学ぶ。みがく。変わる。
HOME ビジネススキル・キャリア 仕事術 クリエイティブコンサルタントの思考の技術
クリエイティブコンサルタントの思考の技術
定価 1,620円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 240頁
ISBN 978-4-7612-7070-4
発行日 2015年3月16日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

クリエイティブコンサルタントの思考の技術

内容紹介

「場当たり的にアイデアを出す」
「とにかく奇抜なアイデアを出す」
といったやり方に効果はありません。

どの方向に向かうかをはっきりと意識していなければ、
いいアイデアは生まれません。
本物の独創性は、秩序の中で生まれるのです。

いまは、業種や職種を問わず、誰もが「いいアイデア」を必要としている時代。
だからこそ、やみくもにアイデアを出そうとしても、
いいアイデアはなかなか生まれないことを、
誰もが実感しているのではないでしょうか。

アイデアを生みだすのは難しい、
アイデアは出せてもうまく実行に移せない、
他人と一緒にアイデアを出しあうのが苦手……。

本書は、
そんな悩みを抱えている人のために、自分1人でも誰かと一緒でも、
ゼロからアイデアを生みだしカタチにする思考の技術を紹介した、
アイデア発想に欠かせない1冊。

著者について

ケヴィン・ダンカン
企業アドバイザー。マーケティングを専門とし、講演や執筆活動も精力的にこなす。広告・マーケティング業界で20年働いた後に独立し、企業をよりよくするためのアドバイザーとなる。以後14年にわたってさまざまな企業にアドバイスを提供している。
クライアントの数は400を超え、手がけたプロジェクトの数は1000を超える。
また、創造性や効率性を称える賞を35も受賞。クライアントは、ディスカバリーチャンネル、ロンドン証券取引所、ノキア、シェルなど多数。ロンドン大学キングス・カレッジで講義を行う他、テレビやラジオなどにコメンテーターとして出演している。
ビジネスをシンプルにしてより大きな成功を収めることをテーマとしてこれまで12作を執筆。テレグラフ・ビジネスクラブ・ブック・オブ・ザ・ウィークに選ばれた他、CMIマネジメント・ブック・オブ・ザ・イヤーにノミネートさたこともある。200のビジネス書を簡潔にまとめたブログ「Greatest Hits」には、毎月1000を超えるアクセスがある。

花塚恵
翻訳家。福井県福井市生まれ。英国サリー大学卒業。英語講師、企業内翻訳者を経て現職。主な訳書に、『THE ALMIGHTY DOLLAR 1ドル札の動きでわかる経済のしくみ』(小社刊)、『ハーバード あなたを成長させるフィードバックの授業』(東洋経済新報社)、『最強マフィアの仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『「習慣で買う」のつくり方』(海と月社)、『脳が認める外国語勉強法』(ダイヤモンド社)などがある。

目次詳細

第1章 アイデアを生みだす準備をする
1 五芒星を使ってアイデアを出す目的をシンプルにまとめる
2 アイデアの生みだし方を考える
3 ミーティングに呼ぶベストメンバーを決める
4 自宅でもオフィスでもないサードプレイスを活用する
5 アイデアを生みだしやすい曜日や時間を探る
6 できるだけ時間をかけずにアイデアを出す
7 アイデアを生みだすまでの流れをつかむ
8 参加者に適度な刺激を与える
9 参加者に事前に宿題を課す
10 ミーティングのルールを決める 54

第2章 原型となるアイデアを生みだす
11 悪いところと良いところを3つずつ書きだす
12 アイデアは枠の中で考える
13 専門家の目を通してアイデアを出す
14 他業種からアイデアのもとを拝借する
15 絵や写真からひらめきを得る
16 ランダムな言葉からひらめきを得る
17 アイデアと流行との関連性を探す
18 別人になったつもりでアイデアを出す
19 理想的な状況と最悪の状況を思い浮かべる
20 ひらめきのきっかけとなるものを探す

第3章 アイデアを発展させてカタチにする
21 言葉を貼り合わせて文章をつくる
22 コンセプトをブレンドして新しいものを生みだす
23 とことん考えて思考を深める
24 歩きながらアイデアを発展させる
25 「アウトライアー」に注目する
26 アイデアは忘れた頃にひらめくものと考える
27 深層意識を働かせ、創造力を高める
28 どのアイデアが花開くかは、わからない
29 いいと思えるアイデアにみんだで投票する
30 みんなでいいと言えないアイデアはボツする

第4章 アイデアを見極める
31 アイデアをランク付けする
32 アイデアの実現可能性を考える
33 3つの条件でアイデアの可能性を判断する
34 独自性やメリットから良し悪しを判断する
35 関連する要素からアイデアの良し悪しを確認する
36 実現に向けて動く前にアイデアの冒険度を測る
37 実現の前に立ちはだかる障害を特定する
38 アイデアの関連性を確認する
39 アイデアが会社にもたらす効果を判断する
40 アイデアを実行に移す前に検討する

第5章 アイデアを実行に移す
41 3つの要素で関係者のモチベーションを高める
42 アイデアを実行に移せる確率を調べる
43 実現したアイデアの受容人数を予測する
44 実行に移すアイデアの優先順位を決める
45 アイデアを実行に移すプロセスを決める
46 責任の所在を明らかにする
47 アイデアを発表する方法を決める
48 実行すると決めたらできるだけ早くとりかかる
49 優先順位がひと目でわかる実行プランをつくる
50 アイデアの実現に必要なエネルギー量を調べる