学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修・講演紹介 サイバー担当元刑事から学ぶ「ネットリテラシー研修」

サイバー担当元刑事から学ぶ「ネットリテラシー研修」

警察で経験してきた捜査の実体験から培った技術、技能をお伝えします

 

●元サイバー犯罪担当刑事が講義を行います
●警察で経験してきた捜査の実体験から培った技術、技能をお伝えします

  
  

 講演・研修テーマ例
 
①経営者が考えるべき、炎上・風評被害対策~指先一つであなたの会社を潰せます~
②採用面接で応募者の素がわかるSNS(Facebook、Twitter、Instagram等)調査術~ネットを使って人を見抜く~
③警部補の安全管理マニュアル~「まさか」が起きる刑事の現場で学んだこと~
④悪質商法に騙されない方法~築き上げた財産を自分で守る!!~
⑤子供(生徒)を加害者、被害者にしない「大人ができるネットトラブル回避術」~正しいネットの使わせ方~
⑥「普通の人がネット犯罪者になるまで」~SNSの正しい使い方~ など

  
  

 このような課題をお持ちの企業様におすすめです
 
・経営者・管理職のリスクマネジメント力を強化させたい
・新入社員や若手社員にSNS利用などのコンプライアンス意識を持たせたい
・採用時に応募者の素の情報を知りたい
・悪質商法に騙されない方法を従業員に学ばせたい
・子供(生徒)を加害者、被害者にしない「ネットトラブル回避術」を学ばせたい など

 
 

 カリキュラム例
 
「経営者が考えるべき、炎上・風評被害対策」
・警察の現場で見てきた、風評に倒された会社
・経営者は絶対に知っておくべき!風評・炎上のメカニズム
・炎上動画事件にみる、現代の経営リスク
・見てますか、あなたの会社の「口コミ」
・あなたの会社を守る3つのポイント
・普段から気を付けておくべきポイント
・風評・炎上被害が起こってしまったら
・警察や行政をうまく利用するポイント
 
「ネットトラブル回避術~正しいネットの使わせ方~」
・インスタ映え、ティックトック、便利の裏に隠れた落とし穴
・現実の世界より陰湿、警察で見てきた「ネットいじめ」
・犯罪少年を見てきた元刑事の独り言
・絶対に消えないネットの行動履歴
・悪い大人から身を守るために
・サイバー刑事の仕事を体験しよう
・トラブルに巻き込まれたときの対処法

 


 

■1クラスの受講人数:30名
■研修日数:90分講演~1日研修

 

講師プロフィール

森 雅人 (もりまさと)

一般社団法人 日本刑事技術協会 理事

警察の元警部補。サイバー犯罪、経済犯罪、薬物銃器犯罪等を扱う生活安全部門の刑事を約15年担当。
担当事件 特別法犯 (サイバー犯罪、薬物銃器犯罪、経済犯、ストーカー、虐待対応等)

特にサイバー分野での警察では解決できないトラブルの多さや法整備の遅れに疑問を感じ、実践的な企業のリスク対策を行うソルナ㈱に転職。同社にて、サイバー犯罪捜査の知見を活かして、採用候補者のSNSを追跡調査して将来のリスクを可視化する「ネットの履歴書」を開発するなど、企業向け危機管理のプロとして活動してきました。
(一社)日本刑事技術協会では、サイバー犯罪のみならず、これまで私が警察で経験してきた捜査の実体験から培った技術、技能を余すことなく皆様にお伝えする講演活動を全国で行っています。

元刑事の講師は全国でも珍しく、刑事の現場体験など生々しい話が聞けることもあり、講演の主催者や参加者にも大変喜んで頂いております。是非この機会に普段聞くことのない希少性の高い話を聞いて頂き、皆様の人生に、またお仕事に活用頂ければと思っております。

https://j-keiji.org/
サイバー担当元刑事から学ぶ「ネットリテラシー研修」
社会人が備えておくべきSNSリテラシー

close
pagetop