学ぶ。みがく。変わる。
HOME 会計・税務・法律 経理 給与計算の事務がしっかりできる本
給与計算の事務がしっかりできる本
定価 1,760円(税込)
判型 A5判
体裁 並製
頁数 264頁
ISBN 978-4-7612-7182-4
発行日 2016年6月13日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible
マイナンバー制度対応

給与計算の事務がしっかりできる本

読者様の声

  • 買って良かったです。読みやすく、書式記載例も多く載っているので、実務を経験したことがない方でもとても参考になる本だと思いました。マイナンバー制度についても勉強になりました。(30歳女性・事務職)
  • 今年、高校を卒業して事務職に就きましたが、商業高校でも習っていない給与計算や年末調整をすることになりました。こちらの本は、基本的な言葉やルールを知らない私目線で説明文が書いてあったので、わかりやすく、勉強をしようというヤル気が出るきっかけとなりました。(19歳女性・会社員)
  • はじめて給与計算をする知人に教えるため購入。給与計算の実務の順番を追って説明してあるので、教えやすかった。また、労働法、社会保険なども項目別になっていてわかりやすかった。(60歳女性・主婦)

内容紹介

社員が入社したときも、給与が変わったときも給与計算と社会保険の手続きが必要です。社員が引っ越したときも、結婚したときも子どもが生まれたときもそれらの改訂手続きをしなければなりません。どんなときにどんな手続きをして申請するのか、経理・総務の仕事はややこしいことばかりです。そこで本書は、次の4つのポイントに絞って解説しました。

①給与をスムーズに計算できるように実務の順に追って説明
②給与計算に必要な労働法の知識を解説
③給与計算に必要な社会保険の手続きを説明
④給与計算に必要な所得税の知識を解説

はじめてに人でもベテランの方でもこの本があれば、トラブルなく実務を処理できます。

著者について

現在社長を務める矢萩大輔が、1995年に26歳の時に東京都内最年少で開設した社労士事務所が母体となり、1998年に人事・労務コンサルタント集団として設立。これまでに400社を超える人事制度・賃金制度、ESコンサルティング、就業規則作成などのコンサルティング実績がある。2004年から社員のES(従業員 満足)向上を中心とした取り組み、バリュー評価を軸としたES向上型人事制度やクレドの導入支援を数多く手がけ、多くの企業から共感を得ている。

近年は「地域によろこばれる会社の組織づくり」を積極的に支援するため に、これまでのES(従業員満足)にSS(社会的満足)の視点も加え、併設団 体の一般社団法人日本ES協会(金野美香理事長)、士業コミュニティ「サムライ会」、農業を通してライフスタイルの質の向上を目指す団体「903シティ ファーム」(矢萩大輔会長)などの団体とコレボレーションし、地域密着イベントや農業を通じて未来の子供達に意義ある仕事を作り出す活動を展開している。

【有限会社 人事・労務の主な執筆実績】
・「定年破産はこう防げ!」(かんき出版)
・「社員がよろこぶ 会社のルール・規定集101」(かんき出版)
・「従業員満足(ES)向上型人事制度のつくり方」(日本法令)
・「ちいさな会社だからこそできる!ESクレドを使った組織改革」(税務経理 協会)その他多数

目次詳細

第1章/給与計算をはじめる前に
第2章/給与計算で知っておくべき労働法の知識
第3章/給与計算をはじめるために必要な情報
第4章/毎月の給与計算の事務をどのようの行うか
第5章/賞与の計算
第6章/従業員が入社・退職したとき
第7章/年末調整を行う
第8章/給与計算で困ったときに読む