学ぶ。みがく。変わる。
HOME お知らせ 2017年 4月

2017年 4月

  • メディア

『anan』(No.2050)のコミュニケーション企画に、『誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ』著者の鈴木あきえさん登場

掲載日:2017.04.19

anan

anan』のコミュニケーション企画に、『誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ』著者の鈴木あきえさんが登場しました。

英文ラブストーリーを読めばTOEIC®スコアが劇的にアップ! 新感覚TOEIC®テスト対策本に、待望の続編が登場

株式会社かんき出版(本社:千代田区 代表取締役社長:齊藤龍男)は、『Storyで覚える! TOEIC®テスト エッセンシャル英文法』(山内勇樹/著)を2017年4月17日より全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売いたします。

06de1cde41cf7438cd4a13c171c97956

◆先が気になるストーリー展開で、どんどん読み進められる
本書では、東京に本拠地を置くグローバル企業に勤める登場人物たちが繰り広げる、仕事と友情、そして恋愛のストーリーが展開してきます。物語自体が面白いので、どんどん読み進んでしまうこと間違いなし。前作『Storyで覚える! TOEICテスト エッセンシャル英単語』の2年後のストーリーとなっており、前作の続きが気になっていた人も、今作が初めての人も、ストーリーを楽しみ解説で理解を深めながら、いつの間にか文法力がついていきます。
ただ内容が面白いだけではありません。新形式のTOEIC®での実際の出題傾向を分析し、頻度の高い英文法を織り交ぜた文章を展開していく無駄のない構成。スコアに直結する実践力と、英文法の本質的な理解を同時に得ることができます。 (さらに…)

うまい棒の売上をあと500万円増やすには? 小学校の算数だけで売上も利益もカンタンにわかる会計の本

株式会社かんき出版(本社:千代田区 代表取締役社長:齊藤龍男)は、『ひとつひとつていねいに会社の数字を学ぶ』(竹澤直樹/著)を2017年4月17日より全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売いたします。

プリント

◆「+-×÷」で売上も利益もわかる、一番カンタンな会社の数字の本です!

「会社の数字はわかりにくい」「素人には難しい」と思いますか?
この本は会社の数字の超入門書ですが、決算書や簿記の話は一切出てきません。利益率を上げたいA子と、数字に詳しい課長による楽しいダイアローグからはじまり、小学校で習う算数の知識だけで、売上や利益の増やし方が理解できるようになっています。身近にあるお菓子を例に売上はもちろん、経費、利益率、儲け方について学べる仕組みです。
本書を読むと、たとえ新入社員であっても、論理的に考えられるようになります。中堅社員や管理職、経営者の方であれば、業績を伸ばすためのヒントが得られます。

この本は、次のような方を読者対象として考えています。

(さらに…)

名刺は輪ゴムでとめるだけ!PC画面にふせんを貼っている人はNG。ライフハック王が教える『超速片づけ仕事術』発売

株式会社かんき出版(本社:千代田区 代表取締役社長:齊藤龍男)は、『仕事が速い人ほど無駄な時間を使わない! 超速片づけ仕事術』(美崎 栄一郎/著)を2017年4月17日より全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売いたします。

◆時間をかけて「キレイ」に整理するのではなく、時間をかけず「使いやすく」片づける

「がんばっているのに仕事が全然終わらない」 「やらなければいけないことがたくさんあるのに集中力が続かない」 本書はこんな悩みを「片づけ・整理」で解決するための本です。 (さらに…)

  • メディア

TBSラジオ「笹川友里プレシャスサンデー」に、鈴木あきえさんが出演

掲載日:2017.04.16

スクリーンショット 2015-08-10 14.14.54

川友里プレシャスサンデー」(TBSラジオ)に、『誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ』著者の鈴木あきえさんが出演しました。

相手に好きになってもらうには!? 気に入ってもらい、好きになってもらい、相手を落とす雑談ノウハウ満載の1冊

株式会社かんき出版(本社:千代田区 代表取締役社長:齊藤龍男)は、『雑談が上手い人 下手な人』(森 優子/著)を2017年4月17日より全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売いたします。

■雑談力はトレーニングでアップできる!

「誰とでも自然に雑談ができるようになりたい」と思いませんか?
雑談が上手な人は魅力的です。雑談がうまいと、相手との信頼関係が構築され、物事がスムーズに進むようになります。そして不思議なことに、自分が望む方向へと繋がっていきます。「雑談はムダ」「意味のない話をするのは好きじゃない」という人もいますが、実はその意味のない話(目的がない話)をすることこそ、意味がある(目的に繋がる)のです。

(さらに…)

  • お知らせ

メンタリストDaiGo『自分を操る超集中力』が、「第7回オーディオブックアワード」特別賞を受賞!

17861941_1425004410892923_6878392784015343883_n

昨日4月13日に、オーディオブック配信サイトFeBeを運営するオトバンク主催の「第7回オーディオブックアワード」が開催され、FeBeで配信中の全作品からユーザーの皆様の投票により選ばれた、受賞作品が発表されました。栄えあるオーディオブック・オブ・ザ・イヤーには、住野よるさんの『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊)が選ばれました。

弊社書籍『自分を操る超集中力』(メンタリストDaiGo/著)が特別賞を受賞しました。紙版書籍、電子書籍に加えオーディオブック版でもたくさんの方に支持され光栄です。著者のDaiGoさんご本人も、オーディオブックのヘビーユーザーとのことです。
巻末に、FeBeでしかお聞きいただけないメンタリストDaiGoさんの特別メッセージを収録してあります。集中力をつけるために特に重要な5つのポイントを、書籍に書かれていない内容も交えながらご紹介しています。

書籍をお読みになった方も耳から聴くことでまた新しい発見があるかと思いますので、通勤、通学のお供にぜひお試しください。

(さらに…)

  • お知らせ

マッキンゼー、ボスコン、東大合格生…みんな使っている方眼ノートの実力とは?

8-8

かんき出版創立40周年企画 読者と著者の往復書簡

本を買うと、中に読者カードが挟み込まれているのをご存じですか? 感想を書いて、郵便ポストへ投函したことがある、という方は少ないかと思います。ありがたいことにかんき出版には毎週多くの読者ハガキが届きます。企画の参考にさせていただいたり、反省材料になったり、普段は編集者が読んで保管しています。著者が読む機会はほとんどありません。一方通行になっている読者ハガキの声を著者に届けたい。そんな想いを「読者と著者の往復書簡」という企画にしました。

これまでに届いたハガキの中から、特に感想の多かった著者に返事を書いてもらう。全部に返信することは難しいけれど、何通かならできるかも。そう思い、著者にハガキの選定からお願いし、「この人に返事を書きたい」と感じた方に返事を書いてもらいました。
読者と著者の往復書簡」は1年に渡り進める企画ですので、気になった方はぜひ読者カードを送ってみてください(残り半年となりました)。著者からの返事を確認できるのは、ハガキを書いたあなただけです。

連載7回目の今回は、一大方眼ノートブームの火付け役、『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』著者の高橋政史さんに登場していただきました。

******************************

(さらに…)

  • メディア

J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」に、鈴木あきえさんが出演

掲載日:2017.04.12

UMV05NsIakzjLldPrb6LAopD8-q3laWooiFDIRGY8WA

Morning Insight」のコーナーに、『誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ』著者の鈴木あきえさんがゲスト出演しました。