学ぶ。みがく。変わる。
HOME コラム 保育所に入れなかったことを理由に職場復帰を延ばす社員が多い。どうしたら予定通り復帰させられますか。
2022.04.04

保育所に入れなかったことを理由に職場復帰を延ばす社員が多い。どうしたら予定通り復帰させられますか。

山口理栄氏
育休後コンサルタント(R)
青山学院大学 社会情報学研究科 ADPISAプロジェクト
株式会社山口企画 代表取締役

【質問】保育所に入れなかったことを理由に職場復帰を延ばす社員が多い。どうしたら予定通り復帰させることができるでしょうか。

【回答】

予定通りに復帰できない理由としては、保活(保育園に入れるための活動)がうまくいかなかった、または復帰の予定の時期がそもそも現実的でなかった、という二つが考えられます。
産前休暇前に申請した予定通りに職場復帰するには、会社の両立支援制度と制度利用を正しく理解し、保活についての知識を得ることが必要です。
ほとんどの社員が予定通り復帰する会社/職場では、すでに本人がこれらをよく理解していると考えられますが、そうでない場合は、産前休暇前に本人に状況を説明し、住んでいる地域や家庭の状況を考慮した上で現実的な復帰時期を申請してもらう必要があります。
育児休業制度は、法定では基本的には1年間、パパママ育休制度により二人で取れば1年2ヶ月、保育所に入れないなどの理由があれば2年まで取得できます。さらに、法改定により2022年10月から産後パパ育休が施行され、出生後8週間以内に4週間まで取得できるようになります。
育児休業制度は子育て支援制度ではなく、両立支援制度です。職場復帰して継続就業することを目的とした休業制度なのですから、実現可能な復職のめどを立てた上で時期を申請し、それに合わせて復帰できるように努力することが求められます。
例えば、地域によっては保育所の待機児童問題により4月のタイミングでないと入所できないケースがあります。その場合は「とりあえず1歳の誕生日に復帰することにする」のではなく、0歳または1歳になった後の4月~5月が復帰時期になることが多いことを知っておきましょう。第一子でそれ以外の時期を申請した人については、この時期で実際に復職できるのかどうか、本人に確認したほうがよいかもしれません。
また、認可保育所に入れなくても、認可外保育所や延長保育のある幼稚園などの選択肢もあるので、保活のときにそれらも視野に入れておくことを伝えるとよいでしょう。
以上のようなアドバイスを会社が実施するケースが増えています。産前または育休中にこれらの情報提供を行うことが効果的です。

講師プロフィール

山口理栄 (やまぐちりえ)

育休後コンサルタント(R)
青山学院大学 社会情報学研究科 ADPISAプロジェクト
株式会社山口企画 代表取締役

1984年総合電機メーカー入社。ソフトウェア開発部署にて大型コンピュータのソフトウェアプロダクトの開発、設計、製品企画などに従事。2度育休を取り、部長職まで務める。
2006年から2年間、社内の女性活躍推進プロジェクトのリーダーに就任。

2010年より育休後コンサルタントとして法人向けに育休復帰社員、およびその上司向けの研修を開始。
個人向けには育休後カフェ(R)を主宰し、全国及びオンラインで随時開催中。
2017年より育休後アドバイザー養成講座を開始し、500名以上のアドバイザーを育成。
同年、育休後カフェを開催するための人材として、育休後カフェ・ファシリテーターの育成を開始。

2021年より株式会社山口企画代表取締役。
2021年7月より青山学院大学にて社会人向けIT教育(ADPISAプロジェクト)に参画。

・特定非営利活動法人女性と仕事研究所 メンター
・日本女性技術者フォーラム会員
・日本女性技術者科学者ネットワーク 事務局
・NPO法人ファザーリング・ジャパン 賛助会員
・東京商工会議所 個人会員

2016年5月『改訂版 さあ、育休後からはじめよう ~働くママへの応援歌』(労働調査会)
2015年2月『子育て社員を活かすコミュニケーション【イクボスへのヒント集】』(労働調査会)

育休後職場復帰セミナー
ライフイベントを前提としたキャリア研修
育児中の部下を持つ管理職向け実践セミナー
育休後コンサルタント®が提供する女性活躍推進コンサルティング
【講師動画】山口理栄氏~育児期の部下を持つ管理職セミナー

close
pagetop