく、文化人からアイドル、タレントまで幅広い人たちにフォロー・リツイートされている。著書に『いい女.book』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。また、女性誌やウェブマガジンにて、恋愛、女磨き、心理学などをテーマとしたコラムを寄稿している。

目次詳細

まえがき
Chapter 1 誰からも愛される女
“backstory of the words 1”
それでもすべてを愛すること。それでもすべてに感謝すること。

Chapter 2 少しだけズルい女
“backstory of the words 2”
キスしたくなる唇は、セクシーな言葉から生まれる。

Chapter 3 潔く賢い女
“backstory of the words 3”
傷つかない唯一の方法は、望まないこと。

Chapter 4 いつも素直な女
“backstory of the words 4”
憧れは、美の原動力になる。

Chapter 5 芯の強い女
“backstory of the words 5”
疑ったことに後悔するくらいなら、信じ切って騙されよう。