学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 井戸理恵子 (いどりえこ)

井戸理恵子 (いどりえこ)

井戸理恵子

ゆきすきのくに代表
民俗情報工学研究家

1964年北海道北見市生まれ。國學院大學卒業後、株式会社リクルート フロムエー、株式会社計算流体力学研究所などを経て現職。現在、多摩美術大学の非常勤講師として教鞭を執る傍ら、日本全国をまわって、先人の受け継いできた各地に残る伝統儀礼、風習、歌謡、信仰、地域特有の祭り、習慣、伝統技術などについて民俗学的な視点から、その意味と本質を読み解き、現代に活かすことを目的とする活動を精力的に続けている。

最近では、様々な企業の商品企画、また地域活性化、町おこしなどのコンセプトデザイン、ネーミングなどに携わるほか、映画やオペラ、アニメなどの時代考証、アドバイザーも務めている。「Back to future Japan(日本の未来に還ろう)」をコンセプトに、人間国宝や職人、科学者、神社界・仏教界の重鎮たちをネットワークし、伝統技術の継承にも積極的に関わっている。
その他、アトモスフェア・デザイン合同会社代表、東京北見会会長、河西ぼたん園顧問。現在放送中のニッポン放送『魔法のラジオ』原案、監修なども手がける。
主な著書に『暦・しきたり・アエノコト 日本人が大切にしたいうつくしい暮らし』『こころもからだも整うしきたり十二か月』(ともに、かんき出版刊)『日本人なら知っておきたい!カミサマを味方につける本』(PHP研究所)などがある。

著作一覧