学ぶ。みがく。変わる。
HOME プレスリリース 英語表現の暗記、コツコツやっても覚えられない……。それなら1ヵ月で一気に覚えればいいんです! 多くの受験生の人生を変えた人気講師の“1ヵ月メソッド”第2弾が登場!

プレスリリース

英語表現の暗記、コツコツやっても覚えられない……。それなら1ヵ月で一気に覚えればいいんです! 多くの受験生の人生を変えた人気講師の“1ヵ月メソッド”第2弾が登場!

株式会社かんき出版(本社:千代田区 代表取締役社長:齊藤龍男)は、『中学校3年間の英語表現500が1カ月で覚えられる本』(関 正生/著)を2021年2月10日より全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売いたします。

 

◆ポイントは“ウロ覚えを繰り返す”こと! 

人気の『中学校3年間の英単語が1ヵ月で1000語覚えられる本』の続編がついに登場!
リクルート運営のオンライン予備校「スタディサプリ」で、圧倒的な人気を誇る英語講師・関 正生先生によるこの本では、「1カ月1000単語メソッド」を応用して、おもに中学校3年間で習う熟語や会話表現、フレーズなどを1カ月で500個、一気に覚えます。

「英語は地道にコツコツと覚えなければいけない……」
と思いがちかもしれませんが、関先生いわく、暗記モノは一気に覚えたほうが絶対に効果的とのこと。
なぜならば、たとえば1日10個を覚えるとすると500個の英語表現を勉強し終わるのに50日かかりますが、50日後に初日に勉強したものを思い出せますか? 覚えているのは、たぶんゼロか1個。2個あれば奇跡だと思います。人間の記憶力なんて、そんなものです。

ですが、たとえば、1日100個の英語表現を勉強すれば5日で500個に到達します。もちろん、100個をしっかり覚えることはできませんから、ウロ覚えになります。この5日間の1セットを1カ月繰り返せば、6回ほど反復できます。
この「ウロ覚えの反復」が、英語表現の習得法の最大のポイントになります。「とにかく短期間でたくさんの単語を繰り返し目に焼き付ける」のが大切です。

本書では、このメソッドを、効果的なスケジュールややり方、絶対に気をつけるべきことなどを含めて具体的に解説していきます。
最初はウロ覚えでOK、繰り返しで確実に覚えられます。1カ月で6セットを繰り返し、5セットあたりでブレイクの予感、6セット目にブレイクします! 1カ月集中して500の英語表現が身につく達成感と快感を味わってください。

◆高校入試の長文や英作文対策や日常会話でも役立つ 

今は小学校でも英語の授業があるので、何が中学レベルなのかあいまいなところもあるため、本書で扱う表現500個の選定方針を以下に示します。本書に収録したものは3つに分類できます。

(1)メイン表現450個:各ZONEに90個ずつ
「中学校の教科書レベル」の表現です。各ZONE で90 個ずつ、5つのZONEの合計で450 個の中学レベルで重要な表現を載せています。 本書では、純粋な意味での中学レベルの英語表現(教科書で扱う表現・公立高校入試で必要とされる表現)をターゲットにしています。

(2)オリジナルのセレクト表現50個:各ZONEに10個ずつ
ただ教科書レベルの表現を載せるだけでもいいのですが、せっかくなので各ZONE に10 個、独自にセレクトした表現を載せました。それらは教科書や従来の単語・熟語帳に掲載されているといったこととは一切関係なく、中学レベルの英語で知っておくと便利で役立つ表現です。最近の高校入試の長文や英作文対策・外国人旅行者への日本紹介・海外の友達との会話などでも活躍してくれるものばかりです。

世代別の想定読者は以下の通りです。
①大学生・社会人
「大人のやり直し」として、中学範囲の英語表現を短期で片付けてしまいたい人。単語はともかく、熟語などの表現に不安がある人。

②高校生
1カ月で中学レベルの英語表現を一気に復習したい高校生。

③中学生
これから習うものも含めて、表現だけ1カ月で覚えてしまおうという中1、中2生。また、高校入試前に基本表現を総チェックしておきたい中3生。

受験生から学び直しをしたい大人まで、ぜひ、このたくさんの受験生の人生を変えた実績のあるメソッドを活用してください。

 

【目次】
ZONE1 会話表現
Good morning. / Good night. / Nice to meet you. など
コラム 楽しかったキモチを思い出す
ZONE2 基本動詞中心の熟語
take a seat / take a bath / take a walk など
コラム 予備校での、ある感想
ZONE3 前置詞中心の熟語1
arrive at / stay at / at noon / at any time など
コラム 起爆剤になりうる
ZONE4 前置詞中心の熟語2
from A to B / be from~ / hear from~など
コラム イタリア語・スペイン語でも!
ZONE5 文法中心の熟語
want to / decide to / eed to / try to など
コラム メンテナンスも忘れずに
ふろく まとめて覚える単語・表現
基本動詞/基本前置詞/不定詞を目的語にとる動詞/動名詞を目的語にとる動詞 など

 

【著者プロフィール】
関 正生 (せきまさお)
英語講師・語学書作家。1975年7月3日生まれ。埼玉県立浦和高校、 慶應義塾大学文学部(英米文学専攻)卒業。TOEICテスト990点満点取得。
リクルート運営のオンライン予備校「スタディサプリ」で、毎年、全国の 小中高生・大学受験生140万人に講義を、また大学生・社会人にTOEICテスト対策の講義を行っている。授業以外に、九州大学・明治学院大学、企業での講演も多数。
おもな著書は『カラー改訂版 世界一わかりやすい英文法の授業』(KADOKAWA)、 『サバイバル英文法』(NHK出版新書)、『東大英語の核心』(研究社)、『中学校3年間の英単語が1カ月で覚えられる本』『小学校5年生の英語が1冊でしっかりわかる本』『同 6年生』(かんき出版)など100冊以上。 NHKラジオ講座『基礎英語3』や『CNN ENGLISH EXPRESS』でコラムを連載中。

【書誌情報】
書名:中学校3年間の英語表現500が1カ月で覚えられる本
定価:1,200円+税
判型:B5判
体裁:並製
頁数:132頁
ISBN:978-4-7612-3030-2
発行日:2021年2月10日

【シリーズ累計100万部突破!】

「1冊でしっかりわかる」シリーズの特設サイトでは、シリーズ全ラインナップをご紹介!学年別に教科を掲載しています。100万部突破を記念し、小学生向けの作文コンクールも実施中です。

【書籍のご購入はこちら】

Amazon
楽天