学ぶ。みがく。変わる。
HOME 会計・税務・法律 税務 ○×でわかる!経費で落ちるレシート・領収書
○×でわかる!経費で落ちるレシート・領収書
定価 1,540円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 192頁
ISBN 978-4-7612-7060-5
発行日 2015年1月19日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

○×でわかる!経費で落ちるレシート・領収書

平石 共子 /著 

内容紹介

「宛名を間違えている」
「上様はダメ?」
「但し書きがない」
「金額がちがう」
「ボロボロに汚れてしまった」
「金額がかすれているので自分で書き加えた」etc.

領収書・レシートは日々発生するお金のやり取りの記録。
間違えていたり、文字が読めなかったりしたときは、どうしたらいいのだろう。

さらに、
「仕事中に聞くCD代は落とせるの?」
「お化粧品代は?」
「交通違反の罰金は?」など、
必要経費になるか、ならないか、
これらの領収書の扱いも税金に直結する大きな悩み。

本書は、
レシート・領収書の記入ミスから、経費算入の考え方まで、
63のケースを○×を使って、わかりやすく解説。


フリーランス・個人事業の人はもちろん、
副収入のあるサラリーマンや医療費控除を受けたい人にもお勧めできます。

著者について

群馬県前橋市出身。明治大学政経学部卒。税理士。
現在、税理士法人第一経理代表社員、納税者権利憲章をつくる会(TCフォーラム)事務局長。税経新人会全国協議会前理事長。一部上場企業から小規模企業まで幅広く税務・会計・経営支援を手がける。「税務を一般の人にも、わかりやすく」をモットーに、税金・経営問題をテーマに数多くの原稿を執筆。
著書に、『中小企業経営のための会社の法律知識ハンドブック』『中小企業の経営実務ハンドブック』(以上、旬報社)、『小さな会社と個人事業者の消費税の実務と申告ができる本』『個人事業の帳簿のつけ方・節税のしかた』 『小さな会社と個人事業者のための「8%消費税」に備える本』(以上、日本実業出版社)などがある。

目次詳細

はじめに

PART1 領収書も「見た目」が9割!形式で判断する経費で「落ちる・落ちない」のちがい
PART1-1 領収書&レシートそのもののQ&A
PART1-2 日付にまつわる素朴な疑問と対処策
PART1-3 宛名にまつわる素朴な疑問と対処策
PART1-4 金額にまつわる素朴な疑問と対処策
PART1-5 但し書きにまつわる素朴な疑問と対処策
PART1-6 発行元にまつわる素朴な疑問と対処策
PART1-7 印鑑・署名にまつわる素朴な疑問と対処策
PART1-8 サラリーマンの副業と医療費をチェック

PART2 必要経費 こんな費用、あんな費用、経費で落とせますか?

PART3 知っておきたい領収書・レシートの知識と知恵
個人事業と法人では経費(損金)の考え方が異なる
領収書とレシートに関わる「必要経費」の原則とは?
領収書のチェックで欠かせない記載要件とは?
個人事業者として押さえておきたい必要経費一覧
領収書やレシートをもらう立場でも知っておきたい印紙税の知識
領収書・レシートについて法的に押さえておきたいポイント

PART4 押さえておこう!「申告」「調査」と「領収書・レシート」の関係
所得税・消費税の申告での留意点
税務調査では領収書・レシートをどう確認される?
よけいなトラブルを招かない領収書の最適な保管法と提示法
額の大小の問題じゃない!あくまで争う場合の流れ