学ぶ。みがく。変わる。
HOME コラム オススメの「休みボケ解消法」
2022.01.11

オススメの「休みボケ解消法」

伊庭正康氏
株式会社らしさラボ 代表取締役

長い休暇をとると、休みモードから仕事モードへの切り替えが難しいもの。
色々なやり方がありますが、私なりの深い休みモードから効率的に切り替える方法を紹介します。

サイキングアップをご存知でしょうか?
サイキングアップ(psyching up)は、アスリートが試合で
集中状態・興奮状態にもっていくためのメンタルコントロール法のこと。
いわゆる心のウォーミングアップ。
アスリートがヘッドホンで音楽を聞きながら、
ウォーミングアップをするシーンを見たことがないですか?あれです。
あれが、休みボケ防止に役立つのです。

サイキングアップのコツは、下記の4つ。

1.腹式呼吸を深く繰り返す
2.リズミカルな反復運動をする
3.音楽を聴く
4.エネルギーの高い自分をイメージする

白状すると、昔からやっていた休みボケ解消の方法が、
たまたま「サイキングアップ」の方法だった、というわけあのです。
なので、サイキングアップは、休みボケ解消にも応用ができると経験則ながら考えています。

実際、私がやっている休みボケ解消法はこんな感じ。

<電車移動の際>
・座る際は、背もたれに持たれず。背筋を伸ばしながら。
・同時に、アガる音が音楽を、ヘッドホンでボリュームアップしてかけ、
・カフェイン(コーヒー)を摂取する!
・ゆっくり深く呼吸をしながら(酸素を2倍は取り込むぞ、的に)!

<歩き移動の際>
・いつも以上に背筋を伸ばしながら。
・同時に、アガる音が音楽を、ヘッドホンでボリュームアップしてかけ、
・大股で早く歩く!
・ゆっくり深く呼吸をしながら(酸素を2倍は取り込むぞ、的に)!

<作業の際>
・背もたれにもたれず、背筋を伸ばしながら。
・可能であればアガる音が音楽を、ヘッドホンでボリュームアップしてかけ、
・所要時間を決め、手際よく手を動かす!
・ゆっくり深く呼吸をしながら(酸素を2倍は取り込むぞ、的に)!

サイキングアップを使って、休みボケを解消してみてください。

講師プロフィール

伊庭正康 (いばまさやす)

株式会社らしさラボ 代表取締役

1969年京都生まれ。1991年リクルートグループ入社。
4万件を超える訪問営業を通じて学んだ、「余計なことをやらず、成果が出ることのみに集中する」というポリシーを武器に営業職として活躍。
プレイヤー部門とマネージャー部門の両部門で年間全国トップ表彰を4回受賞するなど、累計40回以上の社内表彰を受け、営業部長に昇進。
その後、30代で株式会社フロムエーキャリアの代表取締役に就任するなど、若くして重要ポストを歴任する。

2011年、企業研修を提供する、株式会社らしさラボを設立。
短時間で圧倒的な成果を上げるため、成果が上がらない原因になっている仕事の無駄や、思い込みを徹底的に洗い出し、それらを捨てることの大切さを説くべく、自ら年間200回を超える研修をさまざまな業種の企業に提供している。
なかでも、本書の元となったプレイングマネジャー向けの研修は、95%という驚異的なリピート率を誇り、これまで12000人以上が受講。大手企業を中心とするクライアントから厚い信頼を得ている。

著書に、『トップ3%の人は、「これ」を必ずやっている 上司と組織を動かす「フォロワーシップ」』(PHP研究所)、『面倒な“やりとり"がシンプルになる仕事のコツ48』(小社)、『できるリーダーは、「これ」しかやらない メンバーが自ら動き出す「任せ方」のコツ』(PHP研究所)、『残業ゼロの人の段取りのキホン』(すばる舎)、『強いチームをつくる! リーダーの心得』(明日香出版社)など多数。

http://www.rasisalab.com/
課題解決型営業 (初級~中級)
仕掛け型営業(中級~上級)
リーダーシップ研修(指導力編/チーム強化編/戦略・戦術編)
チェンジリーダーシップ研修
プレイングマネジャー研修
【動画】伊庭正康のビジネスメソッド動画コンテンツ

お問い合わせ
facebook
pagetop