学ぶ。みがく。変わる。
HOME コラム 部下が本音を話してくれない
2022.03.15

部下が本音を話してくれない問題

世古詞一氏
株式会社サーバントコーチ代表取締役
一般社団法人1on1コミュニケーション協会 代表理事

「部下が本音を話してくれないんです」

1on1ミーティングで上司の方からよく聞く悩みの一つがこれです。

本音を話してもらうことが良いか悪いかは別にして、
思っていることを素直に出してもらえる
関係性や雰囲気があるといいですよね。

本音を話しない部下にはいくつか要因があると思いますが、
上司と部下にベースとなる信頼関係があることを前提としてここでは2つに絞ります。

1.まだエンジンが掛かっていない
2.自分の本音に自分自身気づいていない
 (言語化できていない)

これらの要因を解決する答えは一つ。

「部下にたくさんしゃべってもらうこと」です。

1.まだエンジンが掛かっていない

本音の話というのは、すぐに話すにはハードルが高いものです。
いきなり「私、今の部長のやり方に反対なんです」
とは中々ならないですね。

部下が思っていることをいろいろ話して、
それを上司がじっくりと聴いていきます。

すると、部下のエネルギーが上がってきます。
人は話をしていると、エネルギーが上がるのです。

ノッテきて、エンジンが掛かります。
じっくり聴いてもらえることで、
自分の話には価値があるんだと感じ始めて、自信も出てきます。

そうすると、ハードルが高い話でも
「実は・・・」
と切り出していくことができます。

また、緩い話や本筋とそれた話など話しながら
部下は上司の態度や文脈を読んで、
「あー、否定的な意見も歓迎されているんだ」
「話しても大丈夫だ」

ということを感じるとエンジンが掛かり、
「実は・・・」

と話すことができるのです。

2.自分の本音に自分自身気づいていない

本音というのは、自分でもすぐには自覚していないことも多いものです。

話をいろいろと進めながら、その文脈から自分で気づくことも多いでしょう。

上司「最近メンバーの調子はどうかな?」

部下
 「最近、疲れているメンバー多いんですよー。
 働ける時間が短くなって、逆に忙しくなりすぎているっていうのもそうなんですが。。

 あとはやっぱり、以前に比べて結果が
 出づらくなってるっていうのはありますかね。
 これは市場の問題というのは否めないです。

 あと、そうだそうだ、部長のトップラインを伸ばしていくっていう方針に
 まだまだ腹落ちしてないメンバーが多いです。

 そういう意味では、実は私もそうなんです。
 現場でやってると、そこよりも大事なことあるだろうって、
 正直思っちゃう場面が多々出てくるんですよねー。」

というように、話をしていると、
思っていたことが出てくることがあります。

いずれにしても相手に「本音」を語ってもらうためには、
まずは「たくさんしゃべってもらう」必要があるのです。

しかし、日常の中で部下に
「たくさんしゃべってもらう」時間は中々取れません。

つまり本音を語ってもらえる時間が無いのです。

だから1on1ミーティングの時間が必要になります。
1on1を上手く活用して、部下にしゃべてもらい、
結果として本音を語ってもらうことを実現してみてください。

(引用)「サーバントコーチ 世古詞一オフィシャルブログ -個人と組織の変革のヒント」より
https://ameblo.jp/servant/

講師プロフィール

世古詞一 (せこのりかず)

1973年生まれ。千葉県出身。
組織人事コンサルタント。月1回30分の1on1ミーティングで組織変革を行う1on1マネジメントのプロフェッショナル。
早稲田大学政治経済学部卒。一般社団法人1on1コミュニケーション協会代表理事。株式会社サーバントコーチ代表取締役。株式会社VOYAGE GROUPフェロー。
Great Place to Work®Institute Japan による「働きがいのある会社」2015、2016、2017中規模部門第一位の株式会社VOYAGE GROUPの創業期より参画。
営業本部長、人事本部長、子会社役員を務め2008年独立。コーチング、エニアグラム、NLP、MBTI、EQ、ポジティブ心理学、マインドフルネス、催眠療法など、10以上の心理メソッドのマスタリー。
個人の意識変革から、組織全体の改革までのサポートを行う。
クライアントは、一部上場企業から五輪・プロ野球選手など一流アスリートまでと幅広く、コーチ・コンサルタントとして様々な人の人生とキャリアの充実、目標実現をサポートしている。

著書に、『シリコンバレー式 最強の育て方-人材マネジメントの新しい常識1on1ミーティング―』(かんき出版)、『対話型マネジャー 部下のポテンシャルを引き出す最強育成術』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。

http://servantcoach.jp/
1on1コミュニケーション研修
コーチング研修
【コラム】上司と部下との信頼関係を築き、部下の成長を支援する「1on1」とは

close
pagetop