学ぶ。みがく。変わる。
HOME セミナー・イベント開催レポート 【実施報告】プレイングマネジャーの5つの心得
2019.12.05

【実施報告】プレイングマネジャーの5つの心得

伊庭正康氏
株式会社らしさラボ 代表取締役

12月5日(木)に小社刊『メンバーが勝手に動く最高のチームをつくる プレイングマネジャーの基本』の著者でもある伊庭正康氏の「あなたがいなくても勝手に動くチームを目指す!プレイングマネジャーの5つの心得」無料デモセミナーを行いました。

プレイングマネジャーは、専任マネジャーとは違い、自分の業務と部下のマネジメントの両方を行わなければなりません。そのため、「専業のマネジャー」向けのノウハウを伝えても、やることが増えるばかりで、余計に忙しくなってしまいます。伊庭講師自身もプレイングマネジャーなりたての頃、「常に忙しくて時間に追われている」「細かく指示を出さないと部下が動いてくれない」「仕事を任せたくても部下が育たない」など悩みを抱えていました。そこで、プレイングマネジャーのための働き方のノウハウを作り出しました。そのノウハウをまとめた研修の一部をご紹介します。

プレマネが知っておきたい、“部下に任せる組織運営”のコツを次の5つの心得とそのポイントを説明しました。

心得1 「自分でやってしまいたい」を捨てる

・部下に任せることを「リスク」ではなく、「投資」と考える
・「70点主義」で考える
・予防策・事後対処を決めておけば、不安はなくなる
・部下をラーニングゾーンで経験を積ませ、自己効力感を高める

心得2 “今”ではなく“1年後”を視点に置く

・プレマネは、「自分の業務を部下」に任せるこが成功の鍵になる
・任せる手間は最初だけ
・部下に数回経験させれば、任せられる

心得3 ブレない判断基準を持てば、業務量を3割減らせる

・ECRSの法則で、ムダな業務をなくす

心得4 あなたがいなくても勝手に動くチームを目指せ

・プレマネは “自主運営“型のチームをつくれ!
・組織のグランドルールを持っておく

心得5 「仕事がまわる」がゴールではない。現場からイノベーションを!

・プレマネだから「小さな実験」ができる
・部下から「100個のアイデアが出る」しくみをつくる

これらをワークを取り入れながら説明しました。

ご参加者からは
「“任せる”と“放任”の違いがスッキリ分かった!」
「自社にプレマネが多いので、多くの課題に気付くことができた」
「短い時間の中にたくさんの気づきがありました」
「任せ方のポイントが分かった」
「部下に仕事を任せることを“投資”と捉え、チャレンジさせていきたい」
というご感想をいただきました。

伊庭さん、ご登壇ありがとうございました。

講師プロフィール

バックナンバー

お問い合わせ
facebook
pagetop