学ぶ。みがく。変わる。
HOME 編集者の接待レストラン

シェラトン都ホテル東京 中国料理 四川

編集部:谷英樹

大学卒業後、いくつかの出版社を経て現在、かんき出版・副編集長。ビジネス、自己啓発、スピリチュアルの分野の本を中心に本作りを行っている。主な担当書籍は『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』(千田琢哉)、『学びをお金に変える技術』(井上裕之)、『賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉』(本田季伸)など。

2014年4月2日

いい企画が出てくる気がいいレストラン

著者とのランチミーティングや夜の会食で利用させてもらっています。もともとは、シェラトン都ホテル東京が常宿だった著者の方がいたので、ここを打ち合わせ場所に指定されることが多く、何度も通ううちに私もすっかり気に入ってしまいました。

その後、私の方から別の著者の方に、「打ち合わせはシェラトン都ホテル東京で」と言うようになりました。レストランは、とても静かで心地のいい雰囲気で食事ができ、ふと窓の外を見ると広くてきれいな庭や竹林を愛でられ、話もはずみます。ここでの打ち合わせで生まれたベストセラーもいくつか。

必ず注文するのは、料理長もオススメのマーボー豆腐で、山椒をはじめいろいろなスパイスが入っているようで味に深みを感じるのが特徴です。汗をかきつつ「フーフー」言いながら食べています。

店内イメージ
料理イメージ

アオリイカの青ジソ炒め 中盆 4,980円
大ぶりのイカと大葉やアサツキの和の風味がマッチした女性に人気のメニュー。
花切りという切り方で、イカの柔らかさと甘味が引き立つ。

店内イメージ

香辛料と食材が複雑に絡み合う四川料理が味わえる名店

1979年にオープンし、今年7月には35周年を迎える老舗。四川料理でお馴染みの陳健民さんの愛弟子でもある料理長の橋本暁一さんが、創業以来、腕をふるう。7つのスパイス「辛・苦・甘・塩・酸・麻・香」を巧みに使い分け、バラエティ豊かな本場の四川料理が堪能できる。

店内イメージ

シェラトン都ホテル東京 中国料理 四川

〒108-8640
東京都港区白金台1-1-50
TEL:0120-95-6662
最寄り駅:地下鉄南北線・三田線 白金台駅
※JR目黒駅東口より無料のホテルバス運行あり。(10:30~22:00 15分間隔で運行)

店舗外観

営業時間
◎ランチ
 11:30~14:00(コースL.O.13:30)
◎ディナー
 17:00~22:00(L.O.21:30)
(コースL.O.21:00)
定休日 無休

バックナンバー

  • びのむ
  • こだわりの比内地鶏を使用した“究極の焼き鳥” えびす今井屋 總本店
  • バーテンダーのセンスが光るショットバー Y BAR
  • ポルトガル料理とワインのお店 マヌエル・コジーニャ・ポルトゲーザ 渋谷店
  • 京野菜ダイニング 京仏旬菜料理グリーンスポット
  • 佐賀牛 銀座 季楽
  • タカノフルーツパーラー本店
  • Ristorante LASTRICATO
  • 中国料理 四川
  • Youtube
  • ダウンロードできない方へ
  • メディア掲載情報
  • かんきに寄せる言葉
  • かんき出版の電子書籍
  • 著者インタビュー
  • 特設サイト