学ぶ。みがく。変わる。
HOME セミナー・イベント開催レポート 【実施報告】人を支援する組織のニューリーダーとは?~激変する予測困難な時代を勝ち抜くために~
2020.11.12

【実施報告】人を支援する組織のニューリーダーとは?~激変する予測困難な時代を勝ち抜くために~

三坂 健氏
株式会社HRインスティテュート 代表取締役社長 シニアコンサルタント

11月12日(木)に株式会社HRインスティテュートの代表取締役社長 三坂 健氏にご登壇いただき、「人を支援する組織のニューリーダーとは?」オンライン無料デモセミナーを実施しました。当セミナーの内容の一部をご紹介します。

VUCA時代は、何が正解か、誰もわかりません。マネジメントの在り方が大きく変わっています。「多くの人を巻き込み、検証・修正しながら展開する」「現場の主体性で生まれたものを取捨選択しつつ臨機応変にサポートしながら動かす」「自ら考え、スモール&アジャイルなビジネスを生み、育てながら動かす」という戦略になります。
あるクライアントからは、新規事業を進めていくために、伴走してくれるサポートが欲しいと言われました。今が外部に支援を求めていますが、今後は社内でこのようなことができる人材を増やしていくと予想しています。
 
これまでの話をまとめると、VUCAの時代のマネジメントはヒューマン・リソースのマネジメントではなく、ヒューマン・リレーションシップのマネジメントということです。
 
このような時代には、後方からリーダーシップを発揮することで集団の力を最大化する「羊飼い型リーダーシップ」が求められます。従来のピラミッドは、トップ→ミドル→現場の社員の順序で指示系統が存在し、顧客へ提供する商品・サービスは、企業側が考案し、開発したものが提供されます。一方で、「羊飼い型リーダーシップ」は逆さまのピラミッド型です。顧客と現場で得られた情報をミドル・トップにフィードバックし、顧客へ価値を提供するという流れになります。変化に対応するためには、常に現場を筆頭に考え、それを周囲が支える構造を作っていく必要があります。
 
組織と個を動かす場合は、戦略・システム・関係性の3つがあります。これからは関係性で動かすことが重要になりますので、リーダーの役割がさらに高度になりました。

これまでの話を組織論に置き換えると、ヒエラルキー型組織とホラクラシー型組織という2つになります。ヒエラルキー型では、上司から部下への指示系統で成り立ちますが、ホラクラシー型は共通基盤としてのルールで成り立っています。意志決定やマネジメントを個人やチームに分散するので、行動のスピードアップに繋がります。
 
多様性が増すほど、メンバーを束ね、支援することが必要。共通の価値基盤、多様で自立しているメンバーがいて、そのメンバーを束ねるリーダーが必要です。このようなリーダーを育成しているでしょうか。
 
実は、ビジネスの成功要因の8割はフォロワーの貢献で、リーダーの貢献は2割です。リーダーには、受容感・有能感・自己決定感を引き出すことが重要です。
人材マネジメントの質を変えると、社員満足が上がり、いい商品ができ、個客が満足し、利益になります。コロナを機にこれまでの人材マネジメントを見直し、質の向上を図りましょう。
 
こういったリーダーを育成するプログラムとして、「ワークアウト」というものがあります。“ワークアウト”とは、実際の課題を元にテーマを設定し、研修を織り交ぜて学んだノウハウ・手法を 使って受講者自身がアウトプットを作成する実践型のプログラムです。コンサルタントがサポートしながら、受講者自ら設定したテーマ・目標の達成に臨んでいただきます。経営課題や現場の問題解決をテーマとして設定することで、ビジネス上の成果に寄与することを狙います。

講師プロフィール

バックナンバー

お問い合わせ
facebook
pagetop