毎日当たり前のように残業し、
家に帰るのは深夜。
心も体もくたびれているのに、
かんばしくない成果……。

もしかしたら、
目の前にふってきた仕事を
ただただ片付けるだけ

になっていませんか?

無駄な残業をせず、仕事の成果を出す方法は、たったひとつです。
それは……

全ての仕事を
「大事なもの」「そうでないもの」
に選別すること


2014年の『NYタイムズ』『WSJ』ビジネスベストセラー

ダニエル・ピンク
『モチベーション3.0』著者

クリス・ギレボー
『1万円起業』著者

アダム・グラント
『GIVE & TAKE』著者

他が大絶賛!



そして、ビジネス書籍大賞2015

「書店賞」受賞!!

総合順位においても堂々の4位

詳細はこちら

本書について

Apple、Google、Facebook、Twitterのアドバイザーを務める著者の99%の無駄を捨て1%に集中する方法とは!?

本書はダニエル・ピンク、クリス・ギレボー、アダム・グラントが絶賛する、全米ベストセラーの待望の邦訳。原題『Essentialsm(エッセンシャリズム)』を直訳すると「本質主義」を意味します。これは物事の本質を求め、それ以外のことを切り捨てる行為や考え方です。著者のグレッグ・マキューン氏は、エッセンシャリズムのスペシャリストとして、Apple、Google、Facebook、Twitterなどのアドバイザーを務めるシリコンバレーのコンサルティング会社THIS Inc.のCEO。彼が紹介するエッセンシャル思考は、単なるタイムマネジメントやライフハックの技術ではありません。本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するための、システマティックな方法論です。

エッセンシャル思考が目指す生き方は、「より少なく、しかしより良く」。99%のムダなことに人生の時間を費やすのではなく、本当に大切な「本質目標」にフォーカスして生きる。仕事でも、プライベートでも応用できる「エッセンシャリズム」をぜひご一読ください。


著者について

グレッグ・マキューン Greg McKewn

シリコンバレーのコンサルティング会社THIS Inc.のCEO。
エッセンシャル思考の生き方とリーダーシップを広めるべく世界中で講演、執筆をおこない、アップル、グーグル、フェイスブック、ツイッター、リンクトイン、セールスフォース・ドットコム、シマンテックなどの有名企業にアドバイスを与えている。 ハーバード・ビジネス・レビューおよびリンクトイン・インフルエンサーの人気ブロガー。
スタンフォード大学でDesigning Life, Essentiallyクラスを開講。

本書および共著書『Multipliers: How the Best Leaders Make Everyone Smarter』は、ともに米国でベストセラー入りしている。2012年には世界経済フォーラムにより「ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出された。




著者からのメッセージ



1章まるごと試し読み!
>>> PDFのダウンロードはこちら


読者の声


何度も再読したくなる本は珍しい。目次をみて好きなところから読めるし、非エッセンシャルとエッセンシャルの表も秀逸。忙しい人にこそオススメしたい1冊。



(34歳・男性・会社員)小社読者ハガキより


家事に育児、やることがありすぎて何から手をつければいいかわかりませんでした。『エッセンシャル思考』を読んで、何が一番大切なのか?というシンプルな考えを知り、楽になりました。いまは何に集中すればいいかハッキリとわかります。



(29歳・女性・主婦)小社読者ハガキより




メルマガ「ビジネスブックマラソン」や

人気ブログでも紹介されました!

ビジネスブックマラソン

土井 英司さん 有限会社エリエス・ブック・コンサルティング代表取締役

“成果にこだわる時間の使い方、仕事の仕方を学びたい人には、気づきの多い一冊だと思います”

http://urx.nu/hKpE

「マインドマップ的読書感想文」

smoothさん ビジネス書のコンシェルジュ

“思わず付箋を貼りまくりました!”

“著者のグレッグ・マキューンの主張は、シンプルながらも強力です”

http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/52155352.html




▼ご購入はこちら▼



かんき出版『エッセンシャル思考』書誌情報

amazon