学ぶ。みがく。変わる。
HOME 経営 経営 MBA戦略思考の教科書
MBA戦略思考の教科書
定価 1,944円(税込)
判型 A5判
体裁 並製
頁数 304頁
ISBN 978-4-7612-7112-1
発行日 2015年8月10日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

MBA戦略思考の教科書

安部 徹也 /著 
6つの戦略×フレームワークで、成功に最短距離でたどり着く!

読者様の声

  • 書店でみて、シンプルでわかりやすく良くまとまっていたため購入。
    いま本書をノートにまとめています。MBAの基礎知識・考え方をしっかりと身につけることができました。
    続編も読みたいです。 (26歳男性・営業職)

内容紹介

厳しい環境の中で
勝つための戦略眼を磨け。


「新規事業や経営企画を任された」
「中小企業のマネジメントに携わっている」
「ビジネスで勝つ戦略、勝つ思考法を学びたい」
本書は、そのようなビジネスパーソンに役立つ本です。

ビジネスパーソンであれば、ビジネスで成果をあげたいと
誰しもが考えるでしょう。
しかし、ビジネスで成果をあげるのは簡単なことではありません。

それでは、どうすればビジネスで思うような結果を
出すことができるようになるのでしょうか。
その答えに「MBA理論」があります。
「MBA」というと、なんだか難しいもののように聞こえるかもしれませんが、
実際のところ「MBA理論」とは、ビジネスで成果を上げるための
基礎的な知識といえるのです。

MBAプログラムでは通常、2年という長い歳月をかけてじっくりと、
ビジネスで成果をあげるための知識を身につけていきます。
当初は経営戦略やマーケティング、ファイナンス、アカウンティングなど、
ビジネスの成功に欠かすことのできない点と点の知識を学んでいきますが、
2年間のプログラムを修了するころには、これまでの点と点がつながり、
大きな面となってビジネスの全体像が把握できるようになって、
どんな環境でも結果を出すことのできる経営者レベルの正しい判断が
できるようになるのです。

本書ではそのMBAプログラムのエッセンスを、
3時間で学べるボリュームに凝縮しました。
ビジネスで成果をあげ続けるための戦略プロセスやフレームワーク、
ツール、思考法などをお伝えしています。

本書を通してビジネスで成果をあげるためのしっかりとした土台を築き、
それぞれのフィールドで目覚ましい活躍を見せるビジネスパーソンが
ひとりでも増えることを期待しています。

著者について

株式会社MBA Solution代表取締役。

1990年九州大学経済学部経営学科卒業後、
太陽神戸三井銀行(現、三井住友銀行)に入行。
同行退職後に渡米し、インターナショナルビジネス分野で全米No.1の
ビジネススクールThunderbirdに留学、Global MBAを取得する。
MBAホルダーの中でも特に成績優秀者のみが入会を許可される
トップMBA組織であるβΓΣ(ベータ・ガンマ・シグマ)会員。

ビジネススクール卒業後に経営コンサルティング、
およびビジネス教育を手掛ける事業にて起業。
MBA Solutionを設立して代表取締役に就任する。
主宰する「ビジネスパーソン最強化プロジェクト」には、
これまでに2万5000人以上のビジネスパーソンが参加し、
MBA理論を学んでいる。

目次詳細

CHAPTER_0 ビジネスの仕組みを知る
▽ビジネスの本質は「利益」と「社会貢献」の両立である
▽戦略は階層状に組み立てられる
▽戦略はどのように実行されるのか

CHAPTER_1 経営戦略を立てる
▽経営戦略で企業の方向性を決める
▽経営戦略のプロセス① ミッションを決定する
▽経営戦略のプロセス② ビジョンに落とし込む
▽経営戦略のプロセス③ 環境分析を実施する
▽経営戦略のプロセス④ 全社戦略を策定する
▽経営戦略のプロセス⑤ 事業戦略を策定する

CHAPTER_2 マーケティング戦略を立てる
▽売れ続ける仕組みを構築する
▽リサーチ 市場調査を実施する
▽セグメンテーション 市場を細分化する
▽ターゲティング 標的顧客を決定する
▽ポジショニング 競合のいない〝空白地〟を探す
▽プロダクト戦略 顧客のニーズを見極め、望むモノを提供する
▽プライス戦略 最適な価格を定め、売上や利益のアップを図る
▽プレイス戦略 費用対効果の高い流通網を築く
▽プロモーション戦略 企業のメッセージを顧客に届ける

CHAPTER_3 ファイナンス戦略を立てる
▽ファイナンス戦略① コーポレートファイナンス
▽ファイナンス戦略② インベストメント

CHAPTER_4 HRM戦略を立てる
▽人的資源の効率化を図る
▽HRM戦略① 組織戦略
▽HRM戦略② 人事戦略
▽HRM戦略③ リーダーシップ

CHAPTER_5 生産管理・プロジェクト管理を行う
▽PERTによる生産管理
▽生産管理の問題点
▽問題点を解決する

CHAPTER_6 戦略的アカウンティングを実践する
▽財務諸表を理解し、業務の改善に活かす
▽貸借対照表
▽損益計算書
▽キャッシュフロー計算書
▽財務分析を行って、企業の問題点を浮き彫りにする