学ぶ。みがく。変わる。
HOME ビジネススキル・キャリア リーダーシップ シリコンバレー式 最強の育て方 ―人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング―
シリコンバレー式 最強の育て方 ―人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング―
定価 1,540円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 240頁
ISBN 978-4-7612-7286-9
発行日 2017年9月11日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

シリコンバレー式 最強の育て方 ―人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング―

世古詞一 /著 

読者様の声

  • 経営上参考になりました。分かりやすい本だと思います。(59歳男性・会社員)
  • すぐに実践できるような構成になっている。かつスマホでPDFダウンロードができる点がとても良かった。
    (33歳男性・管理職)
  • 1on1での面接をしていく予定があったので購入。(25歳男性・管理職)
  • 飲食店に勤務しており、人を育てる立場になりました。突然の退職を防ぎ、自分から動く従業員を育てていきたいと強く思いました。その時に出会ったのがこの本です。
    (25歳男性・会社員)
  • 部下とのコミュニケーション。部下自ら考えて行動するには?が課題だった。
    (37歳女性・管理職)
  • 職場のコミュニケーションに課題を持っていたため購入。具体的にアドバイスがあり、とても参考になった。最近読んだ中で、この本が一番良かったです。
    (39歳女性・会社員)
  • サイバーエージェントの曽山さんがHLCでオススメしていたため、購入。
    (29歳女性・管理職)
  • 職場の活性化を図るのに最適な本はないかと書店の棚を眺めていて手に取りました。現場レベルの視点に立った内容で、著者の考えにも共感しました。(57歳男性・自営業)
  • 部署内で暗に人の陰口が耳に入るようになったので購入。本書を実践していくことで、他人への不満より自己目標が持てるのではないかと思っています。(52歳男性・管理職)
  • 今通っている就労移行支援事業所では月末に月末カンファレンスという面接をうけることができます。せっかくのチャンスなのにいつもうまくしゃべれないので、この本なら何かヒントがあるかも!と「はじめに」と「もくじ」を読んで思ったので購入しました。(28歳女性・その他)
  • Amazonの人気ランキングで見て購入。私自身、外資系勤務のため1on1は実施しているが、「1on1のやり方」を学んだり、ほかのマネージャがどういうやり方をしているのかを知る機会がなかった。フリースタイルの中で外してはいけないポイントを知れたのは良かった!(42歳男性・管理職)
  • 経営上参考になりました。分かりやすい本だと思います。(59歳男性・会社員)
  • 表現が柔らかく実践に非常に近く、イメージが湧きやすい。非常に良い。(49歳男性・管理職)
  • 今後の管理職としての考え方を見直すため購入。(59歳男性・管理職)

内容紹介

月30分の対話で、社員が
自分から動く やる気が続く いきなり辞めない

Google、ヤフーなど業績が伸びている会社では、既に当たり前!

「働きがいのある会社」3年連続1位の
会社で実証した著者のノウハウを公開!


米国のシリコンバレーでは、上司と部下とのコミュニケーションで1on1ミーティングというカルチャーが当たり前になっています。
上司と部下が週に一回、30分~1時間程度「必ず」一対一の面談を行うのです。
自由に話しあうことで、上司が部下の考えや今の状態を把握して関係構築を図っており、マネジャーの重要な役割になっています。
シリコンバレーでは人材が宝です。優秀なエンジニア一人で会社の命運が変わることもあります。
生き馬の目を抜くような世界ですので、会社に得るものがなくなれば優秀な人材はすぐ他社に流れていきます。
〈中略〉
離れていてもコミュニケーションが取れる今の時代だから、ツールを使って最先端のコミュニケーションを使っているシリコンバレーだからこそ、フェイストゥフェイスのコミュニケーションを大切にしています。
ですので、私が現地で取材した中には、1on1の時間を「クオリティータイム(部下にとって高質で貴重な時間)」と言っている企業もありました。
私はこのシリコンバレー式のマネジメント手法が、今まさに日本で必要だと思っています。
〈中略〉
それぞれのマネジャーが持っているブラックボックスの「秘伝」を、私はヒアリングさせてもらい、実際に参加し、時には録音させてもらうなどして多くのケースに触れました。その経験を通して、マネジャーへのアドバイスやコーチングを行い、1on1を改善してまいりました。本書は、そのノウハウをメソッド化した1on1ミーティングの手法についてご紹介しています。―「はじめに」より

著者について

1973年生まれ。千葉県出身。
組織人事コンサルタント。月1回30分の1on1ミーティングで組織変革を行う1on1マネジメントのプロフェッショナル。
早稲田大学政治経済学部卒。株式会社サーバントコーチ代表取締役。株式会社VOYAGE GROUPフェロー。
Great Place to Work®Institute Japan による「働きがいのある会社」2015、2016、2017中規模部門第一位の株式会社VOYAGE GROUPの創業期より参画。
営業本部長、人事本部長、子会社役員を務め2008年独立。コーチング、エニアグラム、NLP、MBTI、EQ、ポジティブ心理学、マインドフルネス、催眠療法など、10以上の心理メソッドのマスタリー。
個人の意識変革から、組織全体の改革までのサポートを行う。
クライアントは、一部上場企業から五輪・プロ野球選手など一流アスリートまでと幅広く、コーチ・コンサルタントとして様々な人の人生とキャリアの充実、目標実現をサポートしている。

著書に、『シリコンバレー式 最強の育て方-人材マネジメントの新しい常識1on1ミーティング―』(かんき出版)、『対話型マネジャー 部下のポテンシャルを引き出す最強育成術』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。

目次詳細

はじめに
第1章:なぜ、今1on 1ミーティングで人も会社も変わるのか
第2章:1on 1ミーティングで何を話すのか―部下と信頼を構築するために
第3章:1on 1ミーティングで何を話すのか―部下の成長を支援するために
第4章:1on 1ミーティングを始めてみよう
おわりに
1on 1ミーティング質問・伝え方一覧