学ぶ。みがく。変わる。
HOME ビジネススキル・キャリア 仕事術 文系でも仕事に使える統計学はじめの一歩
文系でも仕事に使える統計学はじめの一歩
定価 1,728円(税込)
判型 A5判
体裁 並製
頁数 224頁
ISBN 978-4-7612-7317-0
発行日 2018年2月13日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

文系でも仕事に使える統計学はじめの一歩

本丸 諒 /著 

本書の中身をご紹介

読者様の声

  • R言語のセミナーを受講する機会があり、「統計」に興味を持ったのですが、ほかの本を読んでも頭に入ってきませんでした。本書はとてもおもしろく、理解できました。次は、もう1ランク上げた本を読めそうです。(54歳男性・技術職)

内容紹介

★もともと統計学とは、「一を聞いて十を知る」方法のこと。ITの進歩によってビッグデータの分析が進み、統計学に対する注目度も高くなっています。とくに文系のビジネスパーソンには、統計学を駆使して仕事をしたい、という憧れがありますよね。データをもとに上司に報告したり、グラフを見せながら「直感よりもロジックで」顧客相手にプレゼンができるようになったら、ワンランク上のビジネスパーソンになれるはずです。

★そこで、本書の出番。たくさんのイラストや図解を交えながら、1つひとつ階段を上がるように統計学のエッセンスを伝えます。とくに、統計学のキーワードがイメージとして伝わること、そして、「ひと言でいうと、それは何なのか」ということを示すように努めました。

★たとえば、「正規分布」という概念は一見、難解な印象がありますが、実際には「日常よく見られる、ふつうの分布」という程度の意味です。成熟したリンゴをたくさん集め、その重さを測ると、「平均の重さ」の周辺が一番多くなり、その平均を中心に、重いリンゴ、軽いリンゴが徐々に減り、なだらかなカーブを描いていくだろうと見当がつきます。これが正規分布です。

★同じように、本書では「平均値」「分散」「標準偏差」「推定」「仮説検定」などのキーワードを取り上げてわかりやすく解説しました。また、データの「信頼性」や「尺度」、グラフ化する場合の「注意事項」など、統計学と仕事をつなぐポイントについても詳しく説明しました。

★AI時代、IoT時代に生き残るための「最強の武器」を手に入れましょう!

著者について

横浜市立大学卒業後、出版社に勤務し、サイエンス分野を中心に多数のベストセラー書を企画・編集。特に、統計学関連のジャンルを得意とし、入門書はもちろん、多変量解析、統計解析といった全体的なテーマ、さらにはExcel での統計、回帰分析、ベイズ統計学、統計学用語事典など、30冊を超える本を手がけてきた。また、データ専門誌(月刊)の編集長としても、部数増など敏腕を振るう。

独立後、編集工房シラクサを設立。サイエンス書を中心としたフリー編集者としての編集力、また、「理系テーマを文系向けに<超翻訳>する」サイエンスライターとしてのライティング技術には定評がある。日本数学協会会員。

著書(共著を含む)に、『意味がわかる微分・積分』(ベレ出版)、『身近な数学の記号たち』(オーム社)、『マンガでわかる幾何』(SBクリエイティブ)、『すごい!磁石』(日本実業出版社)などがある。

目次詳細

プロローグ ゴミデータからは、ゴミ解析しか生まれない!
1章 急がば急げ、統計学のイッキ読み!
2章 データとグラフで大失態を演じないために!
3章 [平均値・分散] の2つを理解しよう!
4章 正規分布を体感する!
5章 サンプルから母集団の特徴を「推定」する
6章 仮説を立てて、正しいかどうかを確率で判断する!
番外編 「人の直感」は案外、アテにならない?