新人、アルバイト、中途社員、外国人、年上の部下…。
どうしてみんな思い通りに動いてくれないの?

そんな中、
「教える技術」を
教えてくれる師匠との
偶然の出会いが、
主人公を変える…!


この後、主人公が劇的に変わる!
店長さん、リーダーの方、必読!
 
続きを試し読み!


著者:石田 淳
作画:temoko
定価:1,404円(税込)

マンガでよくわかる 教える技術

本書は、部下や後輩の育成に悩む多くの方々からご支持いただいた『教える技術』(2011年6月刊行)のマンガ版です。

マンガの主人公は、カジュアル衣料品店「ナチュレ」の店舗で働く神吉凛(かみよしりん)さん。店長として着任して以来、なかなか仕事を覚えない部下たちの存在と店の売り上げ不振に悩む毎日でしたが、ふとしたきっかけから「教える技術」を知り、それを店で実践し始めたところ、部下の仕事ぶりや職場の雰囲気に徐々に変化が…。

本書でお伝えする「教える技術」の最大のポイントは、部下の“やる気や根性”ではなく「行動」に着目して、指導や育成を行うということ。

また、「いつ・誰が・どこで」行っても効果が上がる科学的なメソッドなので、教え手(上司)と学び手(部下)がどんな人でも、短時間で戦力に変えることができます。

新人はもちろん、中途社員、アルバイト、外国人スタッフ、年上の部下への教え方がわかります!

著者:石田 淳

社団法人行動科学マネジメント研究所所長。(株)ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高責任者。米国行動分析学会(ABAI)会員。日本行動分析学会会員。日本の行動科学(分析)マネジメントの第一人者。

アメリカのビジネス界で絶大な成果を上げる人間の行動を科学的に分析する行動分析学、行動心理学を学び、帰国後、日本人に適したものに独自の手法でアレンジし「行動科学マネジメント」として展開させる。

著者からのメッセージ

読者の声

職場の作業効率が下がっているので、何とかしたいと思い、本書を手に取りました。新人に対して、自分の対応が間違っていると気づきました。
(36歳・男性・技術職)
家で子どもにスポーツや勉強を教えることはできても、職場で部下に教えることがうまくできませんでした。何かヒントが見つけられたらと思って読んでいます。
(40歳・女性・自営業)
ちょっと難しい内容でも、マンガだったのでわかりやすかった!
(30歳・男性・飲食店店長)
教えることが仕事なので、より伝わりやすい技術を得たいと思って買いました。非常にわかりやすい内容で、何度も読んでアウトプットしていきたいです。
(37歳・男性・教職)
後輩指導の参考のために購入しました。行動に着目してアプローチするという考え方がとても参考になりました!
(29歳・男性・公務員)
小社ハガキより


もっと知りたい方はこちら!
「教える技術」シリーズ

シリーズを見る


さあ、あなたも今すぐ
「教える技術」を身につけよう!
 かんき出版書誌情報
amazon