学ぶ。みがく。変わる。
HOME 自己啓発・人文科学 自己啓発 手塚治虫 壁を超える言葉
手塚治虫 壁を超える言葉
定価 1,512円(税込)
判型 46判
体裁 上製
頁数 160頁
ISBN 978-4-7612-7034-6
発行日 2014年10月20日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • セブンネットショッピング
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス

手塚治虫 壁を超える言葉

手塚 治虫 /著  松谷 孝征 /著 

内容紹介

人生の壁を超えるための、勇気と情熱をあなたに。

「僕だって、描くんだったら一位になりたいんです」
「原稿料は絶対に上げないでください。仕事がこなくなります」
「僕は描きたいんです。描くことなら、いくらでもある」
「頼むから仕事をさせてくれ」

「漫画の神様」と呼ばれた巨匠、手塚治虫。
彼が遺した言葉と、その背後にある人生哲学とは。

生涯で15万枚もの原稿を描き上げ、アニメーション制作に奔走し、
入院中もペンを握っていた手塚氏。
情熱のまま自分の可能性に挑戦した彼は、
その地位や才能に甘んじることなく、常に努力をし続けました。

亡くなる直前まで限界に挑んだ手塚治虫が遺したのは、
人生を「本気で生きる」ためのメッセージ。
決して平坦ではない人生を、前向きに送るためのヒントを見つけられる1冊
です。

著者について

手塚 治虫
1928年、大阪府豊中市に生まれる。戦争体験で生命の尊さに触れ、医学の道を志して医学博士になるが、結局は漫画家を選ぶ。
1946年に漫画家デビュー。『ジャングル大帝』『リボンの騎士』など大ヒット作を世に送り出す。新しい表現方法でストーリー漫画というジャンルを確立し、漫画を魅力的な芸術に高めた。1963年には国産初のテレビアニメ『鉄腕アトム』を放映。アニメーション文化を広く浸透させる。
1989年2月9日、胃がんのため、60年の生涯を閉じた。

松谷 孝征
1944年生まれ。株式会社手塚プロダクション代表取締役社長。1967年に中央大学法学部を卒業後、いくつかの職を経て、実業之日本社に入社。「漫画サンデー」で手塚治虫の担当編集者となったことが縁で、1973年に手塚プロダクションに入社。マネージャーをすることに。1985年4月から同社社長に就任。現在に至る。
手塚作品のアニメプロデュースを数多く手がけながら、亡くなるまでの16年間、手塚治虫のマネージャー役を続けた。2003年5月、日本動画協会理事長に就任、2009年に辞任。2010年からは映像産業振興機構の理事長に就任。
手塚作品の著作権管理とアニメーション制作を行いつつ、手塚治虫の遺志を継ぎ、手塚治虫の心を世界の子どもたちに伝えるよう、またアニメや漫画を世界に普及させるための活動を続けている。

目次詳細

CHAPTER1 努力
CHAPTER2 仲間
CHAPTER3 情熱
CHAPTER4 信念