学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ テンプレートを用い、伝わる文章が書けるようになる「ビジネス文書研修」

テンプレートを用い、伝わる文章が書けるようになる「ビジネス文書研修」


パソコンやインターネット、メールの台頭によって、ビジネスパーソンの「書く能力」の重要性はますます高まっています。中堅社員ともなれば書類作成やメールでの人間関係構築も必須スキルです。
ところが、文章での伝え方がヘタなために、仕事で成果が出せない人が少なくありません。それもそのはず。社会に出てから文章の書き方を学ぶ機会はほとんどありません。同様に、自身の文章の不備や至らなさを誰かに指摘される機会もありません。その結果、多くの人が我流で「伝わらない文章」を書き続けてしまうのです。文章力を伸ばしたいなら、その道のプロから書き方の基本とコツを学ぶに限ります。

  

「文章の書き方」のみならず、「情報の収集・整理」や「書く前の準備」「書き終えたあとの見直し」にも力を入れます。また、伝わる文章を書くためには、脳の使い方を工夫して「自問自答」の量を増やすことも大切です。本研修では、受講者とのインタラクティブなやり取りを交えながら、文章作成の方法をわかりやすく指南。研修を受講したその日から、文章作成に対する意識と、実際に書く文章の質が大きく変わります。

『世界一ラクにスラスラ書ける文章講座』

  
■山口拓朗氏の研修の特徴
●中学生でも理解できるよう、筋道立ててわかりやすく説明する
●演習や質疑応答を交えながら、受講者とインタラクティブにやり取りする
●学んだその日から使える実践的なノウハウを提供する
●文章作成の「マインド」と「テクニック」を過不足なく伝える
  

●文章を書くことにストレスを感じなくなる
●文章き方の基本とコツがわかる
●文章を書くときの頭の使い方がわかる
●メールを含め、あらゆるビジネス文章で「伝わる文章」が書ける
●仕事の成果につながる文章が書ける
●文章を書いて、周囲の信頼と好意を得ることができる
●文章の良し悪しを判断できる
●部下に文章の書き方を指導できる
  

25名
 

1日
  
(1日の場合)
1.文章作成の本質と効果
2.文章力を飛躍的に伸ばすエクササイズ
3.読む人に優しい<文章テンプレート>
4.伝わる文章5つのポイント
5.説得力が高まる<文章テンプレート>
6.書く材料を揃える情報収集アンテナの立て方
7.読む人の共感を誘う<文章テンプレート>
8.文章の完成度を高める推敲・校正のテクニック
  

講師プロフィール

山口 拓朗 (やまぐちたくろう)

伝える力【話す・書く】研究所所長
山口拓朗ライティングサロン主宰者
株式会社アップリンクス取締役

出版社で雑誌記者・編集者を務めたのち、独立。24年間で3300件以上の取材・執筆歴を誇る。
独立当初、ある編集者から「もっと平易で明快な文章でないと、読者に伝わりません」と一喝され、ショックを受ける。以来、文章を書くうえでのマインドと技法を徹底的に研究し、独自の文章メソッドを確立。
現在は執筆活動に加え、講演や研修を通じて「論理的に伝わる文章の書き方」「好意と信頼を獲得するメールの書き方」「売れる文章&コピーの作り方」「ファンを増やすブログ記事の書き方」等の実践的ノウハウを提供。
モットーは「伝わらない悲劇から抜けだそう! 」。中学生にもわかる言葉で解説する丁寧な語り口に定評がある。
2016年からは300万人のアクティブフォロワーをもつ中国企業「行動派」に招聘され、中国の六大都市で「Super Writer養成講座」を定期開催している。
著書に『伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける87の法則』(明日香出版社)、『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術』(日本実業出版社)、『「9マス」で悩まず書ける文章術』(総合法令出版)など多数。
文章作成の本質をとらえたノウハウは言語の壁を超えて高く評価されており、中国、台湾、韓国など海外でも翻訳されている。

http://yamaguchi-takuro.com/
テンプレートを用い、伝わる文章が書けるようになる「ビジネス文書研修」
お客様から“好意”と“信頼”を獲得する文章コミュニケーション研修
部下のやる気と結果を引き出す、リーダーのためのコミュニケーション研修

facebook
pagetop