学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ イクボスのすすめ ~職場革命~

イクボスのすすめ ~職場革命~

ワークライフバランスを実践しつつ、会社の業績を向上させた社長としての経験、
自身の家事・育児の経験から学ぶ

 

元祖「イクボス」が伝えるイクボス研修。
「イクメン」という言葉がない時代から、家事・子育てを夫婦で分担。
PTAの会長、少年野球のコーチ、NPOの代表などの社会活動も実施。
そのため、長期出張、早朝会議、深夜残業、休日出勤などが難しかった。
しかし、「成果で倍返し」をモットーに、仕事に集中し、誰からも非難されないよう心掛けてきた。
2012年に社長就任後、「日本で一番働きたくなる会社」になるように、社内制度導入、社員の働き方改革と意識改革、業務効率化と
生産性向上を推進し、3年間で、社員の残業時間が1/4に削減。利益は8割増え、時価総額は倍増した。
さらに社員満足度は全項目が毎年「過去最高」を更新した。

ワークライフバランスを実践しつつ、会社の業績を向上させた社長としての経験、
自身の家事・育児の経験から学ぶ「イクボス」研修です。

  
<イクボスの定義と10か条>
①部下の私生活を応援
②上司自らワークライフバランスを満喫
③組織目標に責任を持つ
④制約社員を差別しない
⑤社内制度等の知識
⑥組織全体にワークライフバランス浸透
⑦単身赴任への配慮
⑧チームワーク醸成
⑨無駄な時間を削減
⑩部下の育成を最優先
 ※イクボスの定義は、上記の①②③を満たす管理職・上司・経営者のこと

  
  

 カリキュラム例
 
●イクボスとは
●イクボスになると、「組織の業績と部下の笑顔が共にアップ」する。
●イクボスになるヒケツ(例示)
 ・部下一人一人への丁寧な指導
 ・部下のWantsや意思を重視
 ・部下を信じ仕事を任せる
 ・部下が恩恵を受けるVision
 ・会議、メール、書類などの削減
 ・やらなくていいことを決める
 ・上司が覚悟を持つ、etc
●イクボスの広がり
 ・イクボス企業同盟、数百社加盟
 ・100人超の自治体トップが宣言
※講義+ワークショップのスタイルで実施いたします。

 


 

■1クラスの受講人数:50名
■研修日数:90分講演~1日研修

 

講師プロフィール

川島高之 (かわしまたかゆき)

NPOファザーリング・ジャパン理事
NPOコヂカラ・ニッポン代表
ライフシフト・ジャパン株式会社 取締役副社長

1964年神奈川生まれ、1987年に慶応大学卒業、三井物産(株)に入社、2012年に系列上場会社の社長就任、「イクボス式経営」で利益8割増、時価総額2倍、残業1/4に、などを達成。2016年に社長退任、三井物産も退職し、独立起業した。
一方、地元の小中学校でPTA会長や少年野球のコーチなども務めてきた。
また、イクメンの先駆けであるNPO法人ファザーリング・ジャパンの理事、「子どものチカラで企業や地域が元気に、その過程を通じて子どもが伸びる」をモットーにしたNPO法人コヂカラ・ニッポンの代表でもある。
子育てや家事(ライフ)、商社勤務や会社社長(ビジネス)、PTA会長やNPO代表(ソーシャル)という3つの視点や経験を融合させた講演(例;イクメン、イクボス、WLB、子ども教育、キャリア構築、PTA)が年間200回以上。
NHK「クローズアップ現代」で特集され、AERA「日本を突破する100人」に選出されたのをはじめ、日経新聞、朝日新聞、読売新聞、Forbes Japan、NewsPicks、ダイヤモンド、フジTV、FM東京など多数のメディアにも掲載。
著書「いつまでも会社があると思うなよ!」(PHP研究所)など。

<経歴>
【Life】
・1964年 神奈川県生まれ、 1987年 慶応義塾大学(理工学部)卒
・フルタイム勤務の妻と、家事や子育てをシェア(例:毎朝、息子の弁当作り)
【Work】
・1987年 三井物産(株)入社、2016年 系列上場企業の社長を退任、独立し別会社を起業し社長に就任
【Social】
・地域 小学校PTA会長(元)、中学校PTA会長(元)、おやじの会、少年野球コーチ
・NPO NPO法人コヂカラ・ニッポン 代表、 NPO法人ファザーリング・ジャパン 理事

<最近のメディア実績>
NHK(「クローズアップ現代」で特集)、フジTV(大臣とライブ対談)、TBS、他
AERAの「日本を突破する100人」に選出、ダイヤモンド、Forbes Japan、
日経新聞、読売新聞、朝日新聞、産経新聞、NewsPicks、FM東京、他

http://fathering.jp/
http://kodikara.org
イクボスのすすめ ~職場革命~(管理職向け)

facebook
pagetop