学ぶ。みがく。変わる。
HOME 生活・実用・子育て 生活 自己肯定感を高めて心を軽くする方法
自己肯定感を高めて心を軽くする方法
定価 1,404円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 224頁
ISBN 978-4-7612-7331-6
発行日 2018年3月19日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

自己肯定感を高めて心を軽くする方法

マーク・レクラウ /著  弓場隆 /訳 

読者様の声

  • とても良い本、内容。人生、命の継続を考えていた私を救った。頑張って生きます。(36歳女性・事務職)
  • 今の自分の姿を変えたいと思った。ストレスや心配事が多く、少しでも心が軽くなればと思い購入した。読んだあと、少し心が軽くなった。(50歳男性・会社員)
  • 心配性で心が疲れていました。ほかの本を購入するつもりが、この本に魅せられました。病院へ行く負担よりずっと心が軽くなりました。(56歳男性)
  • 1000冊くらい読破しましたが、“生き方哲学”を「コレだ」と納得する本を見つけられました。ありがとう!(53歳男性・会社員)
  • 自分の意志が弱く、すぐ人の意見に流される性格が嫌で、不安症を治したい、考え方過ごし方を変えたいと思っていたときに本書に出会いました。この本を読んでいるときは明るく前向きな気持ちになれました。(25歳女性・医療/福祉)
  • 周りの人たちに読ませてあげるために買いました。多くの人が悩みを持っているにもかかわらず原因がわかっていないので、本を読むことを薦めています。良い本だったと思います。(36歳男性・自営業)
  • 常に悩みを抱えており、他人ばかりが幸せに見えてしまう自分を少しでも変えられたらと思い購入しました。(38歳男性・技術職)

内容紹介

過去にどんなことがあっても、自己肯定感は高められる

自己肯定感、つまり自分の人間としての価値を認める
気持ちのことです。
自己肯定感は、人生のさまざまな側面に大きな影響を
およぼします。
人間関係、恋愛、自信の度合い、仕事での成功、幸福感、
心の平和、将来設計などを大きく左右するのです。

自己肯定感を高めるためには、まず過去のしがらみを
解き放つ必要があります。
成長期に自分に関するネガティブな信念がしみついていて、
それを潜在意識に刻み込んでいるからです。

過去にどんなことがあったとしても、
自己肯定感を高めることは十分に可能です。
そのためには、自分に関するネガティブな信念を修正し、
自分の人間としての価値を正しく認識する必要があります。

本書をじっくり読めば、自分に悪影響を与える信念を
排除するのに役立ちます。
それだけでなく、自己肯定感を高められ、数々の成果を
上げることができます。
より大きな自信を持ち、仕事でもプライベートでも
よりよい人間関係を築き、精神的に安定した人生を
送れるということです。

承認欲求から解放されれば、人に批判されても
気にならなくなります。
精神的に強くなりますから、不安や抑うつ、
困難を乗り越えることができます。
そうすることによって、人生のあらゆる分野で
より大きな幸福感と充実感を得ることができるのです。

自己肯定感を高められると、心が軽くなります。
人にふり回されず、ラクに生きることができます。

あなたも、自分にやさしくすることから、
はじめましょう!

著者について

マーク・レクラウ
ドイツ出身のライフコーチ。ジュネーブ・ビジネススクール・バルセロナ校客員准教授として心理学の教べんをとる。ラジオ番組やポッドキャストにたびたび登場。著書『習慣を変えれば人生が変わる』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はドイツとスペインの他、英米でもベストセラーとなっている。
現在、バルセロナ在住。

弓場隆
翻訳家。主な訳書に『一流の人に学ぶ自分の磨き方』(小社刊)、『うまくいっている人の考え方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『「人の上に立つ」ために本当に大切なこと』(ダイヤモンド社)がある。

目次詳細

PART1 ありのままの自分と向き合う
PART2 誰よりも自分を大切にする
PART3 過去の自分を解き放ち前向きになる
PART4 未来への不安をなくして行動する
PART5 自信を取り戻す習慣を身につける
PART6 誰にもふり回されず、人とうまくつき合う
PART7 小さなことをつづけて強い自分になる
PART8 未来のために今この瞬間を生きる