学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ テクノロジー時代のビジネスと仕事のリデザイン

テクノロジー時代のビジネスと仕事のリデザイン

世の中の変化、テクノロジーの進化から、自分自身の働き方を考える

 

ビジネスを強化し、また進化させるためには「テクノロジー」の活用が欠かせない時代と言われています。
本研修では、非エンジニアの方も含めた全社員が、テクノロジーを「自社のビジネス」・「自分たちの仕事や働き方」にどう活かして価値を生み出していくか、「UX」というキーワードを用いながらわかりやすい事例をもとにテクノロジーについて自分ゴト化できる状態をめざします。
 
●最新のテクノロジーと活用事例をインプットし、テクノロジーを身近に感じている
●自社のビジネス・自身の仕事にどのようにテクノロジーが活用できるかイメージできている
●人工知能時代のリーダーはどうあるべきか、自身の言葉で話せるようになっている

 
 

 研修のねらい
 
●最新のテクノロジーの情報をインプットし続けるスキルとマインドを醸成する
●テクノロジーリテラシーをあげるためのステップを理解する
●自身やメンバーが取り組む「ビジネス」と「キャリア」の今後の方向性を説明できるようになる

 
 

 このような方におすすめです
 
●テクノロジーの進化を自分の仕事にひきつけて、わかりやすく体感理解したいと考えている方
●今の自分の仕事でテクノロジー活用する方法を模索したい方
●テクノロジー時代のリーダー、チームのあり方、キャリアに不安や課題を感じている方

 
 

 カリキュラム例
 
1.ウォームアップ
2.人工知能時代の働き方の3つのステップ
 ・企業で起き始めている変化と仕事のリデザイン
 ・一人でできる働き方改革の3ステップ。サクサクユーザー、サクサクワーカー、サクサクサービサー
 ・ユーザー体験(UX)に焦点をあてれば、CXとEXにつながっていく
3.働き方改革3.0と人間が生み出す価値とは?
 ・テーマは「時間創出」と「イノベーション」
 ・テクノロジー+ナッジ
 ・新しい働き方の事例紹介+体験
4.人工知能時代のリーダーとキャリア
 ・学ぶこと、学びなおすことの重要性
 ・自ら率先し、多様なメンバーを巻き込む
5.まとめ

 


 

■1クラスの受講人数:24名
■研修日数:90分講演~1日研修

 

講師プロフィール

藤野 貴教 (ふじのたかのり)

株式会社働きごこち研究所代表取締役
ワークスタイルクリエイター
組織開発・人材育成コンサルタント
グロービス経営大学院MBA(成績優秀修了者)
人工知能学会会員

外資系コンサルティング会社、人事コンサルティング会社を経て、東証マザーズ上場のIT企業において、人事採用・組織活性化・新規事業開発・営業マネジャーを経験。
2007年、株式会社働きごこち研究所を設立。
「ニュートラルメソッド」を基に、「働くって楽しい! 」と感じられる働きごこちのよい組織づくりの支援を実践中。
2015年から現在の研究テーマは「人工知能の進化と働き方の変化」。研修やセミナーの受講者はのべ1万人を超える。
2006年、27歳のときに東京を「卒業」。愛知県の田舎(西尾市幡豆町ハズフォルニア)で子育て中。
家から海まで歩いて5分。職場までは1時間半。趣味はスタンディングアップパドル(SUP)と田んぼ。
本書は、著者が「働き方」の専門家として、人工知能が進化する中で、いかに人間として幸せに働き、生きるかというヒントを提案した希望の書である。

株式会社働きごこち研究所
テクノロジー時代のビジネスと仕事のリデザイン
【講師動画】藤野貴教氏~2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方
藤野貴教氏インタビュー記事

facebook
pagetop