学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 本田大三郎 (ほんだだいさぶろう)

本田大三郎 (ほんだだいさぶろう)

1935年熊本県生まれ。子どものころからスポーツ万能で、八代高校に進みハンドボール部主将を務める。同校卒業後、自衛隊に入隊し、自衛隊体育学校第1教育課にてハンドボールやラグビーの指導にあたる。
その後、カヌー競技に取り組み、日本代表チーム主将として東京オリンピックの「1000mカナディアンペア」をはじめ、世界選手権などに出場。現役引退後は、コーチとしてミュンヘンオリンピックの選手団に同行した。
40歳のころ、横浜市消防局からヘッドハンティングされ、体育訓練担当課長に就任。消防の作業をスポーツで体系化するなど、職員の体力強化に尽力した。現在は、スポーツ教室「マホロバ・ホンダカヌースクール」(神奈川県三浦市)の代表として、青少年向けに各種スポーツを指導している。
親族からも優秀なアスリートを多数輩出している。兄の孫であるサッカー選手本田圭佑は、北京五輪とFIFAワールドカップ南アフリカ大会に日本代表として出場。長男のプロレスラー本田多聞も、アマレス時代にロサンゼルス、ソウル、バルセロナと3大会連続でオリンピックに出場。全日本選手権8度優勝という実績を残した。著者が考案し、圭佑や多聞に書き方を指南した練習日誌「本田ノート」は、マスコミで何度も紹介され大きな話題を呼んだ。

著作一覧