学ぶ。みがく。変わる。
HOME 自己啓発・人文科学 嫌なことを言われた時のとっさの返し言葉
嫌なことを言われた時のとっさの返し言葉
定価 1,404円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 192頁
ISBN 978-4-7612-7367-5
発行日 2018年9月10日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

嫌なことを言われた時のとっさの返し言葉

森 優子 /著 

内容紹介

上司や後輩、親しい人からのまさかのひと言に、
関係を壊さずに笑顔でチクリと返す方法!


みなさんは、いきなり嫌なことを言われたとき、どうしていますか?
「上手にかわしたいけど、できない」
多くの人が、そう思って悩んでいるのではないでしょうか。

嫌なことを言われると、気分が悪いですよね?
相手に悪気があろうがなかろうが、ムカっとしてイラっときます。
傷つくことを言われれば、心が折れそうになります。
たいていは顔に出て無言になるか、カッとなって攻撃的になるかのどちらかです。

「このーっ! と心で叫んでみても、自分の立場を考えると黙ってしまう」
「許せなくて、つい売り言葉に買い言葉のようになってしまう」
「後からくやしさがこみ上げて、言い返せなかったことをすごく後悔する」

そんな声を、たくさん聞きます。
二度と会わない相手ならまだしも、日々顔を合わせる職場の上司や先輩、取引先、
学生時代の先輩後輩、友人、近所の人、ママ友、生涯つき合いが発生する親戚とは、波風を立たせず上手につき合っていくほうがいいのはわかっています。

ですが、そのために嫌なことを言われてもがまんしてばかりでは、
いつまでも嫌な気持ちのままです。
またはカッとなっても、相手との関係はよい方向には向かいません。
場合によっては、人と会うのが怖くなってしまうことにも繋がります。

残念ながら、嫌なことを言ってくる人は本当に多くいます。
世の中は、ストレスだらけ。日々、心の戦いをしているようなものです。
本書は、そんなストレス戦士たちに、自分を守ってもらうためのものです。

突然の嫌な言葉にも慌てることなく上手にかわし、
チクリと返してすっきりする術を伝えていきます。

著者について

コミュニケーション・アドバイザー。東京生まれ。短大卒業後、西武グループに入社。西武ライオンズのチアリーダーに従事する。結婚、離婚を経てシングルマザーになり、大手求人広告会社にて求人広告の法人営業を担当。お客さまの心をつかむ営業で、2年目には通期(年間4クオーター)を通して「売上、新規売上、新規社数」の全目標を達成した者だけに与えられる、「グランドスラム賞」をとり表彰される。さらに、グループ内における月間MVP賞や月間売上トップ賞をたびたび獲得する。

その一方で、生活のために夜は銀座のクラブホステスとして14年間働き、ナンバーワンホステスの座をキープ。銀座全体が不況にあえぐなか、安定した売上を誇りチーママ的存在として、オーナーママや後輩ホステス、お客さまからも絶大な信頼を得る。2013年、両親の介護のために惜しまれながらホステスを引退。

14年間のダブルワークにおいて、大企業から中小企業、個人事業主までさまざまな業界の成功者、成功していく姿を数えきれないほど身近で観察、その数は1000人を超える。その貴重な経験で培った「人間審美眼」を生かして2015年に、従業員の印象やコミュニケーションスキルをアップさせるコンサルティング事務所「マリアージュ」を開業。お客さまの心をつかむ接客術、人心掌握術をはじめ、人生の目標を達成するための力をつけるコミュニケーション・アドバイザーとして、クライアントから絶大な支持を得ている。

目次詳細

プロローグ 自分を守りながら上手に反撃するために
第1章 避けられない上司や先輩の嫌な言葉
第2章 思いもかけない後輩の嫌な言葉
第3章 あるあるすぎるお酒の席での嫌な言葉
第4章 対処がむずかしい父母会などでの嫌な言葉
第5章 まさかの親しい人の嫌な言葉
とっさの返し言葉フレーズ集