学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ 「人工知能時代の働き方」研修

「人工知能時代の働き方」研修

テクノロジーの最前線を体感し、自らの働き方・チームの進化を考える

 

テクノロジーは私たちの予想以上に進化を遂げています。マンガの中の未来が、すでに現実化している事例がたくさんあります。しかし、日々テクノロジーと接していないビジネスパーソンは、その最前線を知らないままにいます。「テクノロジー情報格差」が広がっているのです。
しかし、これからの時代のイノベーションはテクノロジーがドライブをかけていきます(テクノロジードリブン)。人の顔を持つ製造ロボが工場の働き方を一変させるでしょうし、Fintechが金融ビジネスのありかたを一新するでしょうし、Airbnbが新たな観光のありかたを創造していくかもしれません。ペッパーのようなコミュニケーションロボットが人と人の間をつないでいくかもしれません。21世紀のビジネスリーダーにとって、「テクノロジー」は、ヒト・モノ・カネといったビジネスフレームワークや歴史観・国際観といったリベラルアーツ同様、必須の知識・知見となっています。
それらのテクノロジーの最前線を、「専門用語をできるだけ排してわかりやすく」「ただ本を読むだけでなく、ライブや動画を通じてリアル体感できる形」でインプットされ、示唆を得ることができるプログラムです。

  

人工知能時代を生き抜くために、私たちは仕事をどう変化させていけばいいのでしょうか?
AIが苦手なことから人間の仕事を考え、今の自分たちの仕事どう進化させていくかが、「人工知能時代における幸せな働き方」を生み出すヒントです。

  
  

 カリキュラム例
 
1.世の中の変化、テクノロジーの進化から、自分自身の働き方を考える
2.自社でのAI活用のあり方を発見するワークショップ
3.人工知能時代のリーダーのあり方
4.クロージング

 


 

■1クラスの受講人数:24名
■研修日数:1日

 

講師プロフィール

藤野 貴教 (ふじのたかのり)

株式会社働きごこち研究所代表取締役
ワークスタイルクリエイター
組織開発・人材育成コンサルタント
グロービス経営大学院MBA(成績優秀修了者)
人工知能学会会員

外資系コンサルティング会社、人事コンサルティング会社を経て、東証マザーズ上場のIT企業において、人事採用・組織活性化・新規事業開発・営業マネジャーを経験。
2007年、株式会社働きごこち研究所を設立。
「ニュートラルメソッド」を基に、「働くって楽しい! 」と感じられる働きごこちのよい組織づくりの支援を実践中。
2015年から現在の研究テーマは「人工知能の進化と働き方の変化」。研修やセミナーの受講者はのべ1万人を超える。
2006年、27歳のときに東京を「卒業」。愛知県の田舎(西尾市幡豆町ハズフォルニア)で子育て中。
家から海まで歩いて5分。職場までは1時間半。趣味はスタンディングアップパドル(SUP)と田んぼ。
本書は、著者が「働き方」の専門家として、人工知能が進化する中で、いかに人間として幸せに働き、生きるかというヒントを提案した希望の書である。

株式会社働きごこち研究所
「人工知能時代の働き方」研修
【講師動画】藤野貴教氏~2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方
藤野貴教氏インタビュー記事

facebook
pagetop