学ぶ。みがく。変わる。
HOME 経済・政治・社会 経済 世界史で学べ! 間違いだらけの民主主義
世界史で学べ! 間違いだらけの民主主義
定価 1,728円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 304頁
ISBN 978-4-7612-7162-6
発行日 2016年4月4日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

世界史で学べ! 間違いだらけの民主主義

宇山 卓栄 /著 

本書の中身をご紹介

著者インタビューを公開しました

読者様の声

  • 著者の他の本を読み、こちらも購入。やはりこの本も良い。教科書よりいい。副読本にすべき!!(46歳男性・管理職)
  • 毎回、宇山さんは誰もが分かりやすく素晴らしい本を出版されておられるから今後も愛読します。絶賛いたします。(68歳男性・その他)
  • 最近、世界的に民主主義に対する信頼度が薄れてきているような気がしていたのと、あらゆる現象は歴史的に長い時の原因から生じると思っているので!(82歳男性・自由業)

内容紹介


◆民主主義は史上最悪の政治形態!?あなたの知らない民主主義は、歴史が暴く!
→民主主義が何たるかを知らずして、選挙にはいけない。


●戦争へ突き進んだのに、「偉大な大統領」と評されるリンカーン。
●平和の維持を何よりも重視したのに、「鉄血宰相」と呼ばれたビスマルク。
●民衆から大人気だったのに、日本国民に民主主義はムリと判断した「平民宰相」原敬。
●民主主義の選挙で誕生したのに、「史上最悪の独裁者」となったヒトラー。
●国民の幸せが大前提のはずなのに、労働力の搾取を黙認した「議会制民主主義国家」イギリス。
など、全10テーマで民主主義の正体に迫ります。

「世界史×民主主義」で、民主主義の本質がはっきりと見えてきます!!

著者について

1975年、大阪生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。著作家。代々木ゼミナールで世界史の教鞭を執る。
2015年、自民党から大阪府議会議員選挙に出馬するも、次点落選。
民主主義の選挙に出て実感したことをテーマとし、執筆活動を行う傍ら、テレビやラジオにも多数出演。歴史をベースとした視点から、時事問題や国際情勢を解説する切り口には定評がある。
個人投資家として新興国の株式・債券に投資し、「自分の目で見て歩く」をモットーに世界各国を旅する。

おもな著書に、『経済を読み解くための宗教史』『世界一おもしろい世界史の授業』(いずれも、KADOKAWA)、『日本の今の問題はすでに{世界史}が解決している。』『イラスト大図解世界史』(いずれも、学研教育出版)などがある。

目次詳細

Chapter1 「政治」と民主主義 -世界史の中の民主主義
Chapter2 「主権」と民主主義 -国民が主人公というまやかし
Chapter3 「民衆」と民主主義 -民衆には国家を統治する能力はない!?
Chapter4 「戦争」と民主主義 -リンカーンとビスマルク
Chapter5 「日本」と民主主義 -日本人に民主主義はムリなのか
Chapter6 「独裁」と民主主義 -独裁政治は最も民主主義的!?
Chapter7 「豊かさ」と民主主義 -食えなければ、民主主義は成立しない
Chapter8 「格差」と民主主義 -民主主義を追求すれば、社会主義になる!?
Chapter9 「官僚」と民主主義 -統治するのは誰か
Chapter10 「宗教」と民主主義 -民主主義の設計者たちの苦悩