学ぶ。みがく。変わる。
HOME 編集者の接待レストラン

編集者の接待レストラン:こだわりの比内地鶏を使用した“究極の焼き鳥” えびす今井屋 總本店

編集部:今駒菜摘

大学卒業後、編集プロダクションを経て2013年にかんき出版に入社。ビジネス、自己啓発、健康実用の分野を中心に本作りを行う。主な担当書籍は『 仕事でモテる男はなぜ、体を鍛えているのか?』(比嘉一雄)、『 美しい女性をつくる 言葉のお作法』(吉田裕子)、『 7日間でとびきり愛される方法』(菊乃)など。

2015年5月11日

選りすぐりの食材に舌鼓!リラックスして会話が弾むお店

学生時代、銀座にあった系列店でアルバイトをしていたご縁で、今でもときどき著者と訪れています。熟練の焼方人が一本一本焼き上げる比内地鶏は、おどろくほど弾力があってジューシー。料理長に教えてもらった「焼き鳥の命は3分」という言葉を胸に、焼き立てのうちにいただくようにしています。
焼き鳥屋らしからぬ(?)高級感漂う空間と細やかなサービスは、女性や年配の方でも安心してお連れできます。とくに個室は、芸能人がお忍びで来店するほどの居心地のよさで、思わず長居してしまうほど。
オススメは、希少な白レバー。レバー嫌いの人でもペロリと食べてしまうくらい、臭みがないんです。お酒好きの方なら、こだわりの日本酒をぜひ味わっていただきたいです。オーダーした料理にピッタリのものを見立ててもらえるので、銘柄に詳しくなくても安心です。

店内イメージ

放し飼いでのびのび育てた「雌」のみを使用!

使用するのは、長期間放し飼いで育てた秋田県産比内地鶏、その中でも肉質の優れた「雌」のみ。そのこだわりの肉を、焼きのスペシャリストである「焼方人」が備長炭で丁寧に焼き上げる。串も一品料理も単品で頼めるが、4500円からあるコースが断然お得だ。料理に合う上質な日本酒や焼酎、ワインの取り揃えも豊富。

お料理イメージ
お料理イメージ

パリッと香ばしい皮と、柔らかいのに弾力がある肉のハーモニーが楽しい、もも肉の塩焼き(2800円)も人気のメニュー。(写真上)比内地鶏肉をとろとろ卵でとじた贅沢な親子丼は、味噌汁とお新香付きで1200円。

上品で趣のある個室は接待にぴったり

恵比寿駅からわずか1分の路地に佇む、隠れ家的な高級焼き鳥店。白木を基調とした店内は、どこか懐かしく温かい雰囲気だ。焼き場を眺めるカウンター席のある1階、大小の宴会に利用できる個室の2階、接待に最適な庭付き個室のある3階と、シーンによって使い分けできる。

img_09

店内イメージ

えびす今井屋 總本店

東京都渋谷区恵比寿西1-7-11
03-5456-0255
JR 恵比寿駅 西口 徒歩1分
地下鉄日比谷線 恵比寿駅
2番出口 徒歩1分

営業時間
◎月~木
 17:00~翌2:00(L.O.1:00)
◎金・祝前日
 17:00~翌4:00(L.O.3:00)
◎土・日・祝日
 17:00~24:00(L.O.23:00)
◎日曜営業
 定休日 無休

店舗外観

バックナンバー

  • びのむ
  • こだわりの比内地鶏を使用した“究極の焼き鳥” えびす今井屋 總本店
  • バーテンダーのセンスが光るショットバー Y BAR
  • ポルトガル料理とワインのお店 マヌエル・コジーニャ・ポルトゲーザ 渋谷店
  • 京野菜ダイニング 京仏旬菜料理グリーンスポット
  • 佐賀牛 銀座 季楽
  • タカノフルーツパーラー本店
  • Ristorante LASTRICATO
  • 中国料理 四川
  • Youtube
  • ダウンロードできない方へ
  • メディア掲載情報
  • かんきに寄せる言葉
  • かんき出版の電子書籍
  • 著者インタビュー
  • 特設サイト