学ぶ。みがく。変わる。
HOME お知らせ プレゼント企画! 『ふやすミニマリスト』発売記念キャンペーン<第2弾> 「100日間シンプルライフの続き ――もしあと10日、シンプルライフを続けていたら……」

お知らせ

  • お知らせ

プレゼント企画! 『ふやすミニマリスト』発売記念キャンペーン<第2弾> 「100日間シンプルライフの続き ――もしあと10日、シンプルライフを続けていたら……」

 

書籍『ふやすミニマリスト 1日1つだけモノを増やす生活を100日間してわかった100のこと』では、100日間のシンプルライフを掲載しました。
しかし、もし101日目以降も10日間、この生活が続いたら、著者の藤岡みなみさんは、何日目に何を取り入れたのか??
実際には行っていないので、あくまで藤岡さんご本人の妄想にはなりますが、その妄想を藤岡さんに特別に書き下ろしてもらいました。
1つのPDFファイルにまとめてありますので、ご希望の方は以下をご覧の上、ぜひご応募ください!

【プレゼント内容】
PDFファイル「100日間シンプルライフの続き ――もしあと10日、シンプルライフを続けていたら……」
★応募者全員にもれなくプレゼント!

 

<特典イメージ>

【応募締切】
2022年2月28日(月)23:59まで

【応募方法】
『ふやすミニマリスト 1日1つだけモノを増やす生活を100日間してわかった100のこと』をご購入のうえ、下記のフォームから申し込んでください。
★一度ご購入された方は、新たに買いなおす必要はありません

お申込みはこちらから

 

◆書籍『ふやすミニマリスト 1日1つだけモノを増やす生活を100日間してわかった100のこと』

100日間、所持品ほぼ0からはじめて「1日1つアイテムを取り出す」という決まりで生活しました。
例えるなら、無人島で暮らして人間らしさを取り戻した100日間の記録、みたいなものです。

〈ルール〉
•自宅から1日1つだけモノを取り出せる
•食料の購入はOK(調味料は毎回カウントする)
•電気・ガス・水道のライフラインは完備
•最低限必要な初期装備を設定
•期間は100日間

本書は大きく2部構成となっています。
<第1部>は、1日目から100日目まで毎日どんなものを選んだのか、またどのように感じて過ごしていたかの記録です。
<第2部>では、100日間を通して気づいた100個のことについてまとめました。

詳細はこちら

 

『ふやすミニマリスト』著者:

藤岡 みなみ (ふじおか みなみ)

・1988年生まれ。上智大学総合人間科学部卒。文筆家、ラジオパーソナリティ。2015年『ラジオ番組表』(三才ブックス)内、好きなDJランキングAM部門第1位。
・時間SFと縄文時代が好きで、読書や遺跡巡りって現実にある時間旅行では?と思い、2019年にタイムトラベル専門書店utoutoを開始。
・学生時代から映像制作を始め、ドキュメンタリー映画『タリナイ』(2018)、『keememej』(2021)のプロデューサーを務める。
・著書に『シャプラニール流 人生を変える働き方』(エスプレ)、『藤岡みなみの穴場ハンターが行く!in北海道』(北海道新聞社)がある。

【お問い合わせ先】
本件に関するお問い合わせ、取材に関しては、dpevent@kanki-pub.co.jp へお願いします。