学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 アルトゥル・ショーペンハウアー (あるとぅるしょーぺんはうあー)

アルトゥル・ショーペンハウアー (あるとぅるしょーぺんはうあー)

Arthur Schopenhauer(1788~1860)
19世紀ドイツの哲学者。ダンツィヒ(現、グダニスク)に生まれ、裕福な商人の家庭で育つ。父の死後、大学に進み、プラトンとカントを研究。ゲーテと交わり、その後、インド哲学を学ぶ。1819年に著した代表作『意志と表象としての世界』はヨーロッパのペシミズム(悲観主義) の源流と言われ、ニーチェ、トルストイ、トーマス・マン、ワーグナーなどに影響を与えた。
日本では芸術論・自殺論などで知られているが、むしろ博学で、法律学から自然学まであらゆるジャンルを網羅した総合哲学者という側面が強い。
主な著書として、『人生知のための金言集』『哲学小品集』などがある。

著作一覧