学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ 数字で伝える・説得する技術
数字で伝えるからわかりやすい!数字で語るから説得力がある!

数字で伝える・説得する技術


ビジネス数学で、「数」「論理」に強い人を創る
現状日本では「数学」は受験を通過するための作業と化しています。教育者はそう思っていなくても、仕組みがそうなっているのです。しかし、本来は数字に苦手意識を持つことなく、論理的に考え、論理的に語れる人間を創るために存在するもののはず。
「社会人の教育にだって、数学は活用できる」

ビジネス数学は3つの能力が身につく教育プログラムです。
1.論理思考:論理的に考え、論理的に伝えるための基礎能力
2.数的思考:定量化、フェルミ推定など、数字でビジネスを捉える能力
3.数学的スキル:統計分析、損益分岐点分析、線型計画法など実践的なスキル

  

ビジネスの世界では「数字で語ること」が求められます。なぜなら数字は誰にとっても明確な共通言語だからです。しかし、わかっていても、つい定性的なコミュニケーションに逃げてしまうもの。
そこで必要になるのは、日々の会話や商談の中で数字を口から出すクセをつけることと、ちょっとした思考のコツを身につけること。そして数字を使ったプレゼンテーションの肝を知っておくことです。
このセミナーは、日本でただひとりのビジネス数学の専門家、深沢講師から数字を使って意見を伝え説得する技術を学びます。数字に苦手意識のある方や中堅社員の方には特におすすめです。
  

●日々のビジネス上の会話に数字を使う意識づけがされます
●単に数字を使うのではなく、どの数字を使えば相手が納得できるかまで考えられます
●プレゼン資料に使うグラフの使い方に工夫をすることができます
●説得力があり、短時間で終わるプレゼンができるようになります
  

・データや数字に苦手意識がある方
・営業部、企画部など数字を使う機会が多い方
・上司に「報告」する機会が多い方
・お客様に説得力あるプレゼンを行いたい方
・ビジネスパーソンとしての教養を高めたい方  など
  

24名
  

1日
  
(1日の場合)
1.100%の理解ではなく、75%の納得感を与えよう
2.「どんな数字で説明すればいい?」の答え
3.説得できる人は何をしているのか
4.伝え上手が実践している「数値変換」のテクニック
5.3分間で相手を説得するトレーニング
6.総合演習 ~数字でわかりやすく伝え、「なるほど」と言わせよう~(プレゼンテーション)
  

●“数字で伝える”ということの事例を理解できた
●数字は脇役ということがよく分かった
●まずは自分の思考から変えて、数字を言葉にすることから始めます
●特に営業現場で、どのようにリーダーに行動を変えてもらうかヒントになりました

講師プロフィール

深沢真太郎 (ふかさわしんたろう)

ビジネス数学教育家

数学的なビジネスパーソンを育成する「ビジネス数学」を提唱し、述べ1万人以上を指導してきた教育の第一人者。
日本大学大学院総合基礎科学研究科修了。理学修士(数学)。
予備校講師から外資系企業の管理職などを経てビジネス研修講師として独立。
大手企業をはじめプロ野球球団やトップアスリートの教育研修を手がける傍ら、SMBC、三菱UFJ、みずほ、早稲田大学、産業能率大学などと提携し講座に登壇。
さらに自ら学長としてビジネススクールや指導者養成機関をプロデュースし、数字や論理思考に強いビジネスパーソンの育成に務める。
ラジオ番組のニュースコメンテーターやビジネス誌の記事監修などメディア出演も多数。
著作は国内外で30冊以上。実用書のほか作家として小説も発表しており、多くのビジネスパーソンに読まれている。

・BMコンサルティング株式会社 代表取締役
・一般社団法人日本ビジネス数学協会 代表理事
・国内初のビジネス数学検定1級AAA認定者
・国内唯一のビジネス数学エグゼクティブインストラクター

★ビジネス数学.com 〜深沢真太郎オフィシャルウェブサイト〜
数学的思考の基本と活用法
数字で伝える・説得する技術
数値化する技術
データを使わない『分析力』講座

facebook
pagetop