学ぶ。みがく。変わる。
HOME 編集者の接待レストラン

国産品にこだわった極上フルーツ タカノフルーツパーラー本店

編集部:朝海寛

大学卒業後、いくつかの会社を経て現在、かんき出版編集部在籍。ビジネス、自己啓発などの分野の本を中心に企画・編集している。主な担当書籍は、『一流の人に学ぶ 自分の磨き方』(スティーブ・シーボルド)、『ウォールストリート・ジャーナル式図解表現のルール』(ドナ・M・ウォン)、『茂木健一郎の脳がときめく言葉の魔法』(茂木健一郎)など。

2014年8月18日

茂木健一郎先生と行った思い出の店脳も体もときめく絶品フルーツ

創業129年の伝統ある果物専門店「新宿高野」直営のフルーツパーラー。去る2014年5月1日、茂木健一郎先生と上野から池袋、新宿まで合計10数店の書店様に、『茂木健一郎の脳がときめく言葉の魔法』の紹介で同行訪問した後、茂木先生の希望で同店を利用しました。そのときの限定メニュー「宮崎マンゴーパフェ」がまさに絶品でした(※現在販売はしておりません)。
茂木先生は迷わず「宮崎マンゴーパフェ」を注文。その日は午後から夕方までずっと書店様を訪問していたので、上質のフルーツの甘みに疲れた体が大喜び。さすが、老舗のフルーツ専門店ですね。
ふと隣を見ると、ボクシングのWBA世界スーパーフェザー級王者である内山高志選手が、フルーツを召し上がっていました。頭のいい人も、強い体を持っている人も、著名な人は極上のフルーツが好きなのですね。脳がとめき、体も喜ぶ絶品フルーツが楽しめるパーラーです。

店内イメージ

果物の美味しさを引き出す、老舗の技が光る王道メニュー

昔ながらの焼きプリンが楽しめる「プリン・ア・ラ・モード」(1,188円)。ひと皿にスイカ、メロン、オレンジ、パイナップル、キウイ、バナナ、と旬の果物をのせて。産地にこだわったフルーツの甘みと懐かしい味のする焼きプリンはタカノの王道!

店内イメージ
店内イメージ

「フルーツサンドウィッチ・フルーツヨーグルト付」(1,080円)は、いちご、キウイ、マンゴー、バナナをサンドし、美しく見えるようにカット。熟練の技が必要で新人には作れないそう。果物と相性のいいホイップクリームを使用し、ケーキのような味わい。

海外からも注目されているタカノブランド

毎年新メニューが登場するので、いつ行っても飽きない。家族連れや女性客の姿も多いが、最近は閉店間際にサラリーマンが一人で入店することも。季節ごとに旬の果物があるのは日本だけで、それを楽しみに外人観光客の姿も増えた。今では中国語、英語対応のメニューも。同フロアにはバイキング形式の食べ放題ができる「タカノフルーツバー」もあり、長蛇の列で賑わう。

店内イメージ

タカノフルーツパーラー本店

東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野本店 5F
03-5368-5147
JR新宿駅東口より徒歩1分


営業時間
11:00AM〜9:00PM(ラストオーダー8:30PM)
定休日 不定休
※終日禁煙

店舗外観

バックナンバー

  • びのむ
  • こだわりの比内地鶏を使用した“究極の焼き鳥” えびす今井屋 總本店
  • バーテンダーのセンスが光るショットバー Y BAR
  • ポルトガル料理とワインのお店 マヌエル・コジーニャ・ポルトゲーザ 渋谷店
  • 京野菜ダイニング 京仏旬菜料理グリーンスポット
  • 佐賀牛 銀座 季楽
  • タカノフルーツパーラー本店
  • Ristorante LASTRICATO
  • 中国料理 四川
  • Youtube
  • ダウンロードできない方へ
  • メディア掲載情報
  • かんきに寄せる言葉
  • かんき出版の電子書籍
  • 著者インタビュー
  • 特設サイト