学ぶ。みがく。変わる。
HOME 外国語・資格 英語 一流のエリートが通う「英語脳力」養成講座
一流のエリートが通う「英語脳力」養成講座
定価 1,598円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 256頁
ISBN 978-4-7612-7011-7
発行日 2014年7月7日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

一流のエリートが通う「英語脳力」養成講座

田中 栄一 /著 

内容紹介

脳科学者の茂木健一郎氏と、
LINE社長の森川亮氏が推薦する、
効果が実感できる英語勉強法!

一流のエリートが通う「英語脳力」養成講座というものがある。
そこには、国内企業、外資系企業のエリートたちがこぞって通う。

本書は、
エリートが通う講座の内容を書籍化。
ポイントは、脳に「英語領域」をつくること。


英語は、左脳と右脳の機能から、発音できないと聞き取ることが
できない(本書で詳しく紹介)。反対に、正しい音を発音できると、
ラクラク聞き取ることができる。

つまり、正しい英語の音を身につけると脳に英語領域ができ、
英語で考え話せるようになる。
これが「英語脳力」であり、
講座に通う国内企業や外資系企業のエリートたちは、
その効果を実感している。

本書は、
「受験英語」や「英会話スクール」「聞き流し英語」など
従来の英語勉強でうまくいかなかった人も、
誰でも、いくつからでも始められる方法を紹介。

たった32個の英語の「正しい音」を身につけるだけで、
脳に「英語領域」ができ、
ネイティブに通じる英語が話せるようになる。

著者について

1984年に19歳で単身オーストラリアへ渡り、
ハンググライダー世界チャンピオンの元で修行をはじめる。
このとき初めて生の英語に触れて、自身の英語力の乏しさを
実感するとともに、英語が通じないと命を落としかねない
ことを痛感する。

そこで、ハンググライダーの師匠やネイティブ・スピーカーの
友人に英語の発音のしかたとスペル、意味を聞いて、
競技に必要な英語力をものにしていく。

翌年の85年から世界各地の国際大会に出場しはじめ、
86年に日本選手権で優勝。21歳で最年少日本チャンピオン
となる。ハンググライダー競技で世界を転戦するなかで、
独自の方法で英語発音をマスター。

帰国後はハンググライダーの練習法と指導法を研究しながら、
若手選手や指導者の育成に力を注ぐ。同時に、確実に通じる
英語の「発音法」と「誰でもできる訓練法」を体系化する。

競技生活引退後は、活躍の場を広げるために山城経営研究所の
主任研究員として企業の人材育成や業務改善の指導に従事する。
その後も、広く企業の人材育成講師として活動をつづけながら、
2012年に教え方研究所を設立。

ビジネスパーソン向けの「英語発音矯正塾」、
企業向けの「英語発音研修プログラム」、
子ども向けの「えいご発音あそび」など、
「英語脳力」養成講座を開講して好評を博す。

現在はその実績をかわれ、カゴメ株式会社、味の素株式会社、
第一三共株式会社、株式会社ニューバランス ジャパンなどの
国内企業や外資系企業のビジネスパーソンを中心に
英語発音の指導も行っている。

目次詳細

第1章 一流のエリートは知っている。「従来の勉強法」が、なぜうまくいかないのか!?
第2章 一流のエリートの脳に英語領域ができているのは、「正しい発音」が身についているから
第3章 「カタカナ英語」を矯正して、ネイティブに通じる「正しい発音」を覚える
第4章 ネイティブに「通じる音」を最短でつくる基本の発音トレーニング
第5章 一流のエリートが身につけている32個の「正しい発音」