学ぶ。みがく。変わる。
HOME 自己啓発・人文科学 自己啓発 20代の生き方で人生は9割決まる!
20代の生き方で人生は9割決まる!
定価 1,404円(税込)
判型 46判変形
体裁 並製
頁数 224頁
ISBN 978-4-7612-7272-2
発行日 2017年7月18日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

20代の生き方で人生は9割決まる!

金川顕教 /著 

本書の中身をご紹介

読者様の声

  • 立ち読みをして、気になる内容だったので買いました。「幻の187項目」も受け取るため、LINEで友達になりました。本の内容はすべて勉強になり、さっそくP214「モノは最小限度でいい」を実践しています。P39「私が10年以上かけて獲得してきた経験知がぎっしり詰まっている」本書をこの価格で買えてありがたいです!!(29歳女性・会社員)
  • お店でタイトルを見て気になり中身を見てみたら内容がとても良く買いました。仕事頑張ろう!と思えました。
    (27歳男性・管理職)
  • 立ち読みをして、気になる内容だったので買いました。「幻の187項目」も受け取るため、LINEで友達になりました。本の内容はすべて勉強になり、さっそくP214「モノは最小限度でいい」を実践しています。P39「私が10年以上かけて獲得してきた経験知がぎっしり詰まっている」本書をこの価格で買えてありがたいです!!(29歳女性・会社員)
  • 表紙の写真とタイトルにインパクトがあって手に取った。簡潔に書かれていたので、読書慣れしていなくてもすぐに読み切れた。(19歳男性・学生)
  • まず思ったのは、自分の時間が無くなることが嫌で起業すること、そう考える時点で本気度の違いを見せつけられた。お金の動き等はよくわからないが、わからないなりに理解できた。(21歳男性・学生)
  • 題名が面白かったことと、現代の生き方に不安を感じていたので何か自分を変えるきっかけになったらいいなと思い購入しました。(21歳女性・医療/福祉)
  • とても落ち込んでいて無気力状態だったので、何かやる気を出すきっかけが欲しくて購入しました。少し過激とも思われる内容ですが、今の自分には刺激的で、やる気がわいてきました。文字の大きさも読みやすかったです。(25歳女性・その他)
  • 20代最後なので、気になり手に取ってみた。5大リスク、参考になりました。ついテレビは見てしまうので気を付けたい。(29歳女性・会社員)
  • 私はすでに70代ですが、20代になったつもりで読んでいます。2冊買いました。(71歳女性・医療/福祉)
  • ちょうど仕事で挫折した後だった。ペラペラめくって、読みやすそうだと思ったし、今の私に必要なことが書かれていると思った。(24歳女性・教育/研究者)
  • 少し読んですごく面白かったので買いました。(28歳男性・自営業)
  • 著者に魅力があったから購入。タイトルを見て、内容が読みたくなった。(25歳女性・会社員)
  • メルマガを読んでいて気になった。タイトルも気になったので購入。(27歳男性・会社員)
  • 20代で一生分のお金を稼ぐ生き方をしたいと思って買いました。スピード、すぐ行動を意識して行動していきます。(23歳男性・技術職)

内容紹介

死ぬまでお金に困らないために
20代でしておくべきこと!

一流大学卒業という学歴、安定した一流企業の社員という立場、難関な公認会計士の資格。それらをすべて捨て、非常識といわれる行動をしてきた著者が20代でありえない成功を収めた、その考え方、ノウハウを公開!

20代の生き方で人生の9割が決まる!
これは、私自身の体験で得た、心底からの実感だ。
そして「20代の生き方」とは、言葉を変えれば、何もかも忘れて一心に目標に向かって努力し続けることに尽きると考えている。
多くの成功者たちは、異口同音に、「若いうちに、無我夢中で、いや、死に物狂いで努力した期間がなければ、どんな世界でも成功は望めない」といっている。
私はそれを、若いころに読んだ数えきれないほどの本や、セミナーや講演会などでの多数の成功者との出会いから知ると、本気になって実行した。
いま、振返ってみても、20代は、とくに、20代になる直前から20代の前半は「勉強していた」こと以外に何も覚えていない。実際に、18~24歳ぐらいまで、私は勉強しかしていなかったのだ。ただただ集中して全身全霊を傾けて学び、働き、自分を磨き、鍛えていた。
〈中略〉
現在、私は毎日、3,4時間仕事をすると、愛車のマセラッティで好きなところに出かけて、自由な時間を心ゆくまで楽しむという日々を実現している。住まいは港区の超高層マンションの最上階だ。

この本には、この現在を実現するまで、20代の私がどう過ごしてきたか、その経験値がずっしり詰まっている。稼げる人になるためのヒントも惜しみなく盛り込んだ。一生お金に困らない人生を生きたいなら、この本に書いてあることを1つ1つ、実行してみてほしい。
3か月か半年もすると、自分が変わってきたことに気づくはずだ。その変化を確信に変え、行動に移す。その行動を繰り返し、クセになるまで続けて、自分の個性、人間性にまでしてしまおう。
20代に身につけたことは一生の生き方の核になる。20代の生き方しだいで、人生の9割は決まる、は本当なのだ。
これは、あなたを脅していっているわけではない。私自身の経験、さらに、多くの成功者たちや多くの本との出会いから導き出した結論だ。
この本と出合った今日を、自分が本当に求める人生に向かって、第一歩を踏み出す記念日にしていただきたい。
―はじめにより

著者について

株式会社Social River代表取締役。三重県生まれ。東京都港区在住。偏差値35から大学進学を志し、2浪の末、立命館大学に入学。大学合格発表直後から受験勉強を資格試験に切り替え、毎日16時間以上の勉強を続け、在学中に公認会計士試験に合格する。卒業後、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツに就職。

新入社員から年収600万円が保証される生活に「これで一生安泰の人生が送れる」と思ったのも束の間、自分自身の時間が削られていく不自由さに耐えきれず、毎日の激務をこなしながら起業のための勉強を開始する。睡眠時間をはじめ、あらゆる無駄を削り、副業に費やす時間をつくる。ついには副業で給料の10倍を稼ぎ出し、軌道に乗ってきた2013年に独立。以来、事務所なし従業員なしの会社は年々売り上げを伸ばし、4年間で9億6600万円を売り上げる。サラリーマン時代には想像できなかった「経済的」「時間的」「人間関係的」に自由な日々を20代で手に入れる。

2017年、運営しているコミュニティの人数が2500人を突破。コミュニティ内の成功者は日々増え続け、連日感謝のメッセージが届く。今日も、より多くの人が自由な人生を送れるようにと仲間と奮闘を続けている。

著者に『すごい効率化』(KADOKAWA)、『財布はいますぐ捨てなさい』『チェンジ』(共にサンライズパブリッシング)などがある。

目次詳細

1章:仕事
2章:人生
3章:時間
4章:人間関係
5章:お金
6章:健康・生活